両チームのプライドがぶつかり合った試合は京産大に軍配が上がった。伝統の産龍戦第2ラウンドが9月23日(日)わかさスタジアム京都で行われた。初回いきなり先制を許した先発の藤本だったが、3回から6回までは一人の走者も許さない完璧な投球。打線は7回、先頭の川岸の四球を皮切りに1番山本、3番杉野のタイムリーで逆転に成功。最後は7回から登板した紀本が龍谷大打線を抑え2対1で勝利。伝統の一戦は第3ラウンドまで持ち越されることとなった。



京産大 000 000 100 =2
龍谷大 100 000 000 =1


試合成績
1.(中) 山本 (鳥取城北) 4打数3安打1打点1四球3盗塁
2.(遊) 宇都宮 (宇和島東) 3打数0安打1四球1犠打
3.(D) 杉野 (近江) 3打数2安打1打点2四球
4.(一) 西元 (福知山成美) 5打数0安打
5.(左) 田井中 (福知山成美) 3打数0安打1四球
6.(捕) 横山 (龍谷大平安) 3打数1安打1犠打
7.(三) 笹原 (福知山成美) 4打数0安打
8.(右) 川岸 (京都成章) 2打数1安打1四球
(R) 片山 (高松商) 1盗塁
(右) 間部 (金光学園) 1打数0安打
9.(二) 酒井 (桜宮) 2打数0安打2犠打

先発投手 藤本 (京都学園) 6回3分の0 4安打0四球5三振 自責点0
2番手 紀本(富岡西) 3回 3安打1三振1死球 自責点0


試合展開
後がない2回戦。先発は2回生左腕藤本。初回、二死から安打を許すと、次の打者の打球を三塁手笹原が弾き1・2塁に。さらに次の打者に右前ヒットを浴び、先制を許してしまう。しかし、そこから藤本が気迫のこもった投球を見せる。二回にもピンチを作ったものの、三回から六回まで1人の走者も許さない完璧な投球で味方の援護を待つ。打撃陣は初回から毎回走者を出すも、いい当たりが全て相手の正面をついてしまう。五回には1番山本のセーフティバントからチャンスを作ると、3番杉野がボールを見極め四球を選び、二死1・2塁で4番西元に打順が回る。追い込まれてからの3球目、強烈な打球を放つがこれも二塁手の正面をつき3アウト。なかなか藤本を助けることができない。そんな中ターニングポイントとなったのは七回だった。先頭の8番川岸が四球で塁に出ると、俊足片山が代走に送られ、打席には9番酒井。昨日も盗塁を決め、警戒が強まる片山だったが、難なく2塁をおとし入れ無死2塁とチャンスを広げる。ここでベンチのサインは送りバント。前日同じ場面でスリーバント失敗となり、チャンスの芽を潰してしまった酒井だったが、「昨日の反省を生かせた」と落ち着いてバントを決め、一死3塁と理想の形を作る。打席には1番山本。「なんとか投手を助けようと思った」(山本)。変化球を食らいついた打球はしぶとく一二塁間を抜け、同点に追いつく。2番宇都宮が倒れたものの、なおも走者がいる状況でバッターは杉野。フルスイングで放った打球は右中間深くを破る適時三塁打。山本がホームに帰り、ついに逆転に成功する。その裏、先頭打者に中前ヒットを許したところで2番手の紀本がマウンドに。死球と安打で二死満塁とするが、続く打者を投ゴロに打ち取りピンチを抜け出す。8回は三者凡退で打ち取り、迎えた9回。簡単に二死にするも、中前ヒットを打たれ走者を背負う。次の打者に投じた初球。高く舞い上がった打球は右中間を抜けるかに思われたが、中堅手山本がなんとか追いつき試合終了。産龍戦の連敗を3で止め。決着は3回戦に持ち越された。


コメント
勝村監督
「昨日はムードが暗かったので明るく攻めていこうと伝えていた。なかなか点が取れない中で藤本が踏ん張ってくれたのが大きかった。6回までと思っていたが、調子が良かったので7回も投げさせた。積極的に投げれていたと思う。チャンスは作れていたので、粘り強く戦っていけばもう一度チャンスは来ると思っていた。(7回の攻撃について)代走の片山は警戒されている中でよく盗塁を決めてくれた。酒井には練習通り、自信を持ってやれと伝えていた。昨日の反省を生かして、落ち着いてバントできていたと思う。今日のように試合を通して成長していってほしい。この2人の活躍が山本のタイムリーに繋がった。杉野はバッティングが小さくなっていたのでフルスイングをするようにジェスチャーを送った。杉野らしい思い切りの良いバッティングだった。(最後の守備について)山本がよく捕ってくれた。練習の成果が出ていると思う。全員が役割を果たしたことが今日の勝利に繋がった。明日も切り替えて勝ち点を取れるように戦っていきたい。」
DSC_0371


