5月13日に第95回関西学生サッカーリーグ前期第6節関西学院大学戦がJグリーン堺で行われた。ディフェンス陣が踏ん張りリーグ上位の関学大を最少失点に抑えるが、最後までゴールネットを揺らすことができず惜敗を喫した。
DSC_0111


スタメン
GK射庭
DF守安、谷川、橋本侑、木原
MF竹之下、立石、園部、守屋
FW久保、高橋

サブ
GK寺地
DF湯田
MF田中、大原、橋本和
FW堤原、ベハラノ

選手交代
後半23分 MF園部→MF橋本和
後半29分 FW高橋圭→FW堤原
後半36分 MF竹之下→FWベハラノ
DSC_0058
DSC_0063


関学大 1 0 = 1
京産大 0 0 = 0
前半38分 関学大

いまだ勝利のない京産大は今季初勝利、勝ち点3獲得を目指して関学大戦に臨んだ。前半はリーグ4位の関学大に攻め込まれることが多い展開。しかしディフェンス陣がふんばる。それでも前半38分にサイドから崩され失点を許す。京産大もFW久保を中心にゴールに迫るが得点することができず0-1で前半を終える。
後半に入ると試合は京産大が関学ゴールへ襲い掛かる。後半38分にはDF橋本からパスを受けたFW久保がシュートを放つが惜しくもゴールの外。後半に入ってFW陣を増やし得点を奪おうとするが最後まで得点することができなかった。
DSC_0300


【試合後コメント】
古井 裕之
「京産大なりにチャンスの時に決めきれていれば流れに乗っていける。なかなか得点を奪えなかった。守備に関しては我慢できている。今日も1点を取られたが、サッカーでは最小失点。ボールを持っていないときのポジショニングを90分間選手には頭を使って考えてほしい。一つ勝って勝ち点3をとれれば波に乗っていけると思う。ここまではリーグ上位との試合ばかりだった。次は京都ダービーとなる立命館、選手権大会で負けているのでリベンジのつもりでも全員の力で勝ち点3をもぎ取る。」
DSC_0165 (2)



DSC_0302
DSC_0305
DSC_0092


DSC_0003