関西学生サッカーリーグ後期第4節びわこ成蹊スポーツ大戦がJーGreen堺メインフィールドで行われた。前半24分に西村柊哉が先制弾を決め、同28分には2点目を押し込みびわスポ大を突き放した。後半23分に1点を返されるが、その後はゴールを許さず後期リーグ2つ目の白星を勝ち取った。

DSC_3028
2連弾で試合を決めた西村柊哉

スタメン
GK・田中颯(1年=東京ヴェルディユース)
DF・種村幸也(4年=東山高)
DF・美馬和也(3年=守山北高)
DF・橋本侑紀(4年=セレッソ大阪U-18)
DF・西村柊哉(4年=神戸国際大附属高)
MF・田中聖也(3年=滝川第二高)
MF・園部凌平(4年=ガンバ大阪ユース)
MF・田尻京太郎(2年=東福岡高)
MF・橋本和征(3年=東福岡高)
FW・和田健太郎(4年=ガンバ大阪ユース)
FW・久保吏久斗(4年=セレッソ大阪U-18)
サブ
GK・西川駿一郎(2年=京都橘高)
DF・小林大真(4年=京都両洋高)
DF・石川蒼大(1年=今治東中等教育学校)
MF・立石和真(3年=セレッソ大阪U-18)
MF・石川貴登(1年=流通経済大学付属高)
FW・高橋佳(4年=阪南大高)
FW・今岡陽太(1年=大阪桐蔭高)

選手交代
後半32分 園部→石川貴
後半43分 田尻→立石
後半AT  久保→高橋

 2週連続での台風上陸前日に行われた第4節びわこ成蹊スポーツ大戦。前節の同志社大戦を黒星で終えており、インカレ出場のためにはどうしても勝ちたいゲームだった。
 試合開始早々に園部、和田などが果敢に攻める展開がみられた。しかしなかなかシュートにはつながらない。カウンターも幾度かくらってしまい、厳しい試合になるのではないかと予想された。
 試合が動いたのは前半24分。橋下和が放ったゴール前中央でのシュートを西村柊哉が冷静に押し込み先制。完全に流れを掴んだ京産大は前半28分に園部の左クロスを西村が頭で合わせて2点目を奪った。後半には1点を返されるが、1年生キーパーの田中の好セーブやDF陣の堅い守りでゴールを守りきり2−1で試合を終えて見事白星を挙げた。
 現在6位の京産大。1〜5位は未消化試合が1試合あるものの確実にインカレ出場が見えてきている。今後の展開に注目したい。

コメント

古井監督
「連敗は避けたかった。同志社戦で負けたことでこの試合は重要なものになっていたので、チーム一丸となって勝利をもぎ取りにいった。しっかり結果を出してくれたのは良かったと思う。相手は昨年度のチャンピオン。非常に脅威は感じていたがボランチの2人が献身的に守備をやってくれたのはチーム的には楽になった。90分集中力を切らさなかったのは勝利の1番の要因だと思う。勝点35以上を一つの目標に置いている。あと4つ勝って35以上に乗せたい。この先強い相手しかいない。やるサッカーに代わりない。ボランチが守備で効いている。そこを生かしていきたい」

久保吏久斗選手
「前節の負けを取り返すためにこの試合はどうしても勝っておきたかった。前期もびわスポ大戦では前半に2点先制するも同点に追いつかれてしまっていた。今回は勝てたが1失点されている。流れを変えるためにFW陣が点を決めることが大事になってくると思うのが課題になってくる。今までセットプレーで点を取ってきたことは少なかった。このような流れで点を取れたのは自分たちにとってプラスになるし、FW陣も点を取らないといけないとも感じた。上を目指すには2連勝が大事になってくる。次の試合に向けて練習していきたい」

西村柊哉選手
「勝たないといけない試合だった。セットプレーはずっと練習していた。いいクロスだったから冷静に押し込んだ。チームの雰囲気は上がってきている。チームの課題は点を取りきること。自分の課題はフィジカルを落とさないようにすること。今後も勝たないといけない」

DSC_2936
クロスを上げる種村

DSC_2949
クロスに頭で合わせる和田