5月27日関西六大学野球春季リーグ・優勝決定戦が南港中央公園野球場で行われた。京都産業大学は二連勝の勢いそのままに試合を優位に進め、大阪商業大学を下し逆転優勝を果たした。優勝したことによって、全日本大学野球選手権大会の出場が決まった。
やったー


大商大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 = 1
京産大 1 0 0 0 2 0 0 1 x = 4


スターティングメンバー
1 中堅手 杉野
2 遊撃手 原井
3 左翼手 中北
4 三塁手 藤原
5 捕手 福山
6 DH 横山
7 一塁手 西川
8 二塁手 川上
9 右翼手 岡村
先発投手 川辺
ベンチ


【試合展開】
 勝てば全国、負ければそこで終わり、運命の一戦は京産大に勢いがあった。
 1回裏に一死から2番原井が出塁し3塁まで進み、続く3番中北がセンターへ犠飛を放って1点を先制する。追加点を取ったのも京産大であった。5回にまたも3番中北が、今度は右中間を破るタイムリースリーベースヒットを放ち1点を取る。さらに4番藤原がセンターへの犠飛を放ってこの回2点を奪った。7回に大商大に1点を返されるが、8回裏に5番福山が左中間フェンス直撃のタイムリーツーベースヒットを放って大商大を突き放した。
2点目

 先発のマウンドに上がった川辺は6回を投げ、相手打線を2安打に抑える好投で京産大の勝利に大きく貢献した。2番手の熊山も7回に1点を失うもその後は危なげないピッチングを見せる。最後の打者をレフトフライに打ち取ると両手を高く上に突き上げた。
熊山ガッツポーズ



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「本当に嬉しい。コーチや選手、みんなに助けられた。去年までいた尾嶋、津田がいなくなり野手もがらっと変わったのでかなり厳しかった。最後までやりきろうと覚悟を決めて臨んだ。一戦一戦チームが成長していくのを実感した。全国大会では関西六大学野球の代表として恥ずかしくにようなゲームをしたい。2週間しっかりと立て直したい。」
監督胴上げ
監督


福山主将
「挑戦者としての気持ちを忘れずに臨んだ試合だった。自然と気持ちは上がった。先発の川辺は持てる力を最大限に出し切れていた。チーム全体として失敗を恐れずに全員全力でやり切ることを意識してきた。試合でも、練習でも最高学年に下級生がついてきてくれた。序盤は失敗も多かったが、投手陣を安心させられるように自分がどしっと構えることを大事にした。8回のタイムリーは無我夢中だった。本当に戦いながら成長できている。今までやってきたことは間違っていなかったのでよりしっかりやって行きたい。目標は日本一です。」
福山4点目
福山盗塁阻止①


杉野選手
「今までやってきて嬉しかった。4年生の背中が大きく見えた。ここに来るまでの2戦は無我夢中だった。チームに貢献するすること1番に考えて自分のできることをしようと思っていた。神宮では一回生らしく元気に、がむしゃらにプレーしたい。」
杉野


原井選手
「やっと優勝できた。自分のことよりもチームが勝つことを意識していた。今日は川辺が良く投げてくれた。下級生がやりずらいと思ったらだめだと思っている。下級生がプレーしやすいようにすることが4回生の仕事。全国でも一戦一戦勝っていくだけ。」
原井1打席目ヒット
原井5回3打席目


中北選手
「ケガもあって苦しい時期もあったが監督、コーチのおかげでここまで来ることができた。(先制点となる犠飛を放った)1打席目は三振だけはないようにと考えていた。神宮でもいつも通りのプレーをしたい。」
中北先制犠飛
中北右中間タイムリースリーベース(2点目)


藤原選手
「最終回が終わるまで怖かった。大商大の先発が小屋投手だったことは予想外だったが、チャンスで一本出たのは良かった。また出場するチャンスをもらえてありがたい、今回は自分がひぱっていきたい。優勝できたことは本当に嬉しいがそれは通過点として、全国で勝つことが大切。」
藤原5回犠飛
藤原守備


横山選手
「嬉しかった。王手をかけられてからの優勝だったので充実感がある。福山さんは安心感があって、よいお手本として追いつきたい。一戦一戦チーム全員で優勝を目指したい。」
横山レフト線二塁打


西川選手
「優勝した瞬間は嬉しかった。相手打線が劣っているわけではないので、油断は禁物だと思っていたが、最終回は優勝を意識していた。(カメラマン席付近の難しいファールボールをキャッチしたときは)ピンチの場面だったのでグローブに収まってくれてよかった。神宮に向けてリーグ戦の状態を継続し、レベルを上げていきたい。全国では挑戦者として、気持ちでは負けないようにする。」
西川


川上選手
「マウンドに集まるのは初めての経験だったので、うずうずしていた。優勝して嬉しい。(全国に向けて)自分の状態は悪いが自分の役割を果たせるようにしたい。目の前の試合を全力で戦い勝ちにいく。」
川上


岡村選手
「やっと(優勝した)実感がわいてきている。キャンプの中盤から練習が厳しくなり、より全力を出し切るようにしていた。9番打者なのでチャンスでトップに回したい。(全国では)とにかく自分たちの力を出せるようにして日本一になりたい。」
岡村


川辺投手
「今日はあまり調子自体は良くなかったが、後ろに熊山さんと湯川がいたので1回から全力で投げた。抑え込むというよりも楽な気持ちで打たせて取ることを意識していた。こんな試合で投げさせてもらえる機会はなかなかないので投げられることへの喜びがあった。ゼロで抑えることができて少しは優勝に貢献できたと思う。投手陣の中で同い年の湯川、島西はライバルでもあるが、助け合っていきたい。今持てる力をすべて出して、任された回をゼロで抑えたい。」
川辺②
川辺③


熊山投手
「川辺がしっかり抑えてくれた。7回に1点を失い、気持ちを入れなおした。調子は決して良くなかったが気持ちだけは負けないようにと思っていた。後ろにはまだ湯川がいると思っていた。福山さんのミットを信じて投げていた。最後優勝が決まったときは、緊張していたので、ホッとした。先輩方も気合が入っていたので勝てて良かった。どんな試合でも自分は自分らしい投球を、京産大は京産大らしい試合運びができるようにしたい。」
熊山ガッツポーズ


湯川投手
「リーグの前半は調子が良かったが産龍戦あたりからはあまり良くなかった。同い年の川辺、島西はいい刺激になる。マウンドに立っていてもベンチにいる4回生の声が聞こえる。4回生の存在は本当に大きい。全国の舞台は初めてなので、緊張もすると思うがリラックスして投げたい。」
平古場賞


河本マネジャー
「新チームになって監督さんと4回生が中心になって練習メニューを決めている。昨年とは違い下級生が多く試合に出場している。その中で4回生がベンチで下級生を盛り立ててくれているので、下級生はプレーしやすいと思う。全国ではまず一戦目に向けて調整してしていきたい。選手がスムーズに動けるようにする。」
河本


マウンドに集まる選手
やったー②


胴上げの様子
学長胴上げ
相原胴上げ
福山胴上げ
平山コーチ胴上げ


閉会式の様子
DSC_5985
DSC_6035
DSC_6002
DSC_6045



次の舞台は明治神宮野球場へ
DSC_5026