5月20日に2017年関西学生ハンドボール春季リーグ戦1部2部入替戦対桃山大戦が桃山大体育館で行われた。

DSC_0008


スタメン
 キーパー 松下和徳(3年)
 ポスト  伊藤大輔(3年)
 センター 角田皓亮(3年)
 右45  近藤大樹(3年)
 左45  市山貴大(4年)
 右サイド 橋本大規(2年)
 左サイド 石川幸樹(4年)


 勝てば昨年春以来2季ぶりの1部復帰が決まる大一番。絶対に負けられない試合だった。試合開始後に2失点を許すが、4連取で4-2とリードを奪う。相手に再び3連取されて4-5とされるとその後は、点差を詰めることが出来ず1点を追いかける展開になり、前半を15-16で終えた。1点差ならまだ終える範囲。後半に逆転を望んだが、守備が機能せず、ミスを多発。一時は5点差まで広がってしまい、試合終了時には28-31と30点台の大量失点。今季、「守備」を武器にリーグ戦で全勝を手にしたチームにとっては惨敗とも言える結果だった。
 2部では勝てても勝負所になると、相手のペースに飲まれてしまう。今回の試合はそのようなチームとしての未熟さが垣間見えた。秋季リーグではなんとしても1部復帰を。その前に行われる西日本インカレで復活の糸口をつかみたい。
DSC_0016

DSC_0028
DSC_0034
DSC_0046
DSC_0103
DSC_0153