9月11日関西六大学野球秋季リーグ第2節・大経大1回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は前半で5点のリードを奪って勝利!春季リーグで2連敗した大経大に雪辱を晴らした。
_DSC0232


大経大 000 000 003 = 3
京産大 001 400 00× = 5
(京)川辺、宮所ー横山
(経)平田、新谷ー小田
【得点シーンハイライト】
3回
8番横山が出塁し、9番森の犠打と1番杉野の犠飛で二死3塁のチャンス。ここで2番川上がライトへ適時打を放って先制する。

4回
二死満塁から1番杉野が死球を受け押し出しでまず1点。続く2番川上が2点適時打、3番笹原も適時打を放って4点を奪った。
_DSC0108


スターティングメンバー
1.左翼手 杉野
2.二塁手 川上
3.三塁手 笹原
4.指名打者 西川
5.一塁手 西元
6.中堅手 田井中
7.右翼手 岡村
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手川辺
_DSC0231

_DSC0251

_DSC0125


【試合展開】
非常に早いテンポで進んだこの試合、京産大が序盤で試合を決定づける。4回に打者一巡の猛攻、4点を奪った。投げては先発の川辺が7回以外は毎回ランナーを出す展開だったが、粘りの投球で8回まで無失点で抑える。9回表途中、1点を取られた場面で降板となるが川辺には拍手が送られた。変わった宮所が2点を失い、猛追されるも逆転は許さず。試合所要時間1時間59分と高速試合で大経大からまず1勝を手にした。
_DSC0101

_DSC0118


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は8回までほぼ完璧だった。前回2回で降板させられて、ショックだったと思うがよく気持ちを切り替えて準備してきてくれた。9回は試合を締めることの難しさを痛感したと思う。
打線はきっちり繋いで得点できている。2番の川上が打点も上げているが、繋ぎ役としてやっている。明日、勝たなければ意味がない。しっかり戦っていく。」
_DSC0241


川上
「例年になく調子がいい。1,2番が出塁すれば、おのずと打線は繋がってくる。エラーが少し多いのはプレッシャーがあってのことだと思う。自分がもっとアドバイスしていければ。川辺は気持ちよさそうに投げていたので、守備から崩れないようにと思っていた。今日の勝ち方(9回に3失点)はあまり良くない。一戦必勝でやっていきたい。」
_DSC0182


川辺
 「前回の神院大戦で2回で降板してしまい、チームに申し訳ない投球だった。今日まで自分を見つめ直し、初心に戻りアップから集中して練習してきた。
9回に打たれたのは、集中が切れたわけではないが、甘さが出てしまった。
今日はカーブがよかった。また先頭打者、四球を出さなかったことがよかったところ。
明日勝ち2連勝で、大商大戦につなげたい。」
_DSC0017


次戦は9月12日(火)大経大2回戦が明石トーカロ球場で12:30試合開始予定です。
_DSC0066