横山主将
先制されて流れが良くなかったが、今日はチームの雰囲気がよかった。「暗さ」が昨日の反省で挙がったので、今日は明るく積極的にいくことがテーマの試合だった。1度も暗くなる場面がなかったので、反省が生かされていた。少しずつ固さも取れていったのでよかった。明日はメンバーもメンバー外も一丸となって戦う。
DSC_0542


藤本投手
「藤本くん
 先頭打者を抑えようとしたが、ヒットを打たれ、失点してしまった。2回以降は自分のピッチングができた。点を取ってくれと思って投げていた。どの場面で出場しても、自分の持ち味のピッチングをして、打者を抑えていく。」
DSC_0062


紀本投手
「昨日に続いて難しい場面での登板になったので、信頼されているんだなと受け止めた。ここで打たれると優勝が遠のいてしまうので、絶対に抑えるという強い気持ちでマウンドに上がった。今日の自己評価は70点。代わった時にピンチを作ってしまったが0点で抑え、最後まで点を取られなかったことが良かった。勝村監督には力んでいるからいつも通り投げろとアドバイスをもらった。明日も厳しい場面での登板になると思うが、しっかり抑えて勝ち点を取り、優勝に近づけたい。」
DSC_0426


片山内野手
「1,2球目で行って来いと言われていた。商大の盗塁失敗は気持ちの面で勝負しきれなかったが、切り替えて臨んだ。今日もビハインドの場面で決め切りたかった。投手を研究している。今日も帰ったらビデオ観ます。今日の投手も確認済みで、クイックが早くないということをチーム内で共有していた
5回まではレフトのキャッチボールなどで身体が鈍らないようにして、6回以降は裏でストレッチなどしている。」
DSC_0244


酒井内野手
「昨日バントミスをしていたので、今日は絶対決めるという強い気持ちで打席に向かった。昨日と全く同じ場面になったので、昨日よりはプレッシャーを感じず、いい気持ちで打席に立てた。投手陣が踏ん張っていたので、投手のためにも絶対に決めなければいけないと思っていた。バントは良かったが、まだまだヒットは打てていないので自分は物足りないと思っている。チームの勝利のために明日はもっと貢献したい。明日も絶対に負けられない試合になるので、守備からリズムを作って優勝につなげたい。」
DSC_0249


山本外野手
「昨日は凡退が続いたので今日はなんとかしようと思っていた。昨日も内容自体は悪くなかったので自信を持って打席に立てた。粘り強く行けたと思う。(5回のセーフティバントについて)初回から揺さぶっていたが、サードのポジションが後ろのままだった。成功する確信を持ってバントした。チームとしても普段から練習はしている。(7回のチャンスの場面について)プレッシャーは感じず、自分の役割を果たすことだけを考えていた。3塁走者の片山さんは足が早いので、転がせばホームに帰ってくれると信じていた。多少ボール球だったが変化球を食らいついて打てた。(最後の守備について)ランナーが1塁にいたので長打警戒のポジショニングだった。打った瞬間追いつけると思った。今考えるとよく冷静に捕れたと思う。練習でノックを重ねた結果が出た。今までは1番の役割を果たせていなかったが今日は果たせた。明日もいつも通り1番として役割をまっとうしたい。」
DSC_0266


杉野外野手
「前の打席にチャンスで3番打者として打つことができなかった。カットボールがキレていて、低めのカットボールを振らないようにと考えていたら、見逃した球が入っていた。
(監督からのジェスチャー)大きく思い切りと監督から指示が出ていた。調子がいい時は構えも大きく振り抜いたあとのフォロースルーも大きい。
投手陣が頑張っているので楽にしたい。ベンチ内ではいつかチャンスが来る、我慢していこうと話していた。ワンチャンスをものにできるようにしたいと思います。春から3番に入って、不慣れではあったが、打順がどこでもやることは変わらないと言われている。」
DSC_0326