第39回関西学生サッカー選手権大会1回戦が、桃山学院大グラウンドで行われた。1次トーナメントを勝ち上がった京産大は、前年度覇者の関西大と対戦。現在2部リーグ首位の意地を見せたかったが、0-5と大敗を喫してしまった。

京産大 0(0-2)5 関西大


DSC_0219


DSC_0242
積極的なプレスで、相手DFからボールを奪うFW9安藤


<京産大メンバー>
▼GK
1吉田誠(G大阪Y)
▼DF
3崎原拓也(広島皆実)
4西口諒(野洲)
5吉川拓也(守山北)
2濱田太一(境)
▼MF
13松永俊吾(野洲)
8金田浩明(広島Y)→65分 MF16冨田慧(野洲)
7中武真哉(野洲)→58分 MF46松田康佑(野洲)
50松田悠佑(北大津)
▼FW
10小笠原侑生(愛媛Y)
9安藤俊輔(大分Y)→65分 FW52斎藤隆太(東山)



明け方から雨が降り続き、難しいピッチコンディションでの開催となったこの試合。序盤は昨年の覇者・関大を相手に、前線からの激しいプレスと、カウンターで互角の戦いを見せる。
しかし17分、関大FW金園のシュートをGK吉田がファンブル。それを関大FW板倉に押し込まれ、先制されてしまう。その後は、積極的なプレスが影を潜めてしまい、40分にはDF吉川のキックミスから、またしても金園、板倉と繋がれ2失点目を献上。
後半に入っても、攻守共に意図を欠いた中途半端なプレーが続き、関大に翻弄されてしまう。その結果、63分、70分、89分と立て続けにゴールを許し、0-5と一方的な敗戦で京産大の挑戦は幕を閉じた。



以下試合後のコメント


古井裕之監督
「リーグ戦でやっていることを継続して、前から人数をかけてボールを奪いにいったが、失点してからは相手の強さに負けて繋がれ、自由にプレーさせてしまった。相手のプレースピードの速さや、オフザボールでの動きの質に戸惑いもあったと思うし、こちらもミスが多かった。リーグ戦に向けて気持ちを切り替えて、まずは前期を首位で終えられるように戦っていきます」


吉川拓也主将
「立ち上がりでの失点は絶対に避けようと話していたが、17分にミスから失点し、更に自分のミスでも失点してしまい、気持ちが落ちてしまいました。悪い意味で2部のレベルに慣れてしまって、関大のスピードについていけませんでした。残る目標は1部昇格だけなので、それに向けて気持ちを切り替え、しっかりと走り込みから始めていきます」



(記事・写真 谷口達也)