関西六大学野球春季リーグ戦第4節2回戦が4月22日ほっともっとフィールド神戸で行われ、大阪経済大学と対戦した。初回に3点を先制し主導権を握ると、中盤以降も着実に追加点を上げた。先発の川辺は先頭打者を出す回が多くピリッとしなかったが、要所を締め勝利を掴んだ。

大院大 000 010 100 = 2
京産大 300 101 20× = 7

スタメン

1(右) 山本 5打数2安打
2(ニ) 川上 4打数2安打
3(左) 杉野 3打数0安打
4(一) 西元 2打数0安打
5(三) 笹原 4打数2安打3打点
6(中) 川岸 4打数2安打3打点1本塁打=勝利打点(1回2点タイムリー)
7(D) 梶谷 3打数2安打
8(捕) 横山 3打数2安打
9(遊) 木村 3打数0安打

先発・川辺
2番手・宮所

得点ハイライト

1回裏 笹原ライト前タイムリー、川岸2点タイムリー 0-3
4回裏 川岸1号ソロ本塁打 0-4
5回表 スクイズで1点失う 1-4
6回裏 相手エラーで1点追加 1-5
7回表 連打で1点失う 2-5
7回裏 笹原2点タイムリー二塁打 2-7

エキサイティングプレイヤー 
打|川岸裕太朗:4回に初ホームランを放つなど2安打3打点の活躍。
投|宮所広輔:7回のピンチで登板。これを切り抜け勝利を引き寄せる。2回2/3無失点。

S_7840030881379
好リリーフの宮所

試合経過 
 気温は25度近くまで上がり、春とは思えない日差しが照り付けるほっともっとフィールド神戸では、今日も熱い戦いが繰り広げられた。先発の川辺は、立ち上がり先頭打者を出すが後続を打ち取り無失点で切り抜ける。その裏、先頭の山本が中前ヒットで出塁すると、5番笹原のタイムリー、6番川岸の2点タイムリーが飛び出し初回3点を先制する。4回には、川岸が大学初ホームランを左翼席中段に運び追加点を上げる。5回表、下位打線に連打を許し無死1.3塁となったところで監督自らがマウンドへ。続く打者にスクイズを決められたが、後続を打ち取り最少失点で切り抜ける。7回表にも1点を失い、1死2.3塁で宮所にスイッチ。3番を二飛、4番を空三振に抑える好リリーフで、傾きかけた流れを断ち切り勝利を引き寄せた。

S_7840030983454
6回1/3を2失点の粘投を見せた川辺

S_7840030639197
川岸のタイムリーで2人が生還

コメント

勝村監督「勝点2を獲得したが試合内容は良くなかった。初回に相手投手を攻め先制できたのは評価したい。4回1死1.3塁で3塁ランナーが飛び出した場面はサインミス。そこで流れが相手に傾きかけた。今日の試合で一番反省しないといけないポイント。川辺はブルペンから調子が今一つで、先頭を切れず苦しい投球が続いてしまった。ホームランを放った川岸は積極性を期待していたので結果が出てよかった。プレッシャーのかからない6番で起用しているので、思い切ったプレーをしてほしい。これからも長打力に期待したい。7回裏の笹原のタイムリーは大きかった。点を入れられた後の攻撃だったので流れを戻したかった。2番手の宮所は球速以上にノビがあり安心して見ていられた。リーグ戦ですがトーナメントのように、負けることはほぼ許されない。ミスをしっかり見つめ直して戦っていきたい。」

川辺「情けないピッチングだった。調子が悪くても9回まで投げ切らないといけない。ストレートで押すのは無理だと思い、変化球で粘り強く打たせて取る投球を意識した。(1回生の活躍について)2回生の時全国大会に出場したが、その時は4回生が引っ張ってくれた。それを僕たちができるように頑張る。(産龍戦に向けて)2週間空くので、ストレートで押す、僕の本来のピッチングを出せるように準備する。応援はとても力になるので、プレーで恩返ししたい。」

宮所「ピンチでの登板でしたが、3点差ありランナーを返しても同点にならないため、緊張せず楽に投げられました。球の伸びやキレを意識しました。球の伸びは、全力でいかず8.9割で投げることで生まれます。」

川岸「4回の打席は強く低い打球を打つといいう気持ちでいった。ホームランは打った瞬間ではなく、見ていたら入ったという感じ。甘い球を見逃すことが多かったので、チームとして見逃さない練習をしてきた。初球にも執着心を持って、積極的に振っていきたい。高校時代は調子が悪い時に積極的にいけないことが多かった。大学では調子が悪い時でも、しっかり触れるようにしたい。打順は6番で気楽にやらせてもらっているので、結果を残していきたい。守備は高校でもやったことのないセンターでの起用で、守備範囲が広くまだ慣れていない。同じ1年生の山本とは役割は違うが、お互いに切磋琢磨しながらプレーしようと言っている。大学は変化球にキレがある投手が多く最初は慣れるのに時間がかかった。大商大は良い投手が多いので対戦が楽しみ。」

横山「6回表に先頭打者を出してしまい、流れが悪い状況でその裏にタイムリーが出たのはすごく大きかった。川辺が先頭打者を出す回が多かったが(4回と7回以外は先頭の出塁を許す)後続を切れたのは良かった。ただバッテリーとしては先頭を打ち取って楽に勝負したい。失投も多かったので次節に向けて改善していきたい。一戦一戦しっかり戦ってその先にある優勝を掴みたいです。」

笹原「相手が良い投手だったので、初回からしっかり振っていこうという意識がチームの中であった。7回にタイムリーが出たのは流れを戻す意味でも大きかった。次節の産龍戦でもチャンスで打てるようにしたい。ホームランを打ちます!」

【今後の日程】
第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~