5月20日に関西学生ボクシングリーグ戦が関西大学において行われた。この日ウェルター級を欠くなか(この階級は不戦敗)京産大は阪大と対戦した。
ライフトライ級の奥野が敗れ、既に二敗となり、フライ級の試合へ。主将でもある渡辺が各ラウンドでポイントを確実にとり勝利し、次につなぐ。しかし、バンダム級で敗れた京産大は後がなくなる。ライト級の川西が第1ラウンドから果敢に攻めポイントをとっていく。終始攻め続け圧勝し、首の皮一つつながる。次のライトウェルター級の川口が攻めていくも敗れ、京産大の敗北が決定し一部昇格に黄色信号。また、残りの階級も全て落としてしまった。