アスレチックってなにするの?-見出し(新聞制作編)

 春から京産に通う新入生のみなさん!はじめまして!京都産業大学体育会本部編集局、通称「京産大アスレチック」です。私たちは年4回発行するスポーツ新聞やSNSを活用して京産大スポーツの感動や興奮をたくさんの人に発信しています。普通に生活しているだけじゃ味わえない経験や人生の財産が手に入る特別な部活です。スポーツが大好きだ!メディアに興味がある!文章を書くことが好きだ!などなど入部するきっかけはさまざま!夢を追う選手の活躍をサポートし、自らも成長できる場所。それが「京産大アスレチック」です!


Part4 新聞制作編
 今回は私たちが年4回発行しているスポーツ新聞について詳しく説明します。京産大アスレチックは京産大開学当初から存在し2020年4月現在で193号を数える歴史ある新聞です。毎年4月、7月、11月、1月に発行し、学内配布や定期購読者への郵送を行っています。大学内のいたるところに設置しているので今度大学に行ったときはぜひチェックしてみてください!

ラック
学内では過去のアーカイブも設置中!

 新聞制作は発行の約2か月前からスタートします。各自が取材を通して手に入れたネタや大会結果の重要度を整理して掲載面を決めます。新聞の顔となる1面をどの部活が飾るかで揉めることもしばしば...。無事に掲載面が決まると次は各面でのレイアウト作業です。写真の大きさや記事の長さ、見出しのフォントなどいかに読者に伝わりやすいレイアウトにするか、毎回試行錯誤を重ねながら作っていきます。

新聞編集1S__126451730
レイアウト模索中の紙面

レイアウト作業と同時に行うのが記事の執筆です。普段の取材を通して集めたネタを一つの記事にまとめていきます。ここで役に立つのが前回の記事で紹介したブログや号外。1試合ごとにまとめた記事を参考にして情景を思い出しながら書き進めます!目指すは読者が引き込まれていくような読み応えのある原稿!部員同士でチェックし合い悪戦苦闘しながら完成を目指します!

IMG_8165IMG_8166
部員同士で指摘し合いながら完成を目指します!

二つの作業を終えた仮新聞を印刷所に持っていき、実際に印刷してもらいます。ここでも現地で修正を加えながら少しずつ完成へと近づけていきます。納得のいくまで修正を重ね、出来上がった新聞を見たときの達成感は何にも代えられない感動が!

新聞制作24面
①印刷所で初めて紙に印刷!②修正を重ねて出来上がった紙面。

普段平日の活動は少ない私達ですが、記事・レイアウトの編集期間は2~3週間ほど部室にこもり制作を続けます。なかなか思い通りにいかず辛い時もありますが、苦労して作り出した分出来上がった時の嬉しさは他とは比べられないものがあります。選手や関係者の方々にも読者は多く、「取り上げてくれてありがとう!」と声をかけられたときは頑張ってよかったと改めて感じます!一度きりの大学生活、誰かのために動くというのもやりがいがあって楽しいですよ!

NEXT...Part5 広報活動編に続く

〈他の特集記事へはこちらから〉
Part1 部活紹介編
Part2 取材編
Part3 ブログ・号外編
〈基本情報〉
・部員数 4年次生 2人 3年次生6人 2年次生5人
・男子 9人 女子 4人
・主な活動日 平日週1回のミーティング、週末(担当部活の取材)
・目標 「日本一」を目指し、多くの人にスポーツの感動や興奮を与える
・年4回の新聞発行
・部室場所 京都産業大学 雄飛館5階(体育会本部部室横)

気になる人は公式LINEをチェック‼→友だち追加