4月24日(日)に平成28年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦の3回戦対同志社大戦が関西福祉化学体育館で行われた。

 今回も勝ち星を挙げることは出来なかった。昨年秋季リーグ4位の同志社大と前回対戦した秋季では同点。今回こそは勝ちたいところだったが、力が及ばなかった。
 前半開始直後に伊藤大輔がいきなり得点を奪うと前半2分までに3得点を獲得。GKの松下和徳のセーブもありチームは勢いに乗ると思われた。同志社大に3点を返されて同点になると、試合の流れを相手に持っていかれる。前半11分に相手に逆転を許すとその後は追う展開に。その点差は中々縮まらない。リードされた焦りからかミスが増え、そのスキを相手につかれるということが続く。前半終了時に5点差を付けられた。
IMGP0024

IMGP0040

 後半戦も流れを変えることは出来ない。後半3分に橋本大規がレッドカードで退場するとそこから一気に4点を奪われる。シュートを狙いに行くも相手の堅いディフェンスに阻まれてしまう。前回の関大戦同様に後半20分から懸命に追い上げを見せるが及ばず、22-30で黒星。
IMGP0110

IMGP0154

IMGP0158

 初戦の関学、2回戦の関大、そして今回の同志社大は秋季リーグの2位、1位、4位と実力のあるチーム。格上相手にリーグ3連敗を喫した。次戦は秋季リーグ3位の大阪体育大学。力のあるチームだが、負けるわけにはいかない。

スコア 京産大 同志社大
前半  10   15  
後半  12   15
計   22   30
   
井上監督
「前半の3点連続選手は偶然。狙って出来るものではない。練習の質が大事だと思う。今回の試合は7点差で済んだな、という感じ。もっと点差を広げられると覚悟していた。昨年の秋では同点で今回は負け。彼らは成長しているが、ウチは成長していない。状況が変わったときに次にどう判断すればいいのかという能力が選手たちには欠けている。目標に向けてアプローチしていかないと結果は出せない。それを達成するためには量だけでなくて質が求められてくる。」

市山貴大選手
「ウチは1対1よりロングからのシュートが得意なチームだと思っている。しかし、同志社のディフェンスの感じからしてロングは厳しいと思った。だから、ゴール前で相手をかわしてシュートを打とうと話し合ったが、うまくいかなかった。ミスが多いから最初は競ることができても後々離されてしまう。そこから流れを変えることが出来ずに試合が終わってしまった。前半に3点取って今回はいけると思ったが甘くはなかった。同点にされて離されたところで何とか追いつきたかったが、こっちが逃げのプレーに走ってしまったからどんどん点差が離れていった。ミスが少ないチームが勝てると思っている。自分たちは他のチームよりもミスが圧倒的に多い気がする。関学戦ではいい手ごたえが掴めていたが、関大、同志社大では後半Bチームを出されてしまった。舐められている証。次戦の大体大ではこのようなことにならないように、相手を脅かせるプレーをしたい」