9月6日、清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会2回戦対東北学院大戦、準決勝対明治大戦が大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲ベースボールスタジアム)で行われた。京産大は2回戦で東北学院大から完封勝利を収める。しかし、準決勝で明治大に完封されて4年生最後の大会をベスト4で終えた。 

_DSC0430


<2回戦>
京産大   402 000 000=6
東北学院大 000 000 000=0

2回戦スタメン
1.8高野
2.6中林
3.5西村
4.7本田
5.3上村
6.9田中
7.DH山田
8.2土井
9.4井上
先発投手.飯田

【試合展開】
 1回戦と打って変わり1回表から打線が爆発した。高野がヒットで出塁すると、中林がバントでつなぎ一死二塁。西村が四球を選ぶと本田のヒットで一死満塁になる。続く上村、田中、山田が三者連続ヒットで4人のランナーを返してリードを獲得した。3回表には一死一、二塁の場面から山田の左越え二塁適時打で6-0にリードを広げた。この試合で13本のヒットが生まれた。投げては飯田がリードをしっかり守り切り、被安打4に抑える活躍を見せて完封勝利を飾った。





<準決勝>
明治大 101 011 100=5
京産大 000 000 000=0

準決勝スタメン
1.8高野
2.6中林
3.5西村
4.7本田
5.3上村
6.9田中
7.DH山田
8.2土井
9.4井上
先発投手.藤本

【試合展開】
 9回表二死1,2塁のピンチ。マウンドに立つのは4年生エース藤本だった。4年間マウンドを守ってきた絶対的エースが最後の力を振り絞る。「(前日に完投した)疲れが残っていた」といいながらもスリーボールから力のこもった球を投げ込み三振を奪った。

 京産大は初回にいきなり1点を先制されると、その後も3,5,6,7回に1点ずつを取られてしまう。しかしいずれの回も先発のエース藤本が1点に抑え打線の援護を待つ。なんとか反撃したい京産大だったが、9安打を放ちながらもあと1本がでず最後までホームベースを踏むことができなかった。
 



【試合後コメント】
今大会、大車輪の活躍を見せた主将山田
「悔しさはあまりない。ここまで野球ができてよかった。高校野球を引退した時とは全く違う。主将として自分が中心のチームだった。みんなをまとめるのは大変だったが、やるときはやってくれる。(4年生とは)色々あったがありがとうと言いたい。自分たちが抜けて不安になることが多いが、いい選手が揃っているので頑張って欲しい。」

2回戦で完封勝利を収めた飯田
「昨晩ごはんの時に先発投手を言われた。(準々決勝)4年生最後の試合にしてはいけないと思って投げた。嬉しいというより、ほっとしてました。藤本さんは頼れる先輩で、お手本となる選手。先輩から見習うことも多かったので、それをいかせるようにしていきたい。またリーグ戦に戻るので清瀬杯での経験を生かしていきたい。」

2回戦で3安打の活躍を見せた本田
「去年の秋まで4番を任されていたけど、春リーグは就職活動などで練習に行けなかったため4番ではなかった。夏に練習を積んで4番を任されるようになった。1年生の時から使ってもらってキャプテンや監督に感謝している。1回戦で結果が出なかったので2回戦では体を張る気持ちで結果を残そうと思った。自分は先輩や同期、後輩に一番迷惑をかけてきた。今回結果で感謝の気持ちを表せたと思う。後輩たちにはチームワークを良くして自分たちよりいい成績を残してほしい」

1回戦と準決勝で完投した藤本
「(準決勝は)昨日の疲労が残っていた。2回戦で後輩たちが頑張ってくれてからエースとして後輩の期待に応えようとおもった。優勝が目標だったから達成できなくて残念だけど、京産らしい楽しい野球が出来て満足している。ずっと投げさせてもらって先輩、同期、後輩に感謝している。4年生が抜けるので後輩たちにはのびのびとやってもらいたい。そして、全日本で優勝してほしい。」

山田
主将としてチームを引っ張った山田

本田
本田は4番らしく打撃でチームに貢献した

飯田
飯田が2回戦で完封

藤本
仲間たちに迎えられる藤本

土井
投手陣をリードした土井

井上
好プレーを連発した井上