第95回関西学生サッカーリーグ前期第7節立命大戦が5月21日、山城総合運動公園陸上競技場で行れた。試合開始早々に失点を許したが、36分に高橋がシュートを決めて同点に。その後は両者無得点で京都ダービーはドローとなった。

DSC_0338
DSC_0336
劇的ボレーを決めた高橋

スタメン
GK・射庭康太朗(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・守安陸(4年=神戸U-18)
DF・谷川由来(2年=守山北高)
DF・橋本侑紀(3年=セレッソ大阪U-18)
DF・木原豪(4年=東山高)
MF・竹之下修弥(4年=セレッソ大阪U-18)
MF・立石和真(2年=セレッソ大阪U-18)
MF・橋本和征(2年=東福岡高)
MF・守屋諒(2年=東山高)
FW・高橋佳(3年=阪南大学高)
FW・和田健太郎(3年=ガンバ大阪ユース)

サブ
GK・寺地一貴(4年=神戸国際大附属高)
DF・湯田京志(3年=阪南大学高)
MF・松田岳(4年=日章学園高)
MF・園部凌平(3年=ガンバ大阪ユース)
MF・大原俊輔(2年=ガンバ大阪ユース)
FW・堤原翼(1年=京都橘高)
FW・ベハラノナオキ(2年=神戸弘陵高)

選手交代
後半23分 高橋→堤原
後半26分 守屋→園部
後半41分 竹之下→松田

京産大1-1立命大
前半2分 立命大
前半36分 高橋

 昨年3月の京都選手権以来の立命大との公式戦。前回は0-3で敗れておりリベンジを期したいところだった。しかし、前半2分にクリアミスから早々と失点を許してしまう。前半3分に左サイドから上がっていた守屋のパスを受けた和田がシュートを打つが惜しくもキーパーの正面。サイドから守屋、守安がボールを持って上がりクロスを仕掛けるが決定機まではいかないが積極的にシュートを打つ。同点に追いついたのは前半36分。クリアボールをペナルティエリアの外側にいた高橋がボレーシュート。相手キーパーの頭上をすり抜けてゴールネットに吸い込まれた。
 後半に入ると動きが活性化。相手にシュートを打たせないディフェンスを意識しつつもこっちはしっかりと攻めるプレーを展開。途中出場で入った堤原も積極的にボールに絡んだ。後半33分に竹之下のパスに和田が反応して抜け出したが、オフサイド。後半41分には和田、橋本和とつなぎ堤原がフィニッシュしたがこれもオフサイドを取られてしまった。後半45分に橋本和のクロスに守安が詰めたが相手にクリアされてしまった。
 結局、後半は両チーム無得点だったが、立命大のシュート4本に対して京産大は12本と強豪相手試合を優位に進めた。勝利とはならなかったが、第2節以来の引き分けで勝ち点を獲得。残り4節全勝で順位を一つでも上げたい。

DSC_0226
持ち前の技術で相手をほんろうした守屋

DSC_0299
ここ数試合、スタメンとして出場している木原

DSC_0242
和田はチーム最多シュートを記録

DSC_0516
堤原は前線でしっかりボールに絡んだ

DSC_0308
攻守で豊富な運動を見せた立石

DSC_0543
こぼれ球に反応する松田

コメント
古井裕之監督
「立ち上がりは些細な失点。同じことを繰り返しているということは失敗を選手間で共有していないこと。ペースはうちが作れていたが、決定機にかけるから練習で精度を上げなければ。今のサッカーは悪くないのでモチベーションを上げて勝ち点3を獲るとあとは上がっていくはず。残りの試合勝てる可能性があるものばかりだから、過信せずにしっかりと勝って去年のようなことにならないようにしたい」

高橋佳選手
「(ボールが来たときは)トラップをしようと思ったけどシュートが打てていなかったかったから何も考えずに足を振ったらゴールになった。同点弾は打てているけど、チームが勝てていないからチームを勝たせるゴールが必要。立命大は去年はやれていなかった部分も多かったけど今回はしっかりやれた。次はしっかり勝って残りを全勝したい」

木原豪選手
「最初は守備的に入ったけど、陸が上がっていたから自分も上がるよう心掛けた。立命大との実力差はそこまで感じなかった。残りを全勝で上位にいきたい。そのためにも守備でミスを失くして攻撃陣を活性化させる」

守屋諒選手
「ずっと立ち上がりに失点を許してしまうのが課題だけど、チームとしてしっかり戦えている。勝ち点3を取りたい。自分が入ることでキープ力があがる自負はある。フィニッシュの精度を上げたい」

現在京産大は勝ち点3、得失点差-6の10位と降格圏内。
次戦は5月28日に三木総合防災公園第二で最下位・姫獨大戦。









京産大アスレチックでは現在新入部員を募集中!
スポーツやマスコミ関係に興味がある人はぜひ!
学部学年は問いません。人手不足で困ってます