4月9日関西六大学野球春季リーグ戦第2節 神戸学院大学2回戦が明石トーカロ球場で行われた。京産大は初回に1点を先制され、昨日に続き追いかける展開。しかし直後の1回裏に6点を取って逆転すると、その後も順調に得点を重ねる。終わってみれば9-2で快勝。ようやく今春、初勝利を手にした。
DSC_6015


神院大 1 0 0  0 0 0  1 0 0 | 2
京産大 6 0 0  2 0 1  0 0 × | 9

スターティングメンバー
1.中堅手 杉野
2.二塁手 川上
3.右翼手 岡村
4.一塁手 西元
5.左翼手 中北
6.三塁手 笹原
7.指名打者 田井中
8.遊撃手 森→高瀬
9.捕手 横山
先発投手 川辺→島西→熊山

【試合展開】
 京産大、先発の川辺は初回にいきなり1点を奪われ4試合連続で追いかける展開となる。しかし今日の京産大は違った。直後の1回裏に二死1,2塁から5番中北、6番笹原の連続タイムリーヒットで3点を奪い一気に逆転する。その後、満塁となり押し出しで1点。打順が1番に返って杉野にも2点適時打が飛びだし、この回一挙に6点を奪った。
DSC_5660

4回裏には二死2塁から4番西元、5番中北が連続タイムリーを放って、相手を突き放した。6回にも1点を奪った京産大は9得点で今春初勝利を収めた。
先発の川辺も2回以降は粘りピッチングを見せ7回途中2失点と試合を作った。

【試合後コメント】
勝村法彦監督
「川辺は調子自体あまり良くなかったが、緩急をつけてよく6回まで行ってくれた。初回に先制されて、裏の攻撃でも送りバントが決まらず少し嫌な雰囲気だったが、みんなで何とかつないだ。あの場面、笹原が打ったのは大きかった。笹原は思い切りのいい選手で、投手が左投げ右投げ関係なく打つことができる。杉野も少しずつ調子が上がってきている。ここからが勝負だと思う。」
DSC_6022


佐野裕明主将
「勝ち点をとったわけではないが、やっと勝つことができて、気持ち的に少しは楽になった部分がある。クリーンナップの打つべき人が打ったのはで得点力が上がった。テーマであった先制点がまだ取れていない。オープン戦から追いかける展開が多い。これは今後の課題であり無くして行きたい。後半以降は中押し点、だめ押し点を取ることができた。しかし8回の攻撃で、2,3,4と好打順だったにもかかわらず打撃が淡白になってしまったのは反省すべきところ。明日も勝ってなんとか勝ち点が欲しい。」

川辺凛投手
「初回、調子悪かったが、1点に抑えることができた。監督さんのアドバイスの後は変化球をうまく使い、フライを打たせ取るピッチングができた。横山ともコミュニケーションを取り、うまく組み立てられた。味方の6点の援護は心強かった。
悪いなりにいいピッチングができて、ピッチングの幅が広がった。」
DSC_5907


杉野翔梧選手
「打席に立つ時は、1打席を大切にいつも心がけている。1節は調子が良くなく、良くないなりに割り切るようにしていた。
調子が戻ったのは、いつも野球ノートをつけていて、それを1から見直したこと。また、試合のビデオも見直し、反省している。素振りもしている。
打ちにいく時、体が浮いていると注意されたので、そこに気をつけてバッティングに取り組んでいる。
明日勝ち、勝ち点を取りに行く。」
DSC_5556


西元正輝選手
「(今日は4番に入った)打順に関係なく自分のバッティングをするだけだった。チャンスで打ててよかった。センターを中心に強く叩くことを意識している。昨年まで捕手で今年からサードやファーストに挑戦している。低く動くことはサードもファーストも同じ、とにかく前に止めればアウトにできる。まだ勝ち点がないので明日、勝てるように準備して行きたい。」
DSC_5977


笹原大虎選手
「今日もファーストスイングからフルスイングすることを意識していた。初回、打ったのはインコースのストレートだと思う。手ごたえも良かった。初回に先制されて悪いムードだったが、すぐに取り返せたのが良かった。1回生らしく思い切ったプレーをしたい。第2,3打席は消極的な打撃になってしまった。明日までに修正したい。」
DSC_6008


島西投手
DSC_6033


熊山投手
DSC_6114



次戦は4月10日(月)に第3節・神戸学院大学3回戦が明石トーカロ球場で行われます。
DSC_6123