5月25日にあじさいスタジアム北神戸で準硬式野球の関西地区二次トーナメント大会が行われ京都産業大学が神戸大学に9-2で勝ち、準決勝進出を果たした。
DSC_6942

ナインが主戦川口の好投をたたえる

序盤の攻撃陣は初回に1死満塁のチャンスを作るが後続が打ち取られ得点できず。その後も走者が出ず0が続いた。守備では主戦川口が序盤に毎回走者を出す苦しい展開となったが要所要所で三振を取り、気迫あふれる投球が光った。攻撃は4回、四球からバントで送り6番のピッチャー川口が先制のエンタイトル左中間二塁打を放った。その後もヒットが続き、この回一挙3点を挙げた。後半にかけても効果的に加点し、7回には川口がこの日2本目となるタイムリーヒットを放ち、相手を突き放した。しかし8回、突如川口が乱れ1死1塁から左中間にヒットを打たれ中継がもたつく間に1塁ランナーがホームに帰ってきた。その後もパスボールや失策が重なり計2点を返された。ただ取られたら取り返すのが京産大のすごいところ。最終回に8番深井、1番増田のタイムリーヒットで3点を挙げ、またまた突き放した。最後は2番手の東島が失策と四球で2死1.2塁のピンチを迎えるが最後の打者をライトフライに打ち取り京産大が快勝した。

今日勝ったことで全国大会の一つ下の清瀬杯には出場することが決定した。4回生も夏まで仲間とともに野球ができることになる。しかし選手たちは清瀬杯のことは頭になく全選手が全国大会に照準を合わしている。もうすでに次の試合に向けて気持ちが切り替わっていた。あと2勝すれば全国大会なのでぜひ出場してすでに全国大会に出場を決めた硬式野球部とともに全国に京都産業大学の名前を轟かしてほしい。

試合後のコメント
石川主将「今日の試合は今までできなかったことができてよかった。いつもなら先制してから追いつかれるケースが多かったが、今日は先制した後に追いつかれることなく自分たちが追加点も取れたのでそこは良かった。しかし後半の8回などに劣勢になった時に相手の雰囲気にのまれることがあったので、しっかりベンチやスタンド全員で協力して自分たちの流れに持っていきたい。」

川口投手「(8回の得点を許してしまったとき)終盤はバテてしまった。球が浮いてしまい力がなかった。一戦必勝で次の試合も勝ち全国大会に向け全力で戦っていく。」