5月27日に関西地区大学準硬式野球二次トーナメント大会準決勝・滋賀大教育学部戦が伊丹スポーツセンターで行われた。京産大は最終回2点差まで詰め寄るもあと一歩及ばず逆転負けを喫した。
DSC_4777


滋賀大 000 300 013 = 7
京産大 010 000 103 = 5

スターティングメンバー
1.中堅手 高野
2.遊撃手 中林
3.二塁手 西村
4.三塁手 上村
5.左翼手 田中
6.右翼手 本田
7.一塁手 木部
8.捕手 土井
9.投手 藤本

【試合開始】
 先制したのは京産大だった。2回、4番の上村が振り逃げで出塁。その後一死3塁のチャンスをつくる。ここで6番本田がセンターへタイムリーヒットを放って幸先よく1点を取った。
DSC_4517

 しかし4回守備のミスから1点を返され同点。さらに二死2,3塁から2点適時打を浴び逆転を許す。
7回に1点一死3塁から9番上村がセンターへタイムリーを放って1点差に詰め寄るが、9回表に3点を奪われ突き放された。
DSC_4830

 5点差で迎えた最終回、なんとか逆転したい京産大は二死満塁から1番高野が走者一掃のタイムリーヒットを放ち3点を奪う。だが反撃も及ばずここまで。全日本大学準硬式野球選手権大会出場を目指していたがあと一歩のところで涙を飲んだ。
DSC_4803

DSC_4799



【試合後コメント】
山田主将
「去年全国に行ってるから今年も行きたかった。リーグ戦より調子はよくて、勝てると思ってたけどミスや気持ちの面で悪いところが出てしまった。相手ピッチャーのボールに流れを掴ませてもらえず、ずっと相手の流れだった。ベンチの雰囲気はよかった。トーナメントに入って逆転されてからも声が出せるようになったのは成長。清瀬杯では優勝を狙う。
(監督がいないことについて)サインやスタメンは自分が決めている。選手を変えるタイミング等で失敗することも多い。下級生も思うところがあるかもしれないけど我慢してくれている。4回が意見を出したり協力をしてくれる。
(監督がいないことの利点)ふだん練習を頑張っている選手を自分の判断で試合に出してあげられること。」

藤本投手
「エラーもあったが自分が助けてあげられるような投球ができればよかった。ずるずるいってしまった。(監督がいないので)4回生を中心に話し合ってメンバーを決めている。投手のことに関してはほぼ自分が決めることができる。(7回のタイムリーは)低めのツーシームが何かだと思う。集中して打席に入ったので来た球を打った感じ。2点差だったのでまずは1点と思っていた。(あと2勝で全日本)昨年は出場することができたので今年も行きたかった。次の清瀬杯で4回生は最後の大会になる。今日のような試合はいや、全国制覇できるように頑張ります。」
DSC_4596


本田選手
「自分のエラーから失点につながった。野球はいつなにが起こるかわからない。1球1打の重みを感じた。決勝戦の相手はいつも試合をしてる大学だったので、今日はとりあえず勝つつもりでいた。(2回の先制打)強い打球を打とうと打席へ向かった。打ったのはツーシームだったと思う。次の清瀬杯ではチーム一丸となって優勝する。」
DSC_4516



DSC_4871

次戦は9月に行われる清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会です。