4月29日~5月8日に近畿大学記念会館他で行われた関西学生春季卓球リーグ戦。

1部上位を狙う京産大だったが、5月6日までの時点で全敗と苦しい状況で、残りの2戦に臨む。

《5月7日》
この日は立命大戦。
ここを勝たなければ最低でも入替戦に回らなければならない。
何としても勝ちたいこの一戦のオーダーは以下の通り。

T 大平
2 藤原
3 桐村
W 桐村 加藤
5 加藤
6 東山
L 藤本

この試合のトップを任されたのは3年次生の大平。
「勝ち負けを気にせずチームを盛り上げるようなプレイを心がけた」と試合後に語った大平は第1セットを11-9で先取すると、続く第2セットも12-10で競り勝った。
波に乗る大平は第3セットを落としたものの第4セットも12-10で制し、貴重な1ゲーム目を先取した。
DSC_5661
チームに流れをもたらした大平


流れに乗りたいカットマンの2番手藤原は、序盤に奪われたリードを持ち前の粘り強さで徐々に差を詰める。
試合はデュースへ突入し、あと1歩届かず13-15で相手に軍配が上がった。
巻き返したい藤原だったが、その後のセットも相手にリードを守りきられセットカウント0-3で敗れた。
DSC_5804
粘りの卓球を見せる藤原


1勝1敗の場面に回って来たのは4年次生の桐村。
第1セット序盤に連続失点を許しそのまま第1セットを取られると、勢いを止めきれずそのまま第2セットも連取される。後が無くなった桐村は第3セット、6連続得点を含める猛攻を見せ11-5で1セットを取り返す。
この流れで第4セットも連取したい桐村は中盤まで同点で折り返したが、後半差を広げられ6-11で敗れた。
DSC_5915
果敢に攻める桐村


ゲームカウント1勝2敗と厳しい場面に、4年次生で主将の加藤と桐村ペアが出番を迎えた。
第1セットは逆転に次ぐ逆転でデュースに突入。11-11から2本連続でポイントを奪い13-11で第1セットを制した。
続く第2セットは中盤に徐々に差を広げられ、あと1点まで詰め寄るも8-11で敗れた。
その勢いを止めきれず第3セットも奪われ逆転を許すと、第4セットも終盤に逆転を許し10-12で敗れた。
DSC_5944


ここまで出ゲームカウント1-3と、勝利のためには1敗も許されなくなった。
ここからは2台進行となり5番手の主将加藤と6番手の東山が同時に試合を行った。

先に決着がついたのは6番手の東山だった。
第1セットを取るとすぐさま第2セットを取り返される。そして第3セットも連続失点のあとに連続得点と、まさにシーソーゲームとなったこのセットを9-11で制され、窮地に立たされる。
後がない東山は第4セットリードを奪われた後半で6連続得点をあげ、11-9で先ほどのセットの借りを返す。
勝負の第5セットはこのゲームでもっとっも接戦となった。試合はデュースに突入し、最後に2連続でポイントを奪ったのは東山だった。このゲームに勝利した東山は隣の加藤の結果を待つ。
DSC_6176
激戦を制した東山

一方で、5番手加藤も激戦を演じていた。
第1セットを9-11で制すと、その勢いで第2セットも13-11で連取し、このゲームに王手をかける。
しかし第3セットを7-11で落とすと、勢いを止めきれず続く第4セットも立て続けに奪われる。
最終セットも得意の攻めのスタイルを貫く加藤だったが7-11で破れ、この試合の敗北が決定づいた。
DSC_6120
力強いドライブを放つ加藤

一つでも多く勝セット数を稼ぎたい京産大。ラストはカットマンの藤本に託した。
第1セットを落とすと、すぐさま第2セットを12-10で取り返す。
試合は一進一退の攻防を繰り返す。第3セットを5-11で取られると第4セットは11-5で取り、最終セットに突入した。
第5セットも接戦となるが、あと1歩及ばず8-11で敗れた。
DSC_6307
惜しくも敗れた藤本

