関西六大学秋季リーグ第3節1回戦の大商大戦(=15日、わかさスタジアム京都)が行われ、0-1で敗れた。先発の川辺は5回3分の2を投げ4安打に抑える好投を見せたが1球に泣いた。打線は再三ランナーを出しチャンスを作るもあと1本が出ず3安打完封負け。前戦同様課題の残る結果となった。次戦は明日(=16日)同球場で大商大との2回戦が行われる。
20180915_180915_0026


大商大 000 010 000 =1
京産大 000 000 000 =0

試合成績
1.(中) 山本 (鳥取城北) 3打数0安打1四球
2.(遊) 宇都宮 (宇和島東) 4打数0安打
3.(D) 杉野 (近江) 3打数1安打1四球
4.(一) 西元 (福知山成美) 3打数0安打1死球
5.(三) 笹原 (福知山成美)4打数1安打
6.(左) 田井中 (福知山成美) 3打数0安打1犠打
7.(右) 川岸 (京都成章) 2打数0安打1四球
 (H) 梶谷 (社) 1四球
 (R) 片山 (高松商)
8.(捕) 横山 (龍谷大平安) 3打数1安打
9.(二) 酒井 (桜宮) 3打数0安打

先発投手 川辺 (東山) 5回3分の2 4安打2四球2三振1失点
2番手 長谷川 (藤蔭) 2回 1安打1三振0失点
3番手 北山 (京都成章) 1回3分の1 0安打1四球1三振0失点


試合展開
優勝を目指すためには絶対に負けられない戦いとなる大商大戦。その先発を任されたのは4回生右腕の川辺だった。2年次の春からマウンドに登る彼が大商大戦に登板するのはこれで6度目。チーム内で唯一大商大に投げ勝ったことのある相性の良さを見込んでの先発だった。しかし、この夏は怪我に苦しみ久しぶりとなる実戦での先発、不安と期待が入り混じる登板となった。その中で川辺は強力大商大打線を4回まで散発2安打無失点に抑える見事な投球を見せる。川辺の力投に応えたい打線は2回に打撃好調の笹原がライトへの二塁打でチャンスを作ったものの後続が続かず4回まで無得点に抑えられる。むかえた5回表、ここまで好投を続けてきた川辺だったが高めに浮いたストレートをとらえられ1点を先制されてしまう。後続をなんとか抑えたもののボールが浮き出した川辺。6回にも安打を許し二死2塁となったところでリーグ戦初登板となる長谷川がマウンドに上がる。長谷川は初登板とは思えない堂々とした投球でこのピンチを脱すると、8回二死まで危なげないピッチングを見せる。バトンを受け継いだ北山もMAX147キロのストレートで打者4人を無安打に打ち取り、投手陣の充実ぶりを改めて感じさせた。しかし、攻撃陣は5回に川岸の四球と横山の中前ヒットで一死1・2塁、6回には相手のミスで二死1・3塁、8回にも杉野の左前ヒットと盗塁で二死2塁と再三チャンスを作りながらも終わってみれば2試合連続となる完封負け。打線の覚醒が優勝に向けてのカギとなりそうだ。


コメント
勝村法彦監督
「川辺はケガをしていて、オープン戦では1イニングしか投げておらず、実践なしの登板だった。それでも力が抜けていい球。ホームランは仕方ない。長谷川は初登板。練習の取り組みが良い選手で、オープン戦でも何度か試していた。北山も良かった。昨日のブルペンからストレートが良く走っていた。良い投手から点を取ることが課題。ランナーが出てから足が使えていない。狙い球も絞ってはいるが、絞りきれていないので改善していきたい。勝っていかないといけないので、明日全力で勝ちに行く。」

横山主将
「川辺はケガしてからトレーニングしてきた。(ホームランについて)浮いた球を1球で仕留められた。逆にうちは1球で仕留めることができなかった。点差は1点ですが、その差が大きかったです。気持ちもまだまだ、、、(一年生二人について)失うものは何もないという気持ちで、自分の能力を出すことだけを考えて投げて欲しい。気持ちがこもっていた。(盗塁を2つ刺した)投手を助けること、得点圏に走者を進めないことを念頭に置いていた。苦手意識はないが今春の龍大戦で11個盗塁されたてしまった。春が終わってから毎日スローイングの練習をした。フォームが大きいのと、キャッチングを見直した。具体的にネットスロー、塁間の投球、フットワークこの基本的な部分を徹底的に鍛えました。神院大戦も今日も盗塁を2つ阻止した。秋も継続してやっていきたい。」
20180915_180915_0027


川辺投手
「春季リーグで怪我をしてぶっつけ本番の登板だった。監督から9回完投はないと言われていたので、飛ばしていけた。球は高かったが、気持ちと勢いで抑えようとキャッチーと話して、自分の良い所を伸ばそうと投げた。4年生がスタメンで2人だけだったので、下級生をひっぱる気持ちだったが、逆に僕が助けられた。明日から勝たないといけないので、しっかり準備する。」
IMG_4558


長谷川投手
「夏休みはフォームを固め、内と外の投げ分けを中心に投げてきた。今日はリーグ戦初登板だったが、いつも通りのピッチングができた。強みはストレートにスローボールを組み合わせることと、強弱をつけて投げること。これからもリリーフでの起用になると思う。」
20180915_180915_0013