京都産業大学ラグビー部平成29年度卒部式がグランドプリンスホテル京都で1月21日、行われた。岑部長のスピーチで式が開始されると、その後は立食形式のパーティーが行われ会場は賑やかな雰囲気に包まれた。パーティーがひと段落すると大西健監督によるスピーチ。「主力が大勢抜けて最初は入れ替え戦も覚悟していたけど、4年生が頑張ってくれた」とマネージャーを含む24名に感謝の言葉を述べた。リハビリ中のため式への参加が叶わなかった中川将弥に対して「彼もリハビリから復帰して来年には試合に出ているかもしれない」と思いを口にした。大西監督のスピーチが終わると4年生のスピーチが始まり、「大変だったけど、充実した4年間」と涙を交えながらも清々しい表情で答えた。最後は参加者全員が円陣を組みながら部歌を合唱。部員たちによる花道のもと笑顔の4年生が見送られた。
 新チームの主将には上田克希が就任。目標は日本一と掲げた。先輩たちの思いを受け、新たな1年が始まる。

_DSC0406
卒部生たちと大西監督

_DSC0266
「(京産大ラグビー部は)人に夢を与えるチーム。卒業しても誇りを持ってほしいと」と話した岑部長

_DSC0343
大西監督と23名の卒部生が壇上に上がった

_DSC0334
_DSC0317
_DSC0306
卒部生たちによるスピーチ

_DSC0347
部歌で式を締めくくった

_DSC0382
_DSC0386
_DSC0399
卒部生が花道により送り出された

_DSC0411
目標を掲げた新主将の上田。