4月16日関西六大学野球春季リーグ第3節vs大院大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。延長10回裏に京産大が相手のミスから得点を奪い、サヨナラ勝ちを収めた。
_DSC0108


大院大 000 010 010 0 = 2
京産大 000 010 010 1× = 3

【得点シーンハイライト】
大院大
5回表 8番安田のソロホームランで1点
8回表 二死1塁から8番安田のセンターオーバーの適時打で1点

京産大
5回裏 二死満塁から4番西元がデッドボールを受け1点
8回裏 一死から代打・川岸がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁。二死1,2塁となり、9番横山の適時打で1点


スターティングオーダー
1.右翼手 山本
2.二塁手 川上
3.左翼手 杉野
4.一塁手 西元
5.三塁手 笹原
6.中堅手 田井中
代打(中堅手) 川岸
7.DH 西川
代打(DH) 梶谷
代打 酒井
8.遊撃手 木村
代打 長瀬
(遊撃手) 森
9.捕手 横山
P 川辺(5回)→宮所(5回0/3)→湯川(1回)


【試合展開】
 15日は雨で順延となり、14日に行われた1回戦から1日空いて迎えた今日の2回戦、京産大は連勝での勝ち点獲得を目指していた。先発の川辺は立ち上がり緩急をつけた投球で相手打線を寄せ付けない。しかし5回表、高めに浮いたスライダーを大院大8番安田が見逃さず、ライトスタンドへ一直線。先制点を許した。すると直後の5回裏、一死から9番横山かツーベースヒットでチャンスメイク。その後、二死満塁となり4番西元がデッドボールを受け押し出しで同点に追いついた。
 6回表からは宮所がマウンドへ。8回表に二死から連打で1点を失うが、直後の8回裏に二死1,2塁から横山適時打で再び同点に追いついた。宮所は10回途中までに6つの四球を出すものの相手打線を1点で凌いだ。9回を終え同点、京産大は今季2度目の延長戦に突入した。10回表、無死一塁でマウンドへ上がった湯川も何とか無失点で切り抜けた。
 すると10回裏、ここまでノーヒットの4番西元は「チャンスで打てていなかったが、投手が変わっていたので切り替えることができていた」と無死から低めの球に上手く合わせ、サヨナラのランナーとなる。続く5番笹原は送りバントを決め一死2塁。さらに先ほどど打席レフトオーバーを放っている川岸は四球を選び一死1,2塁のチャンスを作る。ここで再び勝村監督が酒井を代打に送る。酒井の打球はショートへ、ダブルプレーかと思われた。しかし酒井は必死に1塁へ全力疾走。この酒井の足が相手セカンドにプレッシャーを与えたのか、ファーストに転送されたボールは1塁側ベンチの方へ転がる。その間に2塁ランナーの西元がサヨナラのホームを踏み、勝利を収めた。
 9番横山、1番山本、2番川上の調子がよく、チャンスでクリーンナップに打席が回ることの多い打順であるだけに、3,4,5番の一打に期待が大きくかかる。しかしどんな形であれ、大院大から連勝で勝ち点を取れたのは大きい。優勝するためにも2連勝で勝ち点を一つずつ獲得することが必須である。
_DSC0152



【試合後コメント】
勝村法彦監督
「前半は相手投手を掴み切れなかった。右打者はチェンジアップに、左打者は外のボールに苦労した。川岸は長打力もあり、左投手にも強い打者、良く打ってくれた。川辺は前半は良かった。5回までホームランだけ最少失点で切り抜けた。宮所は少し力んでいた。前に行くしかないので、2連勝できたのは大きい。」
_DSC0123


横山裕也主将
「(2連勝)まずは安心した。(猛打賞について)打ってやろうというよりも、最少失点で切り抜けていた投手陣を援護したいという気持で打席に立っていた。川辺は入りは良く、粘りで抑えていた。優勝するためには勝ち点4が必要。このことはチーム全員がわかっている。次の土日に向けいい準備をしたい。」
_DSC0121

3安打猛打賞と大活躍
_DSC0128

_DSC0133


川辺凛投手
「変化球で打たせていくことを心掛けていたが、5回のホームランはスライダーが少し高めに抜けてしまった。1回戦は湯川が完投して、今日は自分と宮所でと思っていたができなかった。野手のおかげもありなんとか勝利できた。先発でも中継ぎでも任されたところをしっかり0で抑えることが全国につながっていくと思う。」
_DSC0011


宮所広輔投手
「審判にストライクをとってもらいたいところをとってもらえなかった。気持ちを切り替えればよかったけど力んでしまった。満塁になってからは思い切り投げようと切り替えた。8回は甘く入ってしまった。基本はまっすぐで変化球も混ぜながら。最後まで投げたかった。次からは湯川さんと川辺さんのあとに自分が出ると思うから最後まで投げきりたい。」
_DSC0111


西元正輝選手
「チャンスで打てなかったけど、ピッチャーが変わったから絶対出てやろうと切り替えた。1,2番がでてくれるけどそれ以降が出れないのは反省。チャンスだからとメンタル的にも力んでしまっているから克服したい。」
_DSC0141




【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月21日 大経大1回戦 10:00~
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~