第46回全日本学生自転車競技新人戦・西日本大会が、大津びわこ競輪場で行われた。上級生が抜け、1、2年次生だけで臨んだ今大会。京産大は、4kmインディヴィデュアル・パシュートで1年次生吉岡が優勝。ポイントレースでも木村が圧倒的な強さを見せつけ、優勝した。


結果とタイムは以下の通り

200m タイムトライアル
4位 服部 昇平 12.960秒
10位 廣中 義樹 14.093秒
12位 南野 求  14.613秒
13位 山内 久史 15.534秒

1km タイムトライアル
11位 南野 求  1分23秒770
12位 廣中 義樹 1分25秒191

4km インディヴィデュアル・パシュート 予選
1位 吉岡 直哉 5分05秒834
6位 濱野 大輔 5分26秒240
9位 服部 昇平 5分35秒550

4km インディヴィデュアル・パシュート 決勝
1位 吉岡 直哉 4分58秒127

ポイントレース
1位 木村 圭佑 56pt
DNF 平野 大治

1㎞ タイムトライアル(普及大会)
13位 服部 昇平 1分17秒966
17位 濱野 大介 1分18秒593


ケイリン(普及大会)
予選 2位 服部 昇平

ポイントレース(普及大会)
3位 濱野 大介 10pt
6位 服部 昇平 4pt


4kmチーム・パシュート(普及大会)
 
京産大 2位   4分53秒530
平野 大治、濱野 大介
木村 圭佑、吉岡 直哉


平野大治主将、濱野大介選手の話
「結果がいい人と悪い人の差が大きかった。(これからオフに入るが)筋トレをしっかりして、基礎体力をつけたい」




jpgkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk





決勝のスタート直前、集中力が高まる吉岡


DSC_0082oikkk





ポイント地点へ向けて、アタックする木村(写真左)




(記事・写真 岡田賢)