2017ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節対立命館大戦が10月22日、皇子山陸上競技場で行われた。京産大は立命館大を17-7で破り、3連勝を成し遂げた。

DSC_3683
決勝トライを決めた濱田

メンバー
1. 柴田知宏(4年 桂)
2. 中川将弥(4年 御所実)
3. 酒井健太(4年 春日ヶ丘)
4. 伊藤鐘平(2年 札幌山の手)
5. 廣隆太郎(4年 東海大仰星)
6. 上田克希(3年 東海大仰星)
7. 城間賢(1年 御所実)
8. 武田知大(3年 尾道)
9. 野村晋太郎(4年 桂)
10. 中村悠人(2年 東海大福岡)
11. 濱田将暉(3年 京都成章)
12. 田畑凌(3年 報徳学園)
13. 坂本英人(4年 御所実)
14. ニコラス・ホファ(1年 札幌山の手)
15. 河野翼(4年 東海大仰星)
16. 横山慶太郎(3年 京都成章)
17.宮崎達也(3年 伏見工業)
18. 松本幸志朗(3年 東福岡)
19. 谷山泰信(3年 東海大附属第五)
20.横山尚樹(3年 常翔啓光学園)
21.吉住風哉(4年 常翔学園)
22.山内凌雅(2年 関西大学北陽)
23.寺崎栄一郎(2年 長崎海星)

 試合当日は雨が降り、選手自身はもちろん試合会場のコンディションも悪い中での試合となった。
 試合開始直後の前半3分に立命館大に先制トライを許す。キックも決まり7点差をつけられるが、京産大も同7分に城間がトライ。河野もキックを決め同点に追いつく。そのまま京産大が勢いに乗るかと思われたが、敵陣で攻め続けるもトライを奪いきれない時間が続き、そのまま同点で前半を終えた。
 後半8分、濱田がトライを奪い逆転に成功。河野も再びキックを決め14-7。その後、ミスから攻め込まれるがトライを許さず、最後はロスタイムにペナルティーを奪い、ショットを選択。河野がしっかりと決め17-7で試合終了となった。
 天候の影響もありセットプレーの安定性は下がったが、その中でも勝ち切り強豪の貫禄を見せた京産大。次節以降も勝利を重ね、優勝街道をひた走る。

京産大17-7立命館大
前半3分 立命館大トライ キック成功
前半7分 城間トライ 河野キック成功
後半8分 濱田トライ 河野キック成功
後半ロスタイム 河野ショット成功

DSC_3657
中川がボールを持って突破を試みる

DSC_3674
京産大伝統のモールで相手を押し切る

DSC_3797
立命館大相手にもスクラムで優位に立った

DSC_3771
グラウンドに水がたまりコンディションは厳しいものになった

コメント
大西健監督
「タフな試合になると思っていた。スクラムで反則を取られることが多かったことが反省。立命館はFWの重さもあったしラインアウトもうまかった。ゴール前で防ぎ切ったのは自信になる。立命館は去年の京産と同じで今回負けると大学選手権が厳しい。その気持ちを上回ることができた」

元木由記雄コーチ
「前半のラインアウトでテンポが出なかったけど、後半で修正できた。ディフェンスで前に出ることができていて、前より良くなっている。すごく大事なゲームだったが、雨の中でも勝ってくれてよかった」

中川将弥主将
「80分間、常に動こうという意識をもって試合に臨んだ。立命館のFWが強いと分かっていたので自分から仕掛けていこうと思っていた。スローの精度とキャッチのスキルを磨き、セットプレーの精度を修正。DFは前に出られていた」

中村悠人選手
「もっと敵陣に入るためのキックの精度を上げたかった。夏からスタンドオフに挑戦している。自分の持ち味はキックとラン。ランは高校から自信を持っている。今後も自分の役目を果たしていきたい」

武田知大選手
「MOMを初めて取れて良かった。やっと取れたという気持ち。ラインブレイクも何度かしたが、DFがよかったと思う。ミスを恐れず前に出て試合をしようと声を掛け合った」

次戦は10月28日、宝が池球技場で関西学院戦。12時キックオフ。