9月18日(月)、関西六大学野球秋季リーグ第3節・大阪商業大学1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。京産大は3回に3点を先制するが、追加点を奪うことができず逆転負けを喫した。
DSC_1270


大商大 000 201 001 = 4
京産大 003 000 000 = 3

1(七)杉野
2(二)川上
3(三)笹原
4(指)西川
5(一)西元
6(中)田井中
7(捕)横山
  走 橋本
8(遊)森
9(右)間部
  打 梶谷
川辺、宮所ー横山
DSC_0891


【試合展開】
先取点を上げたのは京産大だった。3回裏、相手のミスから一死1,3塁のチャンスを作ると、3番笹原が難しい球にうまく反応しセンター前へ先制点をもぎ取った。この後4番西川、6番田井中にもタイムリーヒットが飛び出しこの回3点を奪った。投げては先発の川辺が7回3失点(4回に2点、6回に1点)と試合を作るが、打線が3回以降得点することができなかった。同点で迎えた9回表。二死から3連打を浴びて1点を勝ち越される。最終回、京産大は二死1,2塁のチャンスをつくるも得点することはできず惜敗を喫した。
DSC_1041
DSC_1052
DSC_1094
DSC_1099
DSC_1119
DSC_1113


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「立ち上がりは良かったが得点された回は力みが出てしまっていた。(打線は3点を先制した)3回は相手のミスから得点できたが、そのあとは押し切れることができず追加点が取れなかった。(追加点が取れなかった原因は)左打者が左投手をとらえられなかった。エラーとして記録されているわけではないがカットまで投げなかったことによって進塁を進めたりしてしまった。本当に紙一重だと思う。明日勝ってタイに持ち込みたい。」
DSC_1173


横山裕也捕手
「3回に3点を取って守りに入ってしまったかなと思う。投手も頑張っていたが得点を奪えなかった。相手は(大商大)9回二死から1点をもぎ取った。うち(京産大)は得点できなかった。少しの差だが1点が重かった。(横山選手は3安打)自分は打撃よりも守備。打撃ばかりに意識をおいているわけではないが、自分が打つことによってチームに点が入ればいい。今日は今日、明日は明日で、勝てるようにやっていきたい。」
DSC_1251


川辺凛投手
「先制されないよう攻めの気持ちで投げた。3点取ってもらった後は守りに入ってしまい、ボールを置きにいってしまった。
今日は変化球もストレートもよく、四球が無かった。これまでやってきた事がでた試合だった。」
DSC_1214




先発した川辺投手
DSC_0987


2番手で登板した宮所投手
DSC_1316


先制打を放つ笹原選手
DSC_1040


適時打を放つ西川選手
DSC_1097


3点目となる適時打を打った田井中選手
DSC_1115


3安打の活躍をみせた横山選手
DSC_0932



次戦は9月19日第3節大阪商業大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われます。12時30分試合開始予定です。
DSC_0872