9月17日に関西六大学野球秋季リーグ戦第4節2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。1回戦を落としもうあとがない京産大だったが1-1の7回表攻撃中、雨が激しくなり試合中断。そのまま天気が回復されることなく、連盟規定によりノーゲームとなった。

京産大)001 000
龍谷大)000 001
天候不良によりノーゲーム

産)岩橋ー永井
龍)井口ー鈴木紳

三塁打)村上大(龍)

戦評)先発は今春の龍大戦で1死もとれず降板した左腕・岩橋(営2・京都すばる)。だが、この日は緩急がさえ、なかなか点を与えさせない。龍大先発はこれまで苦手としていた井口だったが3回、相手失策で出塁した今井(法1・福知山成美)を2塁に置き、3番杉山(済2・丸亀城西)がしぶとく三遊間を破る適時打で今井が生還。待望の先制点を奪う。好投を続けていた岩橋だったが6回先頭打者に3塁打を浴び、ピンチを迎える。1死後、3番鈴木紳から三振を奪うも、捕手がボールを止められずワイルドピッチとなり同点。しかし、その後のピンチは、岩橋が気迫の投球で切り抜ける。反撃したい7回表の攻撃中、雨が激しくなり、しばらく中断後、試合続行は不可能という判断からノーゲームとなった。

2011_0917_133228-IMG_0661
好投を見せた岩橋。