京都の大学が一堂に会し頂点を競う、全京都大学野球トーナメントのファイナルステージが8月8日わかさスタジアム京都で開幕した。前年度優勝校である京産大は初戦、京都工芸繊維大に8対1(7回コールド)で勝利し準決勝に駒を進めた。
DSC_3406



京工繊大 000 001 0 = 1
京産大  100 061 × = 8

スターティングメンバー
1.遊撃手 宇都宮
2.二塁手 片山
3.中堅手 田井中
4.一塁手 西元
5.指名打者 長瀬
6.左翼手 杉野
7.三塁手 和田
8.右翼手 砂子
9.捕手 大石
先発投手 島西

【試合展開】
京産大の先発島西が初回を三者凡退に抑えチームに勢いをもたらすとその裏、2死二塁から4番西元の適時二塁打で1点を先制する。リードをもらった島西は毎回ランナーを出しながらも粘り強い投球で5イニングを無失点と好投。5回には先頭の2番片山が絶妙なセフティーバントを決め塁に出ると、3連続四死球で1点をとり、なおも無死満塁で6番杉野が右中間を破る2塁打を放ち2点を奪う。その後1死1・3塁から9番大石の3ゴロの間に1点を追加、2死2・3塁となり1番杉野の2点適時三塁打でこの回6点目。試合を優位に進める。直後に2番手の高塚が1点を取られたものの、その裏に西元のタイムリーで1点を追加。7回は3番手長谷川が無失点に抑え、大会規定により8対1の7回コールドで準決勝進出を決めた。
DSC_3283

DSC_3194

DSC_3440


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「試験期間中で調整が難しい中での試合だった。試合を通してゲーム感を取り戻していってほしいと思う。先発の島西は抑えてはいたが逆球が多くボール先行のピッチングだった。3番手の長谷川は1年生だが固くならずにこちらが思っていた以上のピッチングをしてくれた。野手は走塁面や守備面での判断ミスが目立っていた。ミスが無ければ点数ももう少しとれたように思う。これから秋のリーグ戦に向けて全員に競争意識を持たせてプレーさせていきたい。昨年に続いて今年も優勝できるように頑張っていきたい。」

島西投手
「今日勝たなければ明日の試合はなくなるので絶対に勝つという気持ちで投げた。試験の日程は事前に知らされているので前もって自分で計画を立てて調整した。秋は最後のリーグ戦になる。他の投手陣はライバルにもなるが自分はリーグ戦を経験しているのでアドバイスもしながら全員で戦っていきたい。」
DSC_3363


片山選手
「次のリーグ戦に少しでも出るためのアピールの場だと思っている。普段は代走などでの出場が多いが、この大会は先発で出ることができている。野球選手である以上先発で出たい気持ちがあるのでこれはチャンスだと思う、楽しみながら戦っていきたい。次のリーグ戦はこの仲間と野球ができる最後の大会なので少しでも長くできるよう、全国大会出場、そして全国優勝を目指していきたい。」
DSC_3372


次戦(準決勝)は8月9日(木)、京都学園大とわかさスタジアム京都で行います。試合開始予定時刻は9:00です。