全京都大学野球トーナメント大会の準決勝・決勝が8月9日わかさスタジアム京都で行われた。京都学園大学との準決勝では先発投手紀本の好投で4対1で勝利し決勝に駒を進めたものの、続く立命館大学との決勝戦は4対7で敗れ惜しくも2連覇を逃した。
DSC_0004



準決勝
京学大 000 000 001 = 1
京産大 300 100 00 × = 4

スターティングメンバー
1 右翼手 山本
2 DH 杉野
3 中堅手 田井中
4 一塁手 西川
5 左翼手 八木
6 三塁手 笹原
7 二塁手 川上
8 遊撃手 徳永
9 捕手 横山

先発投手 紀本
2番手 上野
3番手 船槻
4番手 北山

【試合展開】
昨年の決勝戦と同じカードとなった準決勝。1回裏に3つの四球で2死満塁とすると5番笹原の走者一掃左越タイムリー2塁打で3点を先制し試合の流れを手繰り寄せると、4回裏には8番川上の中前タイムリーヒットで1点を追加し4対0とする。投げては先発紀本が5回までひとつのヒットも許さない完璧なピッチング、6回には3者連続三振を奪うなど6回無安打無四球7奪三振の力投を見せる。紀本の力投を受け継ぐかのように2番手上野、3番手船槻ともに1イニングを3人で締めノーヒットを継続。継投によるノーヒットノーランに期待がかかったが、9回にマウンドに上がった4番手北山が一死から右中間に3塁打を打たれ惜しくもその夢は叶わなかった。その後併殺崩れの間に1点を失ったものの最後は右フライに仕留め試合終了。4対1で京都学園大学を下し決勝進出。2連覇に王手をかけた。
DSC_0035

DSC_0185

DSC_0176

DSC_0092


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「先発の紀本はテンポよく投げられていた。完投できる体力がついてくればもっと良くなると思う。船槻はストレートが良かった。コントロールも良く、本来の力を出せていた。北山は今日はストレートのみのピッチングだった。いい球を持っているのでもう少し腕を振ってほしい。打撃に関しては内容が良くなかった。初回のレフトオーバーももう少し守備のいいチームだったら捕られていたかもしれない。まだ試験が終わったばかりなのでこれから試合をこなすうちに上がっていけばいいと思う。」

紀本投手
「先発をさせてもらって、チャンスをもらったので頑張ろうと思った。今日はストレートが良く、決め球としても思うように投げられた。他の左腕はライバルではあるが、チームメイト。テストも終わったのでリーグ戦までの1ヶ月間、野球だけに集中して死にものぐるいでやっていきたい。」
DSC_0016



決勝
京産大  011 000 020 = 4
立命館大 000 020 32× =7

スターティングメンバー
1 二塁手 酒井
2 遊撃手 宇都宮
3 右翼手 桧垣
4 一塁手 西元
5 左翼手 川岸
6 三塁手 梶谷
7 捕手 曽根
8 DH 小薗
9 中堅手 間部

先発投手 藤本
2番手 長谷川
3番手 安本
4番手 宮所
5番手 湯川

【試合展開】
連覇のかかった大一番。相手は昨年準決勝で破っている立命館大学だった。2回表、6番梶谷が相手のエラーで出塁、7番曽根のレフトへのツーベースで無死2・3塁と絶好のチャンスを作ると、8番小薗がライト前にはじき返し1点を先制する。3回には2番宇都宮がセンター前にヒットを打ち塁に出ると、二死2塁から梶谷の右前ヒットで1点を追加しリードを広げる。先発の藤本は4回まで毎回ランナーを出すも粘り強いピッチングで無失点に抑える力投を見せる。しかし、5回に2つの安打で一死1・3塁とされるとライトへの犠牲フライで1点を奪われ、さらに2つの四球で二死満塁となったところで2番手の長谷川にスイッチ。代わった長谷川もレフト前にヒットを打たれ同点にされる。7回には4番手宮所が一死満塁のピンチを招くと、5番手湯川をマウンドに送る。しかし悪い流れは断ち切れずワイルドピッチとエラーで3点を奪われてしまう。反撃に出たい京産大は8回表、3番桧垣が右中間を破るツーベースヒットでチャンスを作ると代打杉野の左前タイムリーで1点を奪い、なおも一死1塁で代打笹原がレフトの頭を超すタイムリー2塁打を放ち1点差とする。しかし、その裏2点を奪われ再び3点差とされると9回は3人で抑えられ試合終了。反撃もむなしく4対7で惜しくも2連覇を逃した。
DSC_0634

DSC_0823

DSC_0826

DSC_0735


【試合後コメント】
勝村法彦監督
「決勝戦は1・2年生に経験を積ませようと思っていた。先発の藤本は4回までは腕が振れていて良かった。5回以降の投球はあそこからギアを上げられる投手になってほしい。紀本、藤本はリーグ戦に向けて5回まではこういう投球ができることが分かった。完投ができる投手になってほしいと思う。最後は代打攻勢で試合をひっくり返そうと思っていた。逆転とまではいかなかったが、繋ぐ形ができていたので今後につながる内容。ここ2週間はチーム全体としての練習が不足していた。ここからしっかりとオープン戦をこなして、全体的に経験を積ませて競争させていきたい。開幕にベストメンバーをもってくる。」

横山主将
「課題が多く見つかったが良かった部分も出せた大会だったと思う。打撃面では序盤にあまり点を取れなかったり、ダメ押しが欲しい場面で一本出なかった部分が課題。逆に下級生の投手が踏ん張ったところは良かったところ。これを見て上級生は奮起しないといけないと思う。持っている能力は高いと思うので後はそれを出せるかどうか、そこはバッテリーを含めてしっかり反省していってほしい。試験が終わってから初の大会だったのでここからどんどん上げていかなければいけないと思っている。リーグ戦まで約1ヶ月、まだまだ伸びる要素はたくさんあるのでそこを詰めていければよいかなと思う。練習のための練習ではなく試合を意識した練習をしていきたい。ここ一番につながるプレー、リーグ戦につながるということを意識してやっていきたい。春の悔しさは全員が分かっている。4回生は次のリーグ戦が最後になるのでやり切りたい。応援してくださっている人のためにも優勝して次に進んでいきたい。」
DSC_0131



藤本投手
「立ち上がりが不安定だったが、ボールは良かったし球威もあった。狙ったところにいかないことが課題点。5回のピンチでは監督さんから勝負していけ、ボールは来ているぞと言われたので自信を持って投げることができた。リーグ戦に向けて信頼感を得られるピッチングをして、登板機会があれば打者を抑えていきたい。」
DSC_0573



なお最優秀投手賞に紀本投手、敢闘選手賞に笹原選手が選ばれました。
DSC_0896