8月8日に横大路運動公園でソフトボール部の西日本大学ソフトボール選手権大会が行われた。1回戦に高知工科大と対戦した。主将埒見の先制打で流れに乗り3回に3点を奪う。投げては、エース松岡が相手打線を無失点に抑え、4-0で完封勝利。2回戦に駒を進めた。

DSC_0373


大体大 000 000 0|0
京産大 003 100 0|4

スターティングメンバー
1センター 藤野
2セカンンド 山田
3ショート 埒見 
4キャッチャー 杉本
5DH 松尾
6ファースト 小谷
7サード 松本
8ピッチャー 松岡
9レフト 竹崎
FP 谷

DSC_0891




【試合展開】
2回表、先発松岡が先頭打者に四球を与え、次の打者に送りバントを決められる。この試合で始めてピンチを招く。このピンチを救ったのは、センター藤野。1死2塁、この状況で、センター前に落ちるヒットを許すも、センターの藤野が持ち前の強肩でホームに向かうランナーをアウトにする。他にも、セカンド山田やショート埒見の良いプレーで守備から流れを作る。
3回裏、今度は京産大が1死から藤野が死球で出塁。2死2塁の好機で3番の埒見が打席に立つ。「流れを引き寄せたかった」と先制打を放ち、先制点を奪う。主将の一打で流れを引き寄せた京産大。つづく4番杉本、5番松尾の連続タイムリーで2点追加する。
4回にも、9番竹崎のランニングホームランで勢いに乗り、点差を4点に広げる。
4点の援護をもらった松岡は「コースに投げ分けることができた」と7回を無失点に抑え完封勝利。
京産大は難なく2回戦に駒を進めた。

【試合後コメント】
埒見主将「1回戦ということで、1回生が緊張している中、いつも通りチームの雰囲気を盛り上げ、楽しくプレーすることを意識した。(先制打について)主将として、なんとしてでも流れを引き寄せるようバッティングをしたかった。(ズバリ勝因は?)守備でよいプレーがたくさん出て、リズムを作れたこと。(2回戦に向け)いつも通り自分たちのプレーをすれば勝てるので悔いのないプレーをしたい」
DSC_0534


松岡投手「調子は良くなかったが、コントロール重視でコースに投げ分けることができた。(猛暑の影響は?)6回くらいからバテテきたが、踏ん張れた」
DSC_0736


杉本選手「(タイムリーについて)埒見さんが打ってくれたので楽に打てた。前の打席でもタイミングがあっていたので自信はあった。(リード面)松岡のドロップは打てないことがわかっていたのでドロップを有効的に使った」
DSC_0340


ランニングホームランを打った竹崎
DSC_0712


先制のホームインを果たした藤野が松岡とハイタッチ
DSC_0570