後期リーグ戦第三節、大体大戦が9月9日に流通科学大学大学で行われた。開幕3連勝をかけ大体大に挑んだが、ミスが目立ち1-11で敗れた。

京産大1(1-6)11大体大

◆京産大スタメン◆
1  北山
3  喜多
4  園田
6  太田
7  沼田 →(後半28分 2 宮村)
10 田中
11 藤野
14 仲
21 谷口
22 佐伯
25 吉川
26 大澤
41 満田
52 上田

◆試合経過◆ 
 この試合、勝つと目標である一部昇格に近づく京産大。前半2分、DFを崩し谷口のシュートで先制点を挙げる。
しかし、この後は大体大ペース。5分間で2得点を奪われ逆転を許す。その後も、立て続けに失点を許し、1-6で前半を折り返す。
 絶対に勝利が欲しい京産大は後半にすべてをかける。いかし後半序盤に立て続けに失点を許し大きくリードを許す。なんとしても追い付きたい京産大は、北山を中心に相手ゴールに襲い掛かる。しかし、ボールはゴールの枠をわずかにとらえることはできず、得点を挙げることはできない。試合終盤は、MF間での連携ミスが目立ち、ミスから相手チームのカウンターにあい、3失点。試合を決められる得点を与えてしまう。そして、そのまま試合は終了。結果は1-11と完敗。黒星をつけてしまい、一部昇格に黄色信号がついてしまった。
 次戦は、17日(月)に宝ヶ池で行われる。一部昇格が完全に消滅したわけではないので、気持ちを切り替えて次戦に挑んでほしい。

◆コメント◆
大澤キャプテン
「自分たちのミスから、大体大にボールを渡してしまい、そこから直接シュートにつながってしまった。相手選手の足が速いのはわかっていたけれど、自分たちのミスをしっかりなくすことが重要だった。ハーフタイムでは、攻めの姿勢を忘れないこと、一人で守らずチーム全員で守ることと(監督に)指示されました。(今日の敗因の一番の理由は)攻められて一回守りきったあと、ミスに繋がっていたことです。ここで負けてしまったので、あとの全部は勝つしかないです。まだ、2勝1敗、一部昇格の可能性はあると思うので最後までがんばりたいです。」

DSC_0029


DSC_0217