9月21日(金)、大阪市立中央体育館にて関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会の最終戦が行われた。
暫定最下位の甲南大と対戦した京産大・男子は見事勝利を収め5位。そのまま2部との入替戦に進み、残留へ望みをかけることとなった。一方、2勝2敗と暫定同順位の立命大に2-3で敗れた女子は4位でリーグを終えた。


【最終戦結果】
◆男子
京産大  3ー1 甲南大

第1シングルス  岡村優(済1)  1-2
第2シングルス  永野翔太(済4)  2-0
第1ダブルス   山田斉(済3)・中村亮太(済2)  2-0
第2ダブルス   永野翔太・岡村優  2-0

→秋季リーグ5位(2部との入替戦へ)


◆女子
京産大  2ー3 立命大

第1シングルス   竹内沙希(営4)  0-2
第2シングルス   中川穂波(営3)  2-0
第1ダブルス    竹内沙希(営4)・安居里彩(営2)  1-2
第2ダブルス    中川穂波・前里愛子(営1)  2-1
第3シングルス   大上真理恵(法3)  0-2

→秋季リーグ4位


猛攻で相手を圧倒した永野・岡村組
猛攻で相手を圧倒した永野・岡村組

ゲームを取りガッツポーズを見せる中川
ゲームを取りガッツポーズを見せる中川


【試合後コメント】
◆男子主将・山田
今日は残留を懸けた勝負となる試合だった。その中でいい試合ができたと思う。個人的には、リーグ戦で勝てていなかった自分のダブルスで勝つことができたので良かった。

◆女子主将・中川
第1シングルスから流れをつくりたかったが、勝ち切れず残念だ。春のリーグは3位だったので悔しい。10月の全日本インカレ団体戦で勝ち進めば、立命大と対戦することになるので、そこで必ずリベンジしたい。