9月13日関西六大学野球秋季リーグ第2節・大経大2回戦が明石トーカロ球場で行われた。湯川が完封勝利を飾って今秋3勝目。2連勝で大経大から勝ち点を獲得した。
湯川2


大経大 000 000 000 = 0
京産大 100 100  00× = 2
(京)湯川ー横山
(経)西、新谷ー小田、福田
【得点シーンハイライト】
〈1回裏〉
二死3塁から4番西川がセンターへ適時打を放って先制
〈4回裏〉
この回先頭の3番笹原がショートへの強襲ヒットを放つと、続く4番西川が送りバントを決める。さらに相手のミスがあり、一死3塁のチャンスを作る。ここで5番西元のタイムリーヒットで1点を追加した
西川
西元

スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.三塁手 笹原
4.指名打者 西川
5.一塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手 湯川
田井中

【試合展開】
8回二死までノーヒットピッチング、先発・湯川が素晴らしい投球を魅せた。
最大のピンチは8回、先頭打者を四球で出してしまう。二死まで漕ぎ着くもランナー2塁のピンチ。ここで大経大は代打を送り勝負にでる。打球はショートの横を抜けセンターへ、この試合初めてのヒットを許す。セカンドランナーは迷わず、ホームに突入。しかしセンター田井中が寸分の狂いもないバックホーム、タイミングはアウトかと思われたが捕手・横山のタッチでランナーをアウトにした。ヒットは許したものの得点は奪われず、湯川の完封劇を終わらせなかった。
一方の打線も1回に4番西川、5回に5番西元の適時打で1点ずつを奪った。春季リーグで2連敗を喫していた大経大から2連勝で勝ち点を獲得した。次戦はいよいよ大商大戦。近年、優勝を争うライバル大商大から勝ち点を獲得すれば、優勝が見えてくる。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「出だしは良くなかったが、3回からは上手く修正できていた。(8回途中までノーヒットで抑えれたのは)ここ最近、本人の取り組みがしっかりしているから。9回は気持ちのこもった投球だった。ナイスピッチングだったと思う。4番西川.5番西元はワンチャンスをものしてくれた。8回の田井中のバックホームは横山のタッチが上手かった。日頃から平山コーチがノックをしてくれているおかげ。練習の成果が出た場面だった。(大経大は春に負けている相手)やられっぱなしではダメだという話は選手にしていたが、自分たちのやるべきことをしっかりやるだけだった。(次は大商大)相手がどうこうよりも自分たちがいかに精度高くできるか。2日しかないがしっかり整えて臨みたい。」
監督


湯川翔太投手
「(8回二死までノーヒットピッチング)いつか打たれるとは思っていたが、8回までくると意識してしまった。意識しないほうが良かったのかもしれない。立ち上がりは変化球が抜け、ストレートがシュート回転していてよくなかったが修正できた。野手がしっかり守ってくれているので、安心できる。打たせてとることができた。(自分が)大商大からは勝星を挙げられていない。最少失点でいきたい。」
_DSC0036

湯川


横山裕也捕手
「ブルペンから状態が良くはなかった。修正できたので良かった。(8回田井中からのレーザービーム)捕手としてタッチの練習はしている。湯川が頑張っていたので絶対に得点されたくないと全員思っていた。その強い気持ちでアウトにできたと思う。神院大2回戦では同じ場面で自分がボールを後ろにそらして得点されてしまった。2度も同じミスはできない。(次戦について)相手は関係ない。一つ一つ自分の役割をこなしていくだけ。」
横山




次戦は、9月16日(土)わかさスタジアム京都で第3節大商大1回戦が行われます。10時試合開始予定です。
_DSC0101