4月16日関西六大学野球春季リーグ戦第3節 大阪学院大学2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。8回に6点を奪い一時は5点あった点差を、最終回に同点とされ延長戦に突入した。決着は11回表、京産大が再び4点を奪って勝負あり。劇的な勝利を収めた。
DSC_71451


京産大 0 0 0 0 0 0 0 6 0 0 4 =10
大院大 0 1 0 0 0 0 0 0 5 0 1 = 7

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元→代走 片山→一塁手 西川
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森
9.捕手 横山
先発投手 川辺→熊山→湯川→宮所
DSC_6565


【試合展開】
 前半は緊迫した投手戦となり、5回まではパーフェクトに抑えられる。1点を追う京産大の打線が繋がったのは8回。ショートのレギュラー争いを勝ち抜き上位打線への繋ぎ役を果たす森が、この回の先頭打者として打席に立つ。するとヒットで出塁しチャンスメイク。その後、無死1,3塁から1番杉野がタイムリーヒットを放って同点に追いつく。さらに3番岡村にもタイムリーヒットが飛びだし逆転に成功した。その後も押し出しなどで、4点を奪った。この回一挙6得点で勝利かと思われたが、簡単には勝てない。
DSC_1190

 勝利まであとアウト3つとなった9回裏、京産大に再び試練が襲いかかる。得点差が5点あったにもかかわらず、この回だけで4本のタイムリーヒットを浴び土壇場で同点とされ、延長戦へ突入する。
 しかし京産大ナインは延長戦に入り、もう一度スイッチを入れなおす。試合が動いたのは延長11回。6番笹原、7番田井中の1年生コンビが1,3塁のチャンスを作る。すると続く8番森が三塁線へタイムリーヒットを放って1点を勝ち越す。さらにその後、満塁となって3番岡村に打順が回る。常にコツコツと一生懸命、取り組む男のバットからとどめの一打。走者一掃のタイムリースリーベースヒットで3点を追加した。
 11回裏に1点を失うも宮所が後続をきっちり打ち取り3時間以上にも及ぶ激闘に終止符をうった。
DSC_7154

DSC_1132


 先発の川辺は3回に1点を失うも8回途中1失点と試合を作る。「完投したかった」と少し悔しそうな顔の川辺だったがベンチからは「ナイスピッチング」と拍手で迎えられた。
川辺に勝ち星はつかなかったものの大院大に2連勝で勝点を獲得した。
DSC_6926


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「本当は最後まで川辺でいくつもりだった。延長10回に簡単に勝てないのは、自分たちに甘さがあるからだ、という話をした。笹原の2塁打、森がうまくつないでくれたのは大きかった。笹原は思い切りがあって左右関係なく、しっかりとたたける選手。湯川、熊山は今までいろいろな経験を積んできた選手なので今日はふがいなかったが、宮所はよく踏ん張ったと思う。本人にとってもいい経験になった。今日で勝つ難しさが分かった。次戦に向けてメンタル面もしっかり準備して一戦一戦積み重ねていく。」
DSC_6569


佐野主将
「8回に得点した後、気のゆるみもあってチームにスキができてしまった。森の持ち味は粘り強さ、上位が当たっているのでそこへつないでくれた。(次戦の龍谷戦まで)少し期間は空くが負けることは許さない。立て直してあと節戦いたい。」
DSC_6766


岡村選手
「よかった。9回同点に追いつかれたので何点あって足りないと感じた。同じ外野手の間部に『何も考えなかったら打てますよ』と言われ、11回表の打席は何も考えずに打席に入った。(好調を維持する秘訣は)普段通りやること。いつもと変わらない生活を送って、しんどいから手を抜くことはありえない、常に一生懸命やること。産龍戦は色々な方が応援に来てくれる。2連勝したい。」
DSC_6976


森選手
「8回先頭バッター 出塁することだけを考えて打席に立った。それが結果に繋がった。
勝ち越し打 甘いストライク狙いだった。おもいっきり打つことを意識し、いい所に抜けてくれてよかった。
守備について 守備が一番大切だと考えている。ゴロ捕球など、特に力を入れて練習している。エラーはできない。 産龍戦 お客さんもたくさんくると思う。チームは連勝中で勢いがあるので、もっていきたい。自分にできることをやっていくだけ。」
DSC_7127


宮所投手
「6対4の場面、終わっていないといけない場面で打たれてしまった。腕を振ることだけを考えて切り替えた。
点を取ってもらった後、打ち取ることを意識したが、入れにいき甘く入った球を打たれた。
1年間ストレートを磨いてきたから、今変化球が活きてきている。産龍戦について、リリーフでの登板となると思うが、点を取られないように低めを意識して投げる。」
DSC_1042


次戦は伝統の産龍戦!5月4日に龍谷大学とわかさスタジアム京都で激突します。試合当日は京都産業大学から応援バスツアー開催されます。参加特典として京産大オリジナルTシャツが配布されます。
参加希望の方は申込用紙に必要事項を記入のうえ10号館1F学生部まで
DSC_1391