9月11日、関西六大学野球秋季リーグ第2節、神院大1回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は初回に1点を先制されるも、4回表に一死1,2塁から7番川岸がしぶとくレフト前へ放って追いついた。5回表には4点を奪って試合をひっくり返した。7回表にも8番横山が犠飛を放ち勝負あり。リーグ初戦を逆転勝利で飾り幸先の良いスタートとなった。しかし先発の湯川は初回、5回と先頭打者を四球で歩かせてから失点を許し悔しい開幕戦となった。

京産大 000 140 100 = 6
神院大 100 200 000 = 3

スターティングメンバー(先攻)
1.中堅手 山本
2.遊撃手 宇都宮
3.指名打者 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.左翼手 桧垣
7.右翼手 川岸
8.捕手 横山
9.二塁手 酒井
先発投手 湯川
DSC_0094

 背番号34が見えるほどのフルスイングで相手投手を圧倒した。5回表、無死2,3塁から2番宇都宮雄太(済2)の犠飛で逆転し、さらに畳み掛けようと一死満塁で笹原大虎(済2)は打席に立った。カウント1-3からの5球目甘く入ったストレートを見事に捉え、打球はあっという間に中堅手の頭を超えた。「ストレートが来るかなと思っていた」と読み通りの球を一振りで仕留めた。
実は笹原、昨春の明石で行われた神院大戦で4番西川の代打で出場し初打席・初安打・初打点を記録している。相性のいい球場でチームを勝利に導いた。
「打撃フォームは日々研究している」と野球にひたむきな面も魅せる。今日3安打の3番杉野翔悟(法3)、1安打2四死球の4番西元正輝(営3)の2人の調子がいいだけに後を打つ笹原にはチャンスで打席が回る。「(笹原について)まだ完璧ではない」と語る勝村監督からの期待も大きい。課題の1つでもあったチャンスでの一打にこの男の存在は欠かせないだけに完璧になった笹原が早く見たい。
DSC_0087
DSC_0091
DSC_0155



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「ケガ人がいる中でもピンチをチャンスにということで。試合前から『暗くなるな、元気出していこう』と言っていた。杉野、笹原はオープン戦まではあまり良くなかったがだんだん上がってきた。(2安打3打点と活躍したが、)笹原はまだ完璧ではないが、しっかりと捉えられていた。(4回表同点打の川岸について)広く見ろと伝えた。際どいボールを見極めずに振っていって欲しかった。湯川は毎回同じ。宮所が1回3分の1を抑えたからよかったが、神院大打線を考えれば4点差あっても厳しい。エースの自覚を持たないと!
連勝しか考えていない。しっかり明日に集中して、目の前の一戦一戦、ひとつずつ勝つことが大切。」
DSC_0107


光原コーチ
「(湯川について)ストライクが全く入らないわけでも、ボールが弱いわけでもない。技術はある。切り替えることと継続すること。普段の練習から継続して取り組み続けることができるか。自分に厳しく意識を上げていって欲しい。」

湯川翔太投手
「課題は先頭バッターを集中して抑えること。初回に先頭打者を四球で出し、少し内側に入った甘いストレートをライトオーバーされた。その後は切り替えて投げたが、再び5回に四球を出してしまった。
最後のシーズンなのでリーグ優勝したい。次戦投げるかわからないが、チャンスをもらえれば抑えたい」
DSC_0020


笹原大虎選手
「(5回表の3点適時打について)投手が代わって速い球を待っていた。カウント1ー3になってストレート来るかなと思っていたところにストレートが来たので一撃で仕留めました。(昨年も明石でデビュー戦いきなりライトオーバーを打っているが、)相性はいいかも。今日もフェンスまではいったが越えてくれなかったウエイトが足りないのかなと。打撃フォームについては色々研究しています。
明日も勝って2連勝できるようにしたい。あと次はホームランを打てるようにしたいです。」
DSC_0037



2番手で登板し1回3分の1を無失点に抑えた宮所投手
DSC_0125


7~9回を無失点で抑えた紀本投手は3番手として登板
DSC_0158



同点打を放った川岸選手
DSC_0040
DSC_0058



次戦は9月12日、神院大2回戦が明石トーカロ球場で行われます。試合開始は12:30の予定です。