9月18日に関西六大学野球秋季リーグ戦第4節2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。前日、善戦するもノーゲームになってしまった京産大。この日は先制を許すも、打撃陣が奮起し見事逆転勝利を収めた。今リーグ無敗と独走している龍大に初めて土をつけ、対戦成績を1勝1敗とした。

京産大000 000 220 =4
龍谷大000 002 000 =2

産)山田和、柳―永井
龍)杉上、大西、井口―鈴木紳

戦評)両校の先発は、1回戦同様京産大・山田和(済2・紫野)、龍大・杉上。2日前、9四死球と制球に苦しんだ山田和だったが、立ち上がりから安定した投球を見せる。3回と4回に2死満塁のピンチを迎えるも、粘り強い投球で点を与えさせない。しかし、6回。またも1死満塁のピンチを迎えると、9番塩見を追い込んだものの、ライトへ犠牲フライを浴び、先制点を許す。それからも、代打山口に死球を与え2死満塁とされ、続く2番仮谷には、フルカウントから痛恨の押し出し四球。ここで、山田和は降板。5回3分の2で7与四死球とこの日も制球に苦しんだ。代わった柳(済4・土庄)は、2死満塁とピンチだったが、後続を打ち取り追加点を許さない。打線は、初回からチャンスを作るも、牽制死などのミスもあり点が奪えない。しかし、先制された次の回、杉山(済2・丸亀城西)などのヒットで1死2、3塁と絶好のチャンスを作り、6番田中利(法2・小松工業)がレフト線へ運び、同点とする。続く8回表にも、ヒットや四死球などで、7回途中からマウンドに立つ大西を攻め立て、1死満塁でクリーンアップを迎える。すると、龍大はエース井口を投入。3番杉山は左飛に倒れるも、4番龍田(営3・北大津)がフルカウントからレフト前に運び逆転に成功した。6回途中からリリーフした柳は以降被安打1本に抑える完璧な投球で試合終了。見事逆転勝利を決めた。

試合後コメント
勝村 法彦監督
「前半は杉上投手の高めの速球に手を出し、フライが多かったが、田中と龍田は気持ちが入ってよく打ってくれた。リリーフの柳も上級生らしい素晴らしい投球をしてくれた。」

龍田旬一郎外野手(8回表、試合を決める2点適時打)
「初回の打席から『今日はいけるな』という感じはあった。これまでチームとして苦手だった井口から打て、次につながる打撃が出来た。」

柳和馬投手(6回途中から3回3分の1を無失点被安打1と好リリーフ)
「今日は、スライダーのキレが良かった。(4年秋ということで最後のリーグになるが)強い気持ちを持って、全試合に登板するというくらいの気持ちで戦いたい」

2011_0918_153951-IMG_1095
好リリーフの柳。今後も獅子奮迅の活躍が期待される。