4月3日、関西六大学野球は第1節全試合が終了、どの試合も予想を大きく裏切られ、波乱の幕開けとなった。昨秋、全勝優勝を成し遂げ京産大のライバルである大商大は、大経大から勝点を落とした。京産大からすれば、優勝大本命と言われるライバル大商大がつまずき、優勝を掴むチャンスが転がり込んだ。しかし大商大同様、苦戦を強いられたのは京産大も同じだった。
_DSC0081

(湯川の信頼は今春も抜群。)
_DSC0095

(神院大2回戦では7回途中から好リリーフでチームを勝利に導いた。)


 川辺はマウンドから打球の方向を見つめ、茫然としていた。
 勝点を取るべく、勝たなければ意味がないと望んだ3回戦だったが、まさかのサヨナラ負け。2回表に逆転し勝っていたにもかかわらず、追加点が奪えない。9回表には四球と相手のミスで、二死ながら満塁のチャンスを作るも、席に入った4番西元のバットから快音を聞くことはできなかった。するとその裏二死2塁からセンターオーバーを打たれ、サヨナラ負けを喫した。
_DSC0108


 振り返れば1、2回戦も厳しい試合だった。神院大1回戦、序盤は先発のエース湯川が完璧な立ち上がりをみせ、試合を作った。3回表に1点を先制するもそれ以降得点ができない。逆に神院大は少ないチャンスをものにし6回に逆転。京産大は逆転負けを喫した。2回戦も序盤は1回戦と全く同じ展開、9回裏二死カウントツースリーまで追い込まれたが、なんとか1点をもぎ取り延長戦に持ち込む。延長15回タイブレークで1年生ルーキー川岸がサヨナラ打を放った。なんとか勝利したが、満足できる試合運びではなかった。
 神院大に1勝2敗で勝点を落とし、早くも優勝に黄色信号が灯った京産だが、決して投手陣や3,4番のクリーンナップだけが悪いわけではない。湯川や川辺も大量失点を喫し大崩れすることはない、杉野や西元もヒットは出ている。ではどうすれば勝てるのか。打開策はあるのか。

 神院大3回戦の試合後、インタビューを終え主将の横山選手が話してくれた。「ちょっとスコア見せてください。うーん、今日の試合序盤は、ヒットも出てて得点もできてるんですよね。でも後半がね…」。開幕3試合中2試合は京産大が先制点を挙げている。さらにここまでの総得点9点のうち、試合序盤の3回までに6得点している。こことから序盤は、試合を優位に進めながらも追加点が奪えず、逆転負けを喫している傾向にある。
 試合後半もチャンスを作れていないわけではない。あと1本がなかなか出ないだけなのだ。3回戦では6~9回まで毎回スコアリングポジションにランナーを置いておきながら、ことごとくあと1本が出なかった。「打つべき人が打てば勝てるんですよ」と横山、まさにその通りだった。2回戦から1番に座るルーキー山本の調子がよくチャンスメイクできる能力があるだけに、クリーンナップがいかに山本を返すかが試合後半に得点する鍵となってくる。

 チーム目標である日本一を成し遂げるにはこんなところで躓いている場合ではない。“負けに不思議な負けなし”というように一球の重み、一打席の重みが4季ぶりの優勝に大きく関わってくる。リーグ戦はまだまだ始まったばかり、京産大の巻き返しに期待したい。





2回戦で代打で出場すると、翌日の3回戦ではスタメンの座を勝ちとり初安打を放った桧垣。
桧垣


2回戦、延長15回タイブレークでサヨナラ打を放った川岸。
川岸


1年生ながら開幕スタメンを勝ち取ると、2回戦からは1番に座る山本
山本



【今後の日程】
第3節(わかさスタジアム京都)
4月14日 大院大1回戦 12:30~
4月15日 大院大2回戦 10:00~

第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~




石丸一真