4月23日に2017年関西学生ハンドボール春季リーグ戦2部3回戦対甲南大戦が原池公園体育館で行われた。

 スタメン
 キーパー 松下和徳(3年)
 ポスト  伊藤大輔(3年)
 センター 角田皓亮(3年)
 右45  近藤大樹(3年)
 左45  市山貴大(4年)
 右サイド 橋本大規(2年)
 左サイド 石川幸樹(4年)


 ここまでの2戦を全勝で終えた京産大。対戦相手は昨年秋リーグで辛勝を納めた甲南大だ。試合開始直後に先制を許した。すぐに取り返すが再び失点。反撃が始まったのは前半4分だった。市山が1―2の状態からシュートを決めて同点に追いつくとそこから5連続で得点。その後も徐々に差を広げ15-8で前半を終えた。後半に入り近藤がシュートを決め、相手を引き離すかと思われたが食い下がられる。速攻のミスから相手にカウンターを決められてしまう。3連続で得点を許すシーンもあったが再び取り返し28-18で試合を終えた。昨年秋に比べ速攻でのミスが減ったものの相手のレベルを考えるともう少し失点を抑えたかった。現在は3連勝中でリーグ内トップ。課題を修正して残りの試合も全勝と行きたい。

DSC_0271
DSC_0026
DSC_0055

DSC_0108
DSC_0138
DSC_0149
DSC_0176
DSC_0255
DSC_0282
DSC_0293
DSC_0294


井上朋広監督
「淡々と試合が終わってしまった感じ。勝ったから許される内容。13、4点差にして力の差を示さなければならなかった。勝ち負けよりも失点をどう抑えるかが大事」

北尾光隆コーチ
「失点から慌ててしまったときにその慌てたシーンをどう鎮めるか。2部では通用しても1部となると通用しなくなる。試合内容的にすこし心残りはあるがこんなもの。相手の順位が下のほうなので勝ち負けよりも点をとるという意識でこられた。ひとまず勝ててよかった」

近藤大樹選手
「前半からディフェンスを意識した。試合の入りの10分で失点をしてしまっているからそこをどうするか。春リーグを戦っているにつれてディフェンスからのオフェンスというやりたい形は出来てきた。昨年の秋にはなかったものが出来ている。速攻に走るか走らないかで迷うところがあるのでそこをはっきりさせないと。目標はもちろん1部復帰。残りの試合も全勝。チームのために貢献できるプレーをしたい」

市山貴大選手
「周りがスペースを作ってくれたから気持ちよく打てた。もう少しディフェンスをしっかりして差をつけたかった。(速攻での)ミスが多いかったけど、点差があったから致命傷にならずにすんだ。抑えるところをしっかり押さえて全員ハンドで勝っていきたい」