3月22日、京都学生サッカー選手権準決勝対同大戦が立命館大原谷グラウンドで行われた。後半に入り先制した京産大。1点のリードを守り切り決勝進出を決めた。
DSC_4646

スタメン
GK・射庭康太朗(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(3年=神戸U-18)
DF・谷川由来(1年=守山北高)
DF・橋本侑紀(2年=セレッソ大阪U-18)
DF・美馬和也(1年=神戸U-18)
MF・竹之下修弥(3年=セレッソ大阪U-18)
MF・園部凌平(2年=ガンバ大阪ユース)
MF・立石和真(1年=セレッソ大阪U-18)
MF・橋本和征(1年=東福岡高)
FW・高橋圭(2年=阪南大学高)
FW・和田健太郎(2年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・寺地一貴(3年=神戸国際大付属高)
DF・湯田京志(2年=阪南大学高)
MF・島田侑弥(3年=初芝橋本高)
MF・大原俊輔(1年=ガンバ大阪ユース)
MF・守屋諒(1年=東山高)
MF・久保吏久斗(2年=セレッソ大阪U-18)
FW・松井慎太朗(3年=神戸U-18)

交代
後半12分、高橋→久保
後半32分、園部→大原、和田→松井
後半45分、竹之下→松井、橋本→守屋

 試合序盤は同大ペースで試合が進む。前半6分にFKを献上するがGK.射庭のセーブで乗り切る。京産大は右サイドからMF.園部、左サイドからDF.美馬が前へボールを運ぶがシュートまで持ち込めない。36分に園部のクロスをMF.橋本が合わせるがゴールポストを直撃。0-0のまま前半を終えた。
 後半に入り、同大の足が止まってきたのとは対照的にボールを前線へ運ぶ回数が増えてくる。後半15分。園部のクロスをゴール前で受けた和田が相手DFを振り切り、待望の先制点を挙げた。このリードを守り切り1-0で同大に完勝。決勝とともに京都FA杯進出が決まった。

DSC_4636
和田

DSC_4359
園部

DSC_4429
美馬

DSC_4470
谷川

DSC_4473
竹之下

DSC_4509
高橋圭

DSC_4516
橋本和

DSC_4538
橋本侑

DSC_4599
守安

DSC_4607
射庭

DSC_4654
久保

DSC_4703
立石

DSC_4753
大原

コメント
古井裕之監督
「メンバー的にはほぼベストだが、和田がガンバの練習に参加していたりとコンビネーション的な面ではまだまだ未完成。点差よりも勝つことを重要視していた。相手が3バックをとっていて3バックというのは未対応だったからどうなるかという部分はあった。オフ期間中は基本の走ることを大事にしてきた。昨年とほとんどメンバーは変わらず、精度があがっている。その結果が無失点に表れた」

射庭康太朗選手
「準々決勝よりも実力が上の相手。ボールを持たれることはわかっていた。攻守の切り替えや球際を強くすることなどベースを上げている。1個1個の勝負でしっかり勝つこと出来ているから無失点だったと思う。チームとして機能している場面が多い。みんなでカバーしていって最後に自分が止めるという流れが出来ている。決勝の相手である立命館は今回よりもボールを持たれることが増えると思うが粘り強くやっていきたい」

和田健太郎選手
「前半は決めきれなかったけど、最後まで粘り強くやればチャンスはあると思っていた。相手との競り合いの時に警告を受けることが多くイライラしていたが切り替えることはできた。次戦もいつも通りやる」

次戦は3月26日(日)に西京極総合運動公園陸上競技場で行われる。対戦相手は立命館大。