関西六大学野球春季リーグ戦・第1節・神院大戦第3戦(3日、南港中央公園野球場)は、3-3の9回2アウト2塁から3番手川辺がセンターオーバーのサヨナラヒットを打たれ勝ち点を逃した。例年より長いキャンプを行い、守備力を強化して挑む今シーズン。開幕カードを落とし、4季ぶりの優勝に暗雲が立ち込める。

京産大 030 000 000 = 3   楠本
神院大 100 001 101 = 4×  川辺

京産大
1(右) 山本
2(ニ) 川上
3(D) 杉野
4(一) 西元
5(三) 笹原
6(中) 田井中
7(左) 桧垣
8(捕) 横山
9(遊) 木村

先発 湯川 1回2/3 1失点
2番手 宮所 4回1/3 1失点
3番手 川辺 3回2/3 2失点

【試合経過】

 1回裏 先頭打者に二塁打を許す。バントで三塁までランナーが進み、4番にタイムリーを打たれる。 京産大 0-1 神院大

 2回表 先頭の西元が出塁し笹原がバントで進める。続く6番田井中はライト前へタイムリーを放つ。初スタメンの7番桧垣はレフトへのヒットを打つとすかさず盗塁。1アウト2.3塁から横山のタイムリーで2人が還り、勝ち越しに成功。 京産大 3-1 神院大

 2回裏 2アウトから二塁打を打たれたところで、先発の湯川に代えて宮所をマウンドへ。後続を打ち取りこの回は無失点で切り抜ける。 京産大 3-1 神院大

 6回裏 1点を失い1点差に詰め寄られる。 京産大 3-2 神院大

 7回裏 この回から3番手川辺がマウンドへ。代わり端1点を失い同点に。 
     京産大 3-3 神院大

 9回裏 2アウト2塁から甘く入った球を打たれ、フェンス直撃のサヨナラヒット。
     京産大 3-4× 神院大


DSC_2522
△二盗を決める山本

DSC_2531
△ピンチで力投する川辺



【コメント】

 横山「9回表に得点できず流れが悪いのは分かっていた。先頭打者を三振で抑えたのは良かったが、次の9番打者に四球を出してしまった。攻めた結果の四球ではなかったので悔いが残る。今までやってきた取り組みは間違っていない。細かい部分を見直していきたい。相手はチャンスで打っていたが、うちのチームはチャンスで打つべき人が打てなかった。違いはそれだけだと思う。その差を埋めるには、技術なのか、気持ちなのか、個々で分かっていると思う。やるべきことをやっていく。」

川辺「湯川、宮所のあとでしっかり助けようと思っていた。打者を押して行って、しっかり投げようとしていたが、今日も出てきてすぐ得点されてしまった。四球が失点に絡んだのは良くない。力を込めて投げていたつもりだが、真ん中に行ってしまった。次まで間が空くのでしっかり準備して頑張る。」

杉野「上級生になって、背中で魅せていかないといけないと思い、意識していないつもりではいるが、プレッシャーがある。気負い、力みがあるのかもしれない。次からも引っ張っていけるように、勝ちます。」

勝村監督「守りを固めるために1年生の桧垣を初めてスタメンで起用した。中盤以降はもっと貪欲に点を取りに行くべきだった。湯川はコンディション不良で状態が悪かったので早めに交代した。次戦に影響はない。今日のMVPは2盗塁を決めた山本。3戦連続のスタメン起用で緊張が取れてきており、自分の持ち味を出せていたと思う。サヨナラ負けだが、ベンチの雰囲気は悪くない。優勝の可能性もまだまだあるので、次節もしっかり戦っていきたい。」


次戦は大阪学院大戦で4月14日12時30分プレーボールです。会場はわかさスタジアム京都に移ります。応援よろしくお願いします。

京産大アスレチック公式Instagram近日スタート!乞うご期待ください。