第94回関西学生陸上競技対校選手権ロードの部が4月20日、ヤンマーフィールド長居敷設マラソンコースで行われた。3年連続出場の奥村杏平(4年)が貫録勝ちで関西初制覇。元木駿介(4年)と久保拓海(4年)がそれぞれ4位、6位に入り対校得点16点を獲得。学校対抗で暫定1位になった。
DSC_2357
三度目の挑戦にして初優勝を果たした奥村

DSC_2379
ラスト1周でペースアップをした元木が4位

DSC_2392
久保が6位でゴール

 スタート時の天気はくもり。風も吹いており、少し肌寒さを感じるコンディションだった。入りの5㌔は15分48秒(参考値)とややスローペース。集団内には奥村、久保、元木はしっかりとついていた。徐々にペースアップが始まり10㌔手前になると関学大の野中と坂東、奥村を含む3人の先頭争いに。久保はその少し後ろで4位争い、元木は30秒ほど後方で9位争いを演じていた。15㌔過ぎに野中が先頭から離れると坂東との競り合いになった。交代で先頭に立ちペースを作っていたが坂東がきつそうな様子を見せると奥村が17㌔過ぎに飛び出した。徐々に差を広げトップでゴール。関西初制覇と同時に京産大勢としてこの種目三連覇を達成した。初のハーフマラソンとなった元木と久保は4位と6位でフィニッシュし、3人入賞となった。

DSC_2230
スタート時の様子

DSC_2272

DSC_2279
給水をする主務の鈴木啓文と岩原大貴

DSC_2291
関学大の坂東との一騎打ち

リザルト
優勝 奥村杏平(4年) 1時間05分07秒
4位 元木駿介(4年) 1時間06分32秒
6位 久保拓海(4年) 1時間06分42秒

奥村杏平選手
「安心した。やっと優勝できた。去年よりも30秒くらいタイムが良かったしへばらずに最後まで走れた。レースプランとしては前に出るのを我慢してついていた。10㌔で3人になった。坂東と交代で引っ張っていたけどきつそうに走っていたから17㌔あたりで行ってやろうと思った。関西インカレの1万㍍ではしっかり勝って予選会に繋げたい」

松田コーチ
「奥村がうまくエースの働きをしてくれた。元木、久保の二人もしっかり結果を残して入賞してくれた。(予選会までに)うまく全員が練習を継続して、役割を果たすような走りをできれば関西トップ通過見えてくる」

久保拓海選手
「15㌔過ぎからリラックスを意識したけどしんどかった。後半に上げる練習したけど力不足を感じた。伊東先生の指示で力を抑えて一歩下がって後ろにつけていなかったらつぶれていたかもしれない。関西インカレでは表彰台を狙いたい」

元木駿介選手
「自分は期待されていなかったと思う。追い込まずに走れと指示を受けて自分のペースとリズムで走った。順位を意識したのは最後の1周だけ。このハーフマラソンに合わせるというわけでもなく予選会に照準を合わせている。練習も順調にこなせているから、去年散々な結果に終わった関西インカレで1つでも上の順位を狙いたい。予選会では最低でも出雲に出場したい」


次のレースは5月10日から13日に行われる関西インカレ