4月28日、関西学生バスケットボール選手権大会 対兵県大神戸 が甲南大学において行われた。今年最初の公式戦は、昨年のリーグ戦王者の風格を見せつけ、133-38と圧勝した。

村上コーチ「自分たちのスタイルをやっていくだけ 。多少のミスがあった点をミスでないような方向に持って行くようにしなければならない。」

主将の岩田(4年)「相手がどこであれ、初戦は大事にしていた。簡単に打てる相手だったので、あまり繋がりがなかったが、明日はそのへんを意識的にやっていくことになると思う。」

♯11 石川(3年)「自分たちのプレースタイルを意識して望んだ。明日は守備からの速攻につなぐ初動の速さを意識していきたい。」

♯67 大八木(3年)「初戦ともあって多少の緊張があった。リバウンドをとるという役目もあるので、明日以降も頑張っていきます。」

♯12 森岡(1年)「インサイドで決めれるところで決められなかったのが反省点。」