第101回日本陸上競技選手権大会2日目が6月24日、ヤンマースタジアム長居で行われた。京産大からは女子3000mSCに藪田裕衣(4年)と信岡桃英(2年)が出場した。


日本トップレベルの選手が集う今大会。実業団選手が強さを見せつける中で、懸命に食い下がった。序盤は藪田が先頭集団でレースを進めた。1000㍍は3分13秒とハイペース。徐々に藪田がペースダウンして単独8位になると、後ろから信岡が迫る。2000㍍過ぎに二人が並ぶとそのまま信岡が前に出て8位に浮上。そのまま8位でのゴールとなり、シニアレベルのレースで初入賞を果たした。薮田は後半に疲れ、11位でレースを終えた。


リザルト
8位 信岡桃英(2年) 10分13秒44
11位 藪田裕衣(4年) 10分27秒73

DSC_0052
8位に入った信岡

DSC_0064
藪田は11位でのゴール

DSC_0979
序盤、先頭でレースを進めた藪田

DSC_0968
信岡は後方から追い上げを見せた

DSC_1046
8位争いの様子


コメント
信岡桃英選手
「ベストが出たのはよかった。順位にはあまり納得はいかない。2週間前の学生個人選手権がうまく走れたからこの大会の調整がうまくいかなかったけど、その中でベストが出たのは地力がついているからだと思う。本当は10分1桁を狙っていた。先頭集団でレースを進められるようにならないと上のレベルにはいけない。ずっと1人で走っていたから集団の中で走れる力をつけたい」

藪田裕衣選手
「学生個人選手権で自分の思うようなレースが出来なかったから自分のレースを目指して走った。走ってみてどこかダボついている感じ。練習を積まなきゃいけない。前半のハードリングはうまくいった。実業団トップ選手のペースに付ける自信はあまりなくて、前半攻めて、後半粘るプランを立てていた。後半の粘りが課題。今回の結果をしっかり反省して夏合宿で走りこんでいきたい」

林里花子マネージャー
「火曜日に動いてなかったからその点を踏まえると二人ともよかった。チームの現状は走れている選手と走れていない選手の差が大きい。故障している人たちが上がってくればチームとしてのまとまりも強くなるはず。期待しているのはやはり橋本(奈津 2年)。あとは走れている清水(穂高)と今川(綾菜)の4年生二人に頑張ってほしい」