関西六大学野球春季リーグ戦・第4節・大経大戦第1戦が4月21日にほっともっとフィールド神戸で行われ、京産大は4-0で大経大に勝利した。

京産大 000100111=4
大経大 000000000=0

【得点シーンハイライト】
京産大
4回表 笹原のタイムリーヒットで1点
7回表 山本のタイムリーヒットで川岸が生還し1点
8回表 相手投手のミスで杉野が生還し1点
9回表 川上のタイムリーヒットで横山が生還し1点


スターティングメンバー
1(右翼手) 山本
2(二塁手) 川上
3(左翼手) 杉野
4(一塁手) 西元
5(三塁手) 笹原
6(中堅手) 川岸
7(遊撃手) 木村
8(D)  梶谷
9(捕手)  横山
投手 湯川

《試合展開》
両校三回までチャンスを広げられず無得点が続いたが、4回表の京産大の攻撃、笹原のタイムリーヒットで一点先制。4回裏の守備では、二死満塁のピンチを迎えるが湯川が粘り無失点に抑える。
その後は両校無得点が続いていたが、7回表の京産大の攻撃、山本のタイムリーヒットで川岸が生還し一点追加。勢いに乗った京産大はそのまま8回と9回の攻撃で連続得点。湯川のピッチングも終始大経大の攻撃を抑え込み、4-0と大経大を抑え込んで勝利した。

《試合後コメント》
勝村法彦監督
「序盤で球数が多くなり、粘られたが後半持ち直していたので安心してみていられた。ベンチからもいい声が出ていて、選手達が集中してできていた。一戦一戦良くなっている、流れを引き寄せていこうと話した」

笹原大虎選手
「(タイムリーについて)来た球を思いっきり打とうと思っていた。相手の内野が前進してきていたので、強い打球を積極的に狙っていた。序盤はボール球に手が出てしまっていたが、徐々に慣れ打てるようになった」

湯川翔太選手
「先頭打者に意識を向け、丁寧にしすぎて空回りしていた。6回からテンポを意識するようになり、うまくいった。立ち上がりも自分がしっかりと投げて勝てるようになりたい」

山本貴也選手
「結果は出ているが、そんなに自分に力があるわけではない。塁に出て1番バッターの仕事を果たすことが自信になっている。明日も絶対に落とせない。自分はまだ1年生。先輩に責任を果たしてもらい、自分は力を出し切るだけ」

川岸裕太郎選手
「当たりは良くなかったが強く打とうと考えていた。コーチからはしっかり決め球を振るように言われていた。初先発で力みがちだったが雰囲気は悪くなかった。チャンスで続けられなかった。流れを止めてしまった。流れを続けるように気楽にやっていけたらと思う。明日も勝って勝ち点1を取りチームに貢献できればと思う」

DSC_3866
三塁に回りチャンスをつくる

DSC_4120
生還し喜び合う

DSC_6327
大経大を抑えきる湯川投手

DSC_3986
京産打線が火を噴いた

【今後の日程】
第4節(ほっともっとフィールド神戸)
4月22日 大経大2回戦 12:30~

第5節(わかさスタジアム京都)
5月5日 龍谷大1回戦 18:00~「体育会本部応援バスツアー開催決定‼」
5月6日 龍谷大2回戦 15:30~

第7節(皇子山総合運動公園野球場)
5月19日 大商大1回戦 10:00~
5月20日 大商大2回戦 12:30~