1月22日(日)、京都産業大学ラグビー部の卒部式が開催された。昨年末、関西Aリーグ3位で大学選手権に出場し、明治大撃破を成し遂げた『眞野組』23人が拍手喝采の中で登場。

DSC06269


DSC06217

〈ステージに上がる卒部生〉

冒頭、岑部長の挨拶では「君たちは本当によくやってくれた。次の夢は叶えるためにある」と激励。

DSC06218

〈岑部長の激励〉

DSC06233

〈OB会長、加藤さんの挨拶〉

DSC06243

〈京都のベテラン記者、本学OB宮部記者による乾杯の挨拶〉

終盤には大西監督が卒部生23人に一言ずつコメント。笑いあり、涙ありの時間を過ごした。

DSC06267

〈大西監督が卒部生にエールを送る〉

新主将が発表された。中川将弥(御所実)に決定。
就任の意気込みでは「先輩方の想いも背負って戦う」と熱い宣誓。
にこやかに眞野前主将が拍手を送るシーンが目立った。

DSC06238

〈中川新主将が抱負を語る〉

会場ホールに集まった関係者約150人が全員で部歌を口ずさみ、今季へエール。
最後には花道を作りあげ、卒部生を次のステージまで送り届けた。

DSC06248

〈司会を務めた、酒井康介(紫野)〉

ここからは、新しいシーズンの幕開け。『中川組』の活躍にも大いに期待したい。

昨年末は花園球技場を5000人で埋め尽くしていただき、ありがとうございました。
赤紺フラッグの数、声量の大きさ。全てが、選手の背中を押していたと思います。

今季も『中川組』へ、温かい声援よろしくお願いします!