8月19日、第54回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会 決勝 女子・予選ラウンドが服部緑地陸上競技場で行われた。8月11日に行われた予選を突破した久保あずさと吉田淳子の2名が出場したが、残念ながら決勝ラウンド出場とはならなかった。

11日は風が不安定に吹く中での試合となり、選手にとってはやりにくい天候となった。予選では、50mでの36本と30mでの36本の合計72本の得点のトータルスコアで競う。埴生珠美が473点110位で予選突破を逃したものの久保あずさが619点27位、吉田淳子が584点43位と昨年より良いトータルスコアで予選突破を果たした。

19日の決勝の予選ラウンドでは70mの打った合計72本の得点のトータルスコアで競う。予選ラウンドを突破できれば、この大会のベスト16、決勝ラウンドの出場が決定する。
結果は久保あずさが予選通過者とわずか7点差の585点で20位、吉田淳子が416点47位で予選ラウンド敗退となった。

久保
「風が強い場所だったので、それを考えながら打つのは難しかったなと思います。
けど、それにしてはめげずに頑張れたほうかなと。今度のフィールドも予選と決勝があるので、今回みたいにしないように予選突破して決勝も頑張りたいと思います。」

DSC_0540


吉田
「予選の長さである50m・30mばかり練習していたので、決勝の70mのほうの練習をもっとしておけば良かったなと思います。風が吹くとうまく打てないので、これからは風が吹いているときになるべく練習していこうと思います。」

DSC_0541