2017全日本大学女子選抜駅伝競走が昨年12月30日に富士市・富士市浅間大社前~富士総合運度公園陸上競技場間で行われた。京産大は7位入賞を果たした。
_DSC0057
当日の朝の様子。気合は充分。

4回生である主将の藪田裕衣(法4)や清水穂高(法4)にとっては卒業試合となる。
1区は藪田がけん制合戦を制し、2位でタスキを繋げ、良いスタートを切る。
2区の清水は体調不良ながらも中堅集団に必死に食らいつき、トップの立命館と1分28秒差でたすきを渡す。
つづく鞍岡詩歩(2)が18位でたすきを渡す。全国駅伝には今大会が初出場となる杉山わかな(1)が順位を維持し、タスキを繋げる。


逆転劇はここから。
次期主将棚池穂乃香(済3)が各校のエースがひしめく第5区で巻き返しを成し遂げる。日頃30km走を五本走りこむなどの練習がここで生きる。
2位を達成し、さらに順位も6つ引き上げた。
信岡桃英(営2)は故障中であることを感じさせない見事な走りをみせ、10位でアンカー川戸希望(済2)にタスキを託す。京産ならではのアップダウンの激しい走りこみで培った脚力を最大限発揮し、京産大を7位入賞まで持ち上げた。

DSC_1438
ゴールする川戸

入賞はこれで4年連続となる。杉山や鞍岡などこれからとなる選手が育ってきており来年の富士山からも目が離せない。

リザルト
1区(4.1㌔)薮田裕衣 13分00秒 区間2位 総合2位
2区(6.8㌔)清水穂高 22分42秒 区間17位 総合16位
3区(3.3㌔)鞍岡詩歩 11分09秒 区間20位 総合18位
4区(4.4㌔)杉山わかな 15分25秒 区間19位 総合18位
5区(10.5㌔)棚池穂乃香 34分35秒 区間2位 総合12位
6区(6㌔)信岡桃英 20分15秒 区間4位 総合10位
7区(8.3㌔)川戸希望 30分36秒 区間5位 総合7位



1区薮田裕衣選手
7位入賞できてうれしい。自分の区間2位というところは詰めの甘さが出たけど、自分らしい。1年間キャプテンを続けたけど、難しい1年だった。自分は人前で発言するタイプでもないから、チームを引っ張ることは苦手で、まとめるのも大変だったけど、関西インカレをはじめとして、チームがいい成績を残せてよかった。京産大に来てよかったと思う。

2区清水穂高選手
いい位置で来てくれたからなんとしてもタスキを繋がなきゃと思った。後半区間の選手に助けてもらった。四年間、貧血や故障でほとんど走れなくて辛い時期も多かったけど、京産大に来てよかった。

3区鞍岡詩歩選手
緊張したし、自分の実力不足を感じた。(実力で)上にいかなアカンと思えた。京産大の練習は自信になるから、自信を持ってレースに出たい。そして、今回のくやしさを来年に繋げたい

5区 棚池穂乃香選手
最初から積極的なレース展開を狙っていってから、粘って走った。自分では持久力が伸びたとおもう。結構体が動いた。来年から主将になるので、まずは故障しないチーム作りを目指したい。大阪国際マラソンに関しては走り込み練習をすることで更に持久力をつけて挑みたいと思っている。

6区信岡桃英選手
本調子ではなくて、無難な走りになった。前半区間で流れを作りたかったけど、4日くらい前に足を痛めてほぼ練習ができなかった。まとめられたけど後悔がある。足を痛めてから練習でも2キロまでしか走っていなかったからどこまでやれるかわからなかった。後半にあげる指示を受けていて、その通りに前のチームを追いかけた。まずは足を治して、大きい大会に合わせていきたい。

7区川戸希望選手
今回はコースの起伏の激しさが普段の練習と変わらず、京産の練習が生かせると思った為、自分の成果に自信を持って走れた。これからも怖がらずに走りたい。これからの目標は記録を出して全国レベルの大会で走ること。

稲原敏弘監督
後半の3区間がよく頑張ってくれた。2,3区はもう少ししのげたはず。後半区間に関しては自信があったから、棚池に10番前後で渡れば順位を5,6番まで上げてそのままいけると思っていた。(棚池と信岡で)18位から10位まで上げたことで、川戸も走りやすかったと思う。薮田もよく頑張ってくれたけど、区間賞で卒業させてあげたかった。今回の結果で手応えを少し掴めたから、全国トップを狙えるチームにしていきたい。そのためにも、下の選手たちの成長に期待する。