5月31日(土)、第6回関西CUPが関西大学アイスアリーナで行われた。
DSC_0805


1-10で敗戦。力の差を見せ付けられた試合となった。

京都産業大学 1-10 関西学院大学

         1P  2P  3P  合計
 京産大    1   0   0    1
 関学大    3   2   5    10

DSC_0926


第1ピリオド、序盤から攻め込まれ、4分30秒に21番永井に先制点を奪われる。が、8分37秒に9番塚田がゴール、同点に追いつく。その後一進一退の攻防を繰り広げるが、17分24秒に19番打田、17分56秒に68番髙橋にゴールを奪われ1-3で第1ピリオドを終える。

第2ピリオドは静かな立ち上がりだったが、またも終盤、36分33秒、39分56秒に9番中野渡に連続ゴールを決められて1-5で第2ピリオド終了。

第3ピリオド、シュートは打つが点が入らずにいると、48分17秒に88番阿部に決められる。そこからは堰を切ったように失点。

6月3日からのトーナメントでは気持ちを切り替えて臨んで欲しい。

DSC_1221


松本主将

「自分達の仕事ができなく、練習してきたことが出来なかった。1-10というスコアになって悔しい。この試合のミスを修正して、自分達の仕事が出来るように練習したい。最後まで走り負けしないように頑張っていきたい。」