9月23日関西六大学野球秋季リーグ第4節・龍谷大1回戦がわかさスタジアム京都で行われた。京産大は投打がかみ合い勝利を納めた。
_DSC0071


002 021 000 = 5
001 000 000 = 1

1(左)杉野
2(二)川上
3(中)田井中
4(一)西元
5(三)笹原
6(捕)横山
7(右)岡村
8(D)小薗
  HD中北
9(遊)森
先発投手 湯川

【試合展開】
 先制したのは京産大だった。3回一死1塁から1番杉野が振り抜いた打球は「打った瞬間わかりました」。ライトスタンドへのホームランで先制した。その後5回には相手のミスから2点奪う。さらに6回二死から代打中北がヒットで出塁する。続く9番森は10球以上粘って四球を勝ち取り、ホームランを放っている杉野に回した。「逆方向を意識していた」という杉野はレフトへ適時打を放って追加点を挙げた。
 先発した湯川は9回を投げ1失点で完投勝利を収めた。
DSC_1494
DSC_1464


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「(湯川は)ブルペンではそんなに良くはなかったが粘りが出ていた。9回にマウンドに行った時もしっかりしていた。杉野は前節あたりから本来打ち方になってきた。6回は9番の森が本当によく粘って杉野につないでくれた。森の選んだ四球が非常に大きかった。後がないので一戦一戦しっかりやっていきたい。」

横山裕也捕手
「湯川はそんなに良くなかったがそのようなときに対応できるように練習している。ストレートも力がこもっているので簡単には打たれないと思う。負けられない戦いが続くのであとのことは考えず一戦必勝でいきたい。」
_DSC0156


湯川翔太投手
「最初はストレートが走っておらず不安だったが、HR打たれた後は変化球でかわすことができた。
制球が定まっていない中でも、中盤から後半にかけて修正できたのはよかった。
9回ランナーを出してしまったが、気持ちを切らさずに切り替えができた。
チームの勝ちに貢献するだけ、引っ張っていく。」
DSC_1434


杉野翔梧投手
「(ホームランを打った打席は)相手投手のストレートがシュート気味でコースは甘いのに初回は見逃してしまった。次は仕留めようと思った。打った瞬間わかりました。(6回の適時打)HRを打った後は体が開き気味になるので逆方向を意識していた。(HRが大学通算51本目)2秋で50本が目標だった。1本1本積み重ねていきたい。自力優勝はなくなったが残り3試合全勝したい。」
DSC_1589


森涼矢選手
「今日の試合は湯川さんを中心にしっかり守れた。6回はチーム1番の杉野につなげたかった。繋げれてよかった。明日は今日と変わらないプレーをしたい。」
_DSC0091
DSC_1568




次戦は9月24日わかさスタジアム京都で第4節龍谷大2回戦が行われます。16時試合開始予定です。