4月21日、関西学生サッカーリーグ(前期)第3節がJ-GREEN堺・メインフィールドで行われた。勝ち点で並び、ともに勝ち点3のほしい近大との対戦であったが、京産大は3-0と快勝。今季リーグ初勝利を果たした。

近畿大学 0(0-1)3 京都産業大学


◆得点者◆
冨田慧(36分)
坂本樹是(62分)
松田悠佑(90分)

◆京産大メンバー◆
GK三宅貴憲

DF金大貴
  西口諒
  上大田悟
  千谷優介

MF冨田慧
  安藤由翔
  米丸智幾→80分、松田康佑
  佐々木一輝→84分、松田悠佑

FW坂本樹是→68分、美濃部寛貴
  中川裕介



 リーグ開幕第1節は、昨年リーグ覇者の桃山大に敗れ、第2節では同大に引き分け、今度こそ勝ち点3が欲しい京産大のその一戦、第3節・近大戦。
 前半、勝ち点で並ぶ両者の譲らない攻防戦が続いた。しかし前半30分、その均衡を破り、華麗なパス回しから、中川のパスを受けて冨田が先制点を決め、1-0とする。そこからは京産大のペースとなり、そのまま前半戦が終了した。
 後半もその勢いのまま3-4-3のシステムが上手く機能し、近大に隙を与えない。安藤が攻撃の起点となり自分達のサッカーを展開する。後半16分、素早い攻撃の流れで坂本が上手くシュートを決め2-0とし、その坂本に代わって美濃部がピッチに入る。後半残り10分。米丸に代わって松田康が、その数分後に佐々木に代わって松田悠が入り、最後まで勢いの止まらない京産大。そして安藤のアシストから松田悠がダメ押しゴールを決め、3-0で試合終了。
 見事快勝した京産大の次節の相手は強豪・関大。その戦いに期待したい。



◆試合後コメント◆
・古井裕之監督
非常に思い通りのサッカーが出来た。3バックで不慣れなところもあったが安定してきたので、今後は個々の細かいミスも減らしていきたい。次節の相手、関大は関西ナンバー1のチームだといえるので、自分達はチャレンジャーの気持ちで自分達のサッカーをやるだけだ。

・花山真司GM
新体制となってようやく今日その結果が形になったと思う。やってきたことが正しかったんだと選手達が一番安心したのではないか。

・美濃部直彦ヘッドコーチ
勝てて良かった。すべて流れからのゴールで、良いサッカーをしていたが、今回で満足せず、一人一人が出来ることをしっかりやっていきたい。