4月2日関西六大学野球春季リーグ戦第1節2回戦 大阪経済大学戦が南港中央公園野球場で行われた。試合は同点のまま延長戦へ。延長10回表に勝ち越され、まさかの開幕2連敗で勝ち点を落とした。
DSC_4789


大経大 0 4 0 0 0 0 0 0 0 1 = 5
京産大 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 = 4

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西川
5.左翼手 中北
6.三塁手 西元
7.指名打者 田井中
8.捕手 横山
9.遊撃手 森
先発投手 川辺

【試合展開】
 昨日の勢いそのままに大経大打線が襲い掛かる。2回先発の川辺がヒットと四球で一死満塁とされると、次打者にタイムリースリーベースヒットを浴び3点を先制される。さらにこの回1点を追加され序盤で4点のビハインドとなる。川辺は3回表にも無死満塁のピンチを背負うが、勝村監督のアドバイスもあり、なんとか無失点で切り抜ける。
 京産大の反撃は4回裏。無死満塁のチャンスで8番捕手の横山がライトへ2点タイムリーヒットを放つ。さらにこの試合、初スタメンの9番森がセーフティースクイズを決め1点差に詰め寄る。続く1番杉野のセンターへ犠飛で同点に追いつく。
DSC_4742

DSC_4307

 その後、試合は両者一歩も譲らず、延長戦へ。延長10回表二死1,2塁から守備のミスが出て1点を勝ち越される。京産大は10回裏二死から3番岡村がヒットで出塁し、反撃を試みるもあと一歩及ばず、惜敗を喫した。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「守備に関しては最初から準備不足のところがあった。三塁手の西元もサードをはじめてからまだ日が浅い。攻めることはできない。森(遊撃手)も西元(三塁手)も打つ方はしっかりやってくれた。(2回に)4点を先制されてもベンチは声が出ていてだれも諦めていなかった。先発の川辺もいいボールを投げていた。3回満塁の場面ではしっかり立って投げるように伝えた。今日の落としたことはしっかり受け止めて、次戦まで時間は短いが立て直していきたい。」
DSC_4443


佐野主将
「ベンチの雰囲気は悪くなかった。(攻撃)いい形には持っていけていたが、チャンスで1本が出ず、1点が遠かった試合。
(守備)オープン戦での負けた試合がリーグ戦に出てきていた。レギュラーが定着していないのも要因。守備が乱れ、点を与えてしまうのはチームの弱さ。
今日はアップから100%以上の準備ができていたのでよかった。
今節のミスを次節までに修正し、切り替える。次はミスが出ないように取り組んでいく。」

川辺投手
「先制されないようにと思っていたが、先制点を与えてしまった。それでも0で抑えようと考えていた。冬場から低めに強く投げることを意識してやってきたが、まだまだ。いいボールが行くときもあるが、少し浮くと今日のように打たれてしまう。優勝の可能性がなくなったわけではない。一つも落とせないのでみんなでまとまってやっていきたい。」
DSC_4106


この試合4安打を放った岡村選手
DSC_4592

DSC_4989


宮所投手
DSC_4688


西元選手
DSC_4072



次戦は4月8、9日 第2節 神戸学院戦が明石トーカロ球場で行われます。