9月25日、2016関西学生ハンドボール秋季リーグ対甲南大が京産大体育館で行われた。

 春季リーグでは屈辱の全敗で2部降格を味わった。秋季リーグではスタメンをガラッと変え、3年生以下で試合に臨んだ。
 試合開始早々に甲南大に先制を許したが、すぐさま取り返す。点の取り合いになったが、前半7分に角田が点差を引き離しにかかると前半11分に橋本のシュートで3点差を点けた。しかし、その後は徐々に得点を積み重ねることが出来なくなり、前半終了時には13-13の同点となった。後半開始後に京産大が先制をするもすぐさま追いつかれる。決定機は後半19分に市山が2連続で得点を挙げ、2点差に広げた。そこから勢いに乗った京産大は着実に点を積み上げて29―24で今年初勝利を挙げた。試合後、井上監督は「どういうプレーを自分たちがやりたいかを頭の中に入れておくことが大事」。北尾コーチは「序盤で力の差を見せつけなければいけない試合だった。思い切りのよさがなく、中途半端なプレーが目立つ」と課題を指摘した。課題はあるが3年生以下のチームだけに伸びしろはまだまだあるだろう。「勝てたことはよかったが、このままでは入れ替え戦で戦えない。ミスを失くして1部に復帰したい」。秋季よりチームを引っ張る石川は力強く語った。

IMGP0068

IMGP0012

IMGP0087

IMGP0115

IMGP0120

IMGP0124

IMGP0118