11月8日(土)に平成26年秋季関西地区大学準硬式野球大会1回戦・近畿大学対京都産業大学の試合がベイコム野球場で行われた。

両校チャンスがあったものの相手の好投、好プレーによってなかなか得点が取れず、無得点のまま延長戦へ。試合が動いたのは12回表、近畿大学の攻撃。1死2塁の場面で代打が左ヒットを打ち、その間にランナーがホームに。タッチアウトと思われたが判定はセーフ。これが決勝点となり京産大は1回戦敗退となった。

近畿 000 000 000 001=1
京産 000 000 000 000=0


スターティングメンバー

1 5 今竹
2 4 黒川
3 9 亀岡
4 7 岡田
5 2 山浦
6 3 山谷
7 8 小川
8 6 杉山
9 1 藤本直



試合は1回表、いきなり近畿大学の攻撃で3番打者に三塁打を放たれピンチを迎える。しかし、1年生投手の藤本直哉が4番打者を三振で抑え試合の流れを相手に掴ませなかった。

DSC_6927


そのまま両校一歩も譲らず無得点のまま迎えた7回裏、京産大にチャンスが訪れる。
4,5番の連続ヒットにより2死1・3塁となり一打出れば一気に勝利に近づく。しかし、三振してしまい惜しくも得点とはならなかった。そして次の近畿大学の攻撃、2死2塁で4番を迎えた。緊張感が漂う場面、藤本が投げた球は中ヒットに。得点を取られてしまうかと思われたが、センター小川の好送球により帰還を許さない。お互い相手に得点を与えず勝敗が全く分からない見応えのある試合が行われていた。

DSC_7280


その後も試合は動かず両校無得点のまま延長戦に突入する。
試合が動いたのは12回表、先頭打者の打球をサードがエラーしてしまう。
次の打者がバントし1死2塁となり、近畿大学は代打を投入する。
代打の竹村は左ヒットを放ち1・3塁となると思われた。しかしランナーは3塁を蹴ってホームへ。近畿大学側の学生でさえ暴走だと思い、誰もがアウトになると思っただろう。しかし、判定はセーフ。ランナーにタッチ出来ていなかったのだ。この1点は大きく試合を動かした。


DSC_7482


この回、これまで好投を続けてきた藤本直也から藤本悠太に交代。四球を出してしまうが、無失点でその後を抑える。12回裏、この回点を取らないと負けてしまうというプレシャーの中、先頭打者が出塁、相手の1塁への送球が暴投となり無死2塁。次の打者が送りバント失敗。3番が左ヒットで1・3塁、同点のチャンスを迎えた。4番が右フライで2死1・3塁、この場面で回ってきた5番、山浦衛主将。落ち着いてボールを見極め打った第3球、打球は高く上がり右フライ。ここで試合終了。1-0で惜しくも1回戦敗退となった。

DSC_7491



主将 山浦 衛

「全員がミスも無く良いプレーばっかり出て、新チーム始まって以来、多分1番良い試合でした。延長戦までやって結局勝てなかったのはやっぱり3年生がチャンスつぶしてしまったりしてしまったせいかなと思います。でも練習本気でやっている奴らが打てなかったので、全員悔いは無く、来年に向けて頑張ろうと思います。秋はこの大会で終わりなので、今回の悔しさをバネに春の大会で勝ち進んで全国に行きたいです。」


藤本直也 投手

「最初のほうはあまり良くなかったですが、先輩の負けられない試合なので、やっぱり自分も全力を尽くさないといけないなと投げました。負けてしまいましたが、その気持ちが良いピッチングにつながったと思います。最後1球自分のミスで打たれてしまったので、その球を無くしていこうと思います。目標はまずリーグ優勝をしてから全国大会に出られるように、今度は自分が引っ張れるようなピッチングをしていきたいです。」