秋季リーグ最終節大阪経済大との1回戦が10月13日(土)、皇子山球場で行われた。3回に杉野の犠牲フライで先制すると、8回には田井中に本塁打が飛び出し大経大を突き放す。投手陣は藤本、長谷川、北山が無失点でつなぎ2対0で勝利。平成28年春以来5季ぶりの優勝に王手をかけた。
DSC_0698


京産大 001 000 010 = 2
大経大 000 000 000 = 0

試合成績
1.8 山本 2打数0安打3四球
2.6 宇都宮 3打数1安打1四球
3.D 杉野 3打数1安打1打点1犠飛
4.3 西元 4打数1安打
5.7 田井中 4打数2安打1本塁打
6.2 横山 3打数0安打1犠打
7.5 笹原 4打数0安打
8.9 川岸 4打数2安打
9.4 酒井 2打数0安打2犠打

先発投手 藤本 6回3分の0 5安打1四球3三振0失点
2番手 長谷川 0回3分の1 0安打0失点
3番手 北山 2回3分の2 0安打3四球6三振0失点

試合展開
先発は今季7度目の先発となる藤本。初回に二死1・3塁のピンチを作るも無失点に抑える。試合が動いたのは3回。先頭の川岸が中前ヒットで出塁すると、送りバントののち山本、宇都宮が連続四球で満塁となり、次打者の杉野が犠牲フライを放って1点を先制する。初回以降安定感のある投球を見せていた藤本だったが、7回2つの安打と自身の送球エラーで無死満塁の大ピンチを招く。ここで京産大ベンチが動く。今大会好投を続ける長谷川をマウンドに送り二ゴロに打ち取ると、打者1人で北山にスイッチ。代わった北山は持ち味のストレートで打者を圧倒。浅い中フライで二死目を奪うと、次打者の中前に抜けるかと思われる打球を遊撃手宇都宮が好捕。大ピンチを切り抜けナインの士気も高まる。その勢いのまま迎えた田井中の第4打席。「4回にも二塁打を放っていたので、バットは振れていると思っていた。」(田井中)。1ストライクからの2球目を豪快に振り抜いた打球はレフトスタンドに飛び込む値千金の本塁打。喜びを爆発させる田井中と京産大ナイン。優勝に大きく近づいた一発だった。2点のリードをもらった北山は四球でピンチを作るなどもあったものの、8回以降奪ったアウトは全て三振という圧巻の投球をみせ2対0のまま試合終了。悲願のリーグ制覇に王手をかけた。

DSC_0681
DSC_0544
DSC_0465
DSC_0355

コメント
勝村監督
「藤本が7回まで投げきって、8回から北山に代える予定だったが厳しい状況になったので継投した。藤本は経験が浅かったので、8月のOP戦に多く投げさせて自信をつけさせた。今日はバント処理のミスなどもあったが、春に比べてストレートのノビやキレが良くなった。投手陣の踏ん張りも大きいが、野手が1試合ごとに粘り強くなり、自分の役割を理解して自立してプレーできているのが勝てている理由だと思う。明日も優勝を意識せず、今シーズンのテーマでもある「1球に集中」を徹底して、普段通り平常心で戦っていきたい。」
DSC_0570


横山主将
「投手陣が完投せず継投で抑え、打線もコツコツと繋げていき、チーム全員で戦うという意識がが噛み合って強さになっている。今シーズンは初戦の神院戦が1勝1敗となり、第3戦が雨で流れたことによってチームが緩むことなく闘えたことが大きかった。1敗してもチームの雰囲気が悪くなることもなかった。下級生もどっしりとしていて頼もしいが、もっと上級生が引っ張っていかなければいけないと思う。まだチームで優勝という言葉は使っていない。目先の優勝を意識せず、明日も今まで通り戦っていきたい。」
DSC_0606


藤本投手
「準備できていた。今日はボールはいっていたし、コーナーをつけたのでよかった。以前は、先頭打者はゆっくり抑えないとと思ってしまい塁に出してしまっていたが、その考えを無くすことで力強く投げられた。長谷川、北山に今日は助けられた。明日はチーム一丸となり勝つ。」
DSC_0383


長谷川投手
「光原コーチからランナーがたまったら行くぞと言われていた。なので試合中は気持ちを切らさないようにしていた。緊張というより点を取られたくないと思って。
(前回登板から少し期間空いた)試合勘がなくなると思っていたので、ブルペンで捕手にサインを出してもらって、試合を想定して投げた
(明日に向け、)意識せず一球一球投げていきたい。」
DSC_0599


北山投手
「7回の初めに準備をしておけと言われていたので、良い状態で集中してマウンドに上がることはできた。7回のピンチは全てストレートで押した。良いプレーにつなげる投球ができてよかったと思う。自分の持ち味を発揮し、ゾーンにボールが決まれば抑える自信がある。明日も終盤での登板になると思うが、回の初めからでもピンチでの登板でも、自分の役割を果たせるように頑張りたい。」
DSC_0636


田井中外野手
「(8回の本塁打について)打ったのは真ん中高めのストレート。大学通算2本目の本塁打です。最初はレフトフライかと思ったが、きれいに回転がかかってくれてボールが伸びてくれた。2打席目の二塁打からバットが振れていると思っていた。今シーズンの途中からクリーンナップを打たせてもらっているが、前に良い打者が揃っているので気楽に打つことができている。明日も勝つことだけを考えて、チームに貢献できるように頑張りたい。」
DSC_0665