5月18日に関西六大学野球春季リーグ戦第4節2回戦が草津グリーンスタジアムで行われ、大院大との対戦成績を1敗としていた京産大は1-0で完封負けを喫し、勝ち点を逃した。京産大はこの試合で春のリーグ戦全日程が終了し、3位以下が確定した。

京産大000 000 000 =0
大院大000 001 00× =1

産)岩橋―山崎勇
院)金田―鄭

スタメン
1.ニ 佐竹(京都成章)
2.右 今井(福知山成美)
3.中 龍田(北大津) 
4.DH 田中航(鳥羽)
5.一 杉山(丸亀城西)
6.三 樺沢(光)
7.左 門林(福知山成美)
8.捕 山崎勇(東山)
9.遊 小牧(京都外大西)
投 岩橋(京都すばる)

 京産大先発は2年次生の岩橋(営2)。初回こそピンチを招くもその後は、テンポをよく投げ込み、6回の本塁打による1失点の好投。しかし、打線は140キロ越えの直球とキレのあるスライダーが武器の大院大先発金田に散発の3安打に抑えられ無得点。2試合連続の完封負けでリーグ戦を終えた。

試合後コメント
勝村法彦監督
 「岩橋は、初回に少し硬くなっていたが、それ以降は落ち着いて投げてくれ、いいきっかけになってくれたと思う(前回登板が良くなかったので)。相手投手は球も速く変化球もよかった。」

佐竹誠人(営4)主将
 「岩橋はすごいいい投球をしてくれたが、野手が援護できなかった。(秋季リーグに向けて)失点は計算できてきたので、課題は打線。野手がいかに点をとれるかだと思う。」

IMG_0210
好投した先発の岩橋