6月28日龍谷大学瀬田キャンパスで産龍戦が行なわれた。

前半始まって間もなく龍大に2点をとられ田中が一点を返すも、
チャンスでシュートをきめることができない。
そのまま流れを寄せることができずボール支配率も龍大に劣る。
その後3点の追加点を許してしまい、
1-5で前半を終える。

ブログ 写真


後半になり徐々に相手陣地に攻め込むことが多くなる。
すると、後半の先制点を京産大がきめる。
相手方のファウルからチャンスをつくるシーンも見られたが龍大の反撃もあり、
後半戦はシーソーゲームとなり、激しい攻防が続く。
しかし、最後まで差をつけることができず、
結果4-8で試合を終えた
DSC_0017

DSC_0249

DSC_0056

試合後、園田は「試合全体の感想としては1部リーグのチーム相手にしては、よく頑張れたと思う。去年より確実に強くなり成長していることも実感できた。それに楽しめたことが良かったと思う。今後の課題はミスをなくすことやを声かけ。それから、決めなくてはならないところでしっかりと点を取れるようになること。今日の試合も点が確実に取れないのが流れを寄せれなかった原因だと思う。今日からまた切り替えて見つけた課題を一つ一つつぶしていきたいです」と語った。
DSC_0114