結果的に2-5で立命大に敗れた京産大は、負ければ2部に即降格となる翌日の芦屋大戦を残すのみとなった。
試合後に主将加藤は「後輩達が勝ってくれたのに、4回生である自分達が負けてしまったのが負けにつながった。明日は自分達が後輩を引っ張って行く」とこの試合を省みると共に、翌日への意気込みを語った。


《5月8日》
2部降格か入替戦か、運命の最終戦。
相手の芦屋大もここまで全敗で、負けたチームが2部降格となる。
絶対に負けられないこの試合のオーダーは以下の通り。

T 桐村
2 大平
3 藤原
W 桐村 加藤
5 東山
6 加藤
L  藤本

トップを任された桐村は第1セットから7連続得点で一気に差をつけ11-5で勝利する。
第2セットを落としセット数1-1で迎えた第3セットでは再び11-5で勝利。そのまま第4セットも11-4で取り、重要な第1ゲームを先取した。
DSC_6954


2番手は昨日勝利した大平。
カットマンの相手に第1セット先取を許す。
続く第2・第3セットは連続得点などで11-8と11-9で連取し、勝利まであと1セットとする。
しかしここからミスなどで巻き返され第4セットを取られると、第5セットのマッチポイントも奪われゲームカウント1-1のイーブンに戻された。
DSC_7030



流れを取り戻したい京産大の3番手はカットマンの藤原。
第1セット中盤に連続失点で第1セットを落とすと、続く第2セットも取られセット数0-2とされる。
第3セットに巻き返しを図る藤原はカットで相手を崩し第4セットを11-7で取るも、第4セットを奪えずセットカウント1-3で敗れた。
DSC_7102



ここまでゲームカウント1-2。何としても勝ちたいこの場面でダブルスの桐村・加藤ペアが流れを変える。
第1セットからデュースに突入したこのセットを13-11で奪うと、続く第2セットも11-9で相手を振り切る。
ストレートで決めたい桐村・加藤ペアは第3セットも攻め続け、11-3で勝利した。
DSC_7142



ゲームカウント2-2で迎えたこの場面、5番手東山と6番手加藤の試合が同時に行われた。

6番手加藤は全てのセットが2点差以内で決着がつくという接戦となった。
第1セットはデュースに入り先にマッチポイントを握られるが、ここ1番で3連続ポイントを上げ13-11で先取。
勝負どころは第2セットでも訪れ10-10のデュースとされるが、ここでも2連続ポイントを奪いこのセットを制す。
最終セットとなった第3セットでも10-9まで詰めよられるが最後はキッチリと決め、この試合を制した。
DSC_7228



加藤の試合が終了した一方で、5番手東山が第4セットに王手をかけていた。
第1セットを12-10で取ると、第2セットは6-11で取り返されセットカウントは1-1となる。
第3セットは競り合いとなった、7-8の場面から東山が4連続得点で11-8でこのセットを取る。
最後は東山の攻撃パターンが見事にはまり11-2で圧勝。セットカウント3-1となり、京産大の勝利が確定した。
DSC_7219



ラストのカットマン藤本も第1セットを11-7で先取するが、残りのセットを全て8-11で落としこのゲームに敗れた。
しかしゲームカウント4-3で芦屋大に勝利し、1部残留をかけた入替戦に臨む。


試合後、流れを決める1勝目を上げた桐村は「自分の持ち味がいい感じで出た。試合前は自信がなかったけど、良いコースにボールが決まってくれた」と語った。


そして、試合を決めた東山は「最初は緊張していたが、試合が進むにつれ次第に普段どおりに戻ることが出来た。いつもの自分のパターンが決まったので最後は調子よく勝てた。次は2部の関西大学だが、2部だといって油断はしない」と、1部残留に意欲を示した。


主将加藤は「次は2部の中でも強い関大だが、チームメイトは皆1部で活躍できる実力を持っているので、入替戦に勝って来季も1部で迎える」と力強く語った。



5月14日に行われた関西大学との入替戦は、4-2で無事京産大が勝利し1部残留となった。