9 月23日関西大学バレーボール連盟女子1部秋季リーグ戦第4節、神戸親和女子大学戦が千里金蘭大学で行われセットカウント1-3で敗戦した。この結果、下位リーグに進むことが決まった。

京産大 1-3 神戸親和女子大

第1セット 25-21
第2セット 17-25
第3セット 16-25
第4セット 22-25

【試合経過】
 第1セット、序盤からリードを奪い試合を優位に進める。しかし、終盤の連続ポイントで20-19と1点差迫られる。京産大は、すかさずタイムアウトをとり相手の流れを止める。そのことが功を奏し、25-21で第1セットを取った。
 第2セット、第1セットとは一転し追う展開となる。そのまま見せ場を作ることが出来ず、17-25で第2セットを取られる。
 第3セット、相手のサーブミスで先取点を取るも相手の連続ポイントで大きく離され、16-25で第3セットを取られる。
 第4セット、佐野史奈(営・3)が明らかなコート外でボールに触れるなど不注意なミスが相次ぐ。さらに、サービスエース成功数が前試合までで7回と1部リーグ最下位であることも響き、決めきれずに22-25で第4セットも落とし敗戦。下位リーグに進むことが決まった。

S_6742571592979
Image_a838af8
Image_74d0782
Image_62e3ddd


 第5節の武庫川女子大学戦も敗れ、1勝もできずBブロック最下位が決まった。