第95回関西学生陸上競技対校選手権大会トラックアンドフィールドの部3日目が5月12日、西京極陸上競技場で行われた。

女子5000㍍では棚池穂乃香(4年)が優勝を果たして2年連続で10000㍍との2冠を達成。女子長距離としては1500㍍の橋本奈津(3年)、3000㍍障害の信岡桃英(3年)と合わせて2年連続で4冠を達成した。男子10000㍍では上坂優太(4年)と稲垣雄二(2年)が6位と7位に入賞。男子200㍍では植本尚輝(2年)と宮内魁大(1年)、男子800㍍で本井義明(3年)が決勝へ。男子4×400㍍は全体トップタイムで決勝へ駒を進めている。


_DSC0767

棚池が今回も強さを見せつけた。レース序盤は先頭のやや後ろに位置を取っていたが、3500㍍過ぎに先頭に。ラスト600㍍でスパートをかけるとそのまま優勝を果たした。2日前の10000㍍と合わせて2年連続で長距離2冠を達成。主将として関西インカレを最高の結果で締めくくった。
男子10000㍍は6000㍍まで上坂と稲垣が先頭集団を引っ張った。ラストはやや疲れを見せたがともに6位と7位に入り2年ぶりの複数入賞を果たした。

コメント
棚池穂乃香
「10000㍍は積極的に行って、5000㍍は前半にためることを意識した。相手がきつそうと感じた時にここしかないと思って出たけど、強いから中々離れてくれなかった。気温は高かったけど思ったより喉が渇いていなかった。今年も2冠したいと思っていたし、ここまで3冠していたからとらないといけないと思っていたけど、落ち着いてリラックスできた。駅伝で優勝するためにチームに流れを作らないといけないと思っていた。昨年は駅伝前に故障や貧血の選手が出てしまったから、無理をしてはいけないときにひけるようなチームの雰囲気を作っていきたい」

リザルト
男子1部200㍍予選
2組3着 大鹿佑志郎(4年)21秒26→準決勝へ
3組2着 植本尚輝(2年)21秒63→準決勝へ
4組2着 宮内魁大(1年)21秒44→準決勝へ

男子1部200㍍準決勝
_DSC0507
1組3着 植本尚輝(2年)21秒54→決勝へ
_DSC0508
1組7着 大鹿佑志郎(4年)22秒03
_DSC0534
2組4着 宮内魁大(1年)21秒75→決勝へ

男子1部800㍍予選
_DSC0424
1組3着 本井義明(3年)1分52秒34→決勝へ

男子1部10000㍍決勝
_DSC0800
6位 上坂優太(4年)30分32秒20
_DSC0813
7位 稲垣雄二(2年)30分43秒45
11位 日下聖也(4年)31分10秒84

男子1部4×400㍍リレー
1組1着 3分10秒15
_DSC0592
河合から吉岡へバトン渡し
久保田大揮(3年)、河合亜季(3年)、吉岡伸哉(3年)、美馬淳兵(4年)

男子1部円盤投決勝
11位 瀧島一輝(3年)40㍍31
16位 田中涼太(4年)39㍍46

女子5000㍍決勝
_DSC0738
優勝 棚池穂乃香(4年)16分04秒27
_DSC0697
7位 信岡桃英(3年)16分36秒64
21位 安井佳苗(1年)17分23秒58