V2を狙う春季リーグ初戦は厳しい試合となった。4月6日(土)に南港中央公園野球場で行われた大院大との1回戦は先発の藤本が3回に2本の本塁打を浴び2点を先制される。打線は5回まで1安打7三振と完璧に抑え込まれた。後半は好機を作るもあと一本が出ず結果的に5安打完封負け。2つの犠打失敗など持ち味の機動力を発揮できず、課題の残る結果となった。
DSC_0072

京産大 000 000 000 = 0
大院大 002 000 000 = 2

試合成績
1.8→7 山本(鳥取城北) 4打数1安打1三振
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数0安打1犠打1三振
3.D 杉野(近江) 4打数1安打1三振
4.3 西元(福知山成美) 4打数0安打
5.5 笹原(福知山成美) 3打数0安打1三振
6.9 川岸(京都成章) 3打数1安打1三振
7.7 田井中(福知山成美) 2打数0安打1三振
H 西川(龍谷大平安) 1打数0安打1三振
8 遠藤秀 (滝川第二)
8.2 楠田(福知山成美) 3打数1安打
9.4 酒井(桜宮) 3打数1安打

先発投手 藤本(京都学園) 5回 5安打1四球2死球1三振 自責点2
2番手 船槻(北稜) 3回 3安打4三振 自責点0


先発は昨季3勝を挙げ平古場賞を獲得した藤本。勝村監督からも「(投手陣は)藤本を中心に回していきたい」と期待を寄せられる左腕だ。その藤本は初回から安打と死球を与えるなどピリッとしない立ち上がり。「開幕試合を任され少し硬くなっている部分があった」と本人は振り返る。調子が悪い中試合を作っていた藤本だったが、3回に甘く入った直球を狙われ左スタンドに先制本塁打を許してしまう。さらに一死から再び本塁打を浴びこの回2失点。「変化球が入らず、入れにいったストレートを打たれた」(藤本)その後は走者こそ許すも粘りの投球で追加点を許さず、味方の反撃を待つ。
DSC_0162
DSC_0250
開幕試合の先発を任された藤本投手

一方の打線は初回に三連続三振を奪われる苦しいスタート。5回までに放った安打は酒井の1本のみとなかなか波に乗ることができない。流れを変えたい6回。先頭の楠田が左線にリーグ戦初安打となる2塁打を放ちチャンスを作る。確実に1点を返しておきたい場面。勝村監督は酒井に送りバントのサインをだした。しかし決めることができず1-2と追い込まれてしまい結果的にショートフライ。後続も倒れ得点することができなかった。7回も先頭の杉野が右前安打を放ち塁に出たものの、続く西元の送りバントが二塁で封殺され得点圏に走者を進めることができない。キャンプ時から意識していたチームの持ち味でもある機動力を発揮することができなかった。
DSC_0253
送りバントを試みる酒井内野手

DSC_0308
右前安打を放つ杉野外野手

苦しい展開のなか、輝きを放ったのが6回から2番手で登板した船槻だ。リーグ戦初登板となった船槻は、ランナーを出すものの要所を締める投球で追加点を与えない。初登板とは思えない堂々とした投球をした船槻は結局3回を投げ4つの三振を奪う好投。充実した投手陣の中にまた一人頼もしい選手が現れた。
DSC_0282
リーグ戦戦初登板で好投する船槻投手

しかし打線は最後までかみ合わず5安打完封で試合終了。連覇を狙うシーズンの開幕は不安の残る一戦となった。

コメント
勝村法彦監督
「今年は藤本を中心に回れればと思って開幕投手に抜擢した。今日は少し単調な投球になってしまっていた。変化球が入らず、ストレートも甘いところに入ってきていたのでそれを狙われてしまった。船槻はコントロールが良く、緩急をつけて的を絞らせずに投げることができていた。初登板にも関わらず落ち着いて投げることができていたので今後が楽しみ。打線には粘りを感じることができなかった。初回の三者連続三振で相手をのせてしまった。粘りを生むための工夫が欲しい。
(二つの送りバント失敗について)酒井の場面は一塁手、三塁手のチャージがなかったのでスリーバントと迷ったがバントの仕方が悪かったのでヒッティングに切り替えた。打った球も高めのボール球だった。しっかり見逃せていたら相手も苦しむのでそこの判断が甘い。西元の場面は7回で4番打者ということもあり打たせるか迷ったが、1点取ればというのがあったのでバントをさせた。ただ、走者が杉野だったので動かすという手もあったかなとも思う。
(捕手の楠田の起用理由について)キャッチャーがなかなか決まらず最後まで悩んだが、投手の良いところを引き出せるなど感性がいい部分を評価して起用した。打撃もパンチ力がある。曽根もOP戦で結果も残していたし、他のキャッチャーも期待できるので今後変わる可能性も十分にある。競争してほしい。
明日は積極的に動いて全力で勝ちにいきます」
DSC_0353


西川主将
「OP戦で取り組んでいた、粘り強さが発揮できず淡白になってしまった。自分たちの強みを活かしきれなかった。絶対に勝ってやろうという気持ちで試合には望めていた。声も出ていたし、一つ一つ集中して取り組めていた。そのなかでもっと相手投手に向かっていく気持ちを待たなければいけなかったと思う。いい投手と対戦するときはもっと相手の嫌がることをしていかないといけないと思うし、確実に送りバントを決めないといけない。そういった部分をもっと詰めていかないといけないと思う。今日の負けを受け止めて、引きづるのではなく新しいチームカラーを出していかないといけない。明日は初回から全力で全員野球で戦う。」
DSC_0408

藤本投手
「今日の先発は一昨日発表された。自分なりには上手く調整できていたと思う。自分の投球ができれば試合が作れるということを昨年学んだので、自分のできることをやろうとマウンドに登った。1戦目を任されていたので、チームの力になって勝てるように意識していた。そのなかで自分の力を100%出し切れば結果は付いてくると思っていた初めは硬さがあったが、投げている中で緊張感は解けていった。だが、今日は自分のピッチングが全部出し切れたとはいえない。
本塁打を打たれたのは2つとも直球。変化球が入っていなかったので直球を狙われた。感覚はそんなに変わらなかったが、抜ける球が多く試合で使える球ではなかった。いつもはカーブでカウントを取れたが今日はそれができなかった。
去年の秋は9回まで投げ切ることができていなかったので、投げきれる体力をつけるために走り込んだりしていた。
楠田とはあまりバッテリーを組んだことがなかったので、これからもっとコミュニケーションをとっていきたい。」
DSC_0129

船槻投手
「初登板ということもあって緊張もしていたが、自分の役割を果たすということとキャッチャーを信じて思い切って投げようと思っていた。去年から投げた時に結果が出せるよう準備していた。コントロールが良いことと大崩れしないことが自分のセールスポイント。すべてのボールに自信があるので決め球は特に決めていない。今日はカーブが良かったのでカーブを決め球に使った。これからもピンチの場面での登板はあると思うが、仲間を信じて、キャッチャーを信じて投げ込む。相手の流れを渡すにこちらに流れを呼び込む投球をしていきたい。」
DSC_0301