秋季リーグ最終節大阪経済大との2回戦が10月14日(日)、皇子山球場で行われた。2回に川岸の適時三塁打で先制すると、川辺、北山、長谷川のリレーで完封に抑え試合終了。平成28年春以来5季ぶりの優勝を勝ち取った。
DSC_0409


大経大 000 000 000 = 0
京産大 010 000 000 = 1

試合成績
1.8 山本 3打数0安打1四球
2.6 宇都宮 4打数0安打
3.D 杉野 3打数1安打1四球
4.3 西元 4打数1安打
5.7 田井中 3打数0安打
6.2 横山 3打数0安打
7.5 笹原 2打数1安打1四球
8.9 川岸 3打数2安打1打点
9.4 酒井 1打数0安打1四球1犠打

先発投手 川辺 7回 2安打1四球6三振0失点
2番手 北山 1回3分の2 2安打1四球2三振0失点
3番手 長谷川 0回3分の1 0安打0四球1三振0失点

試合展開
マウンドに歓喜の輪が咲き、全員がおもむろに抱き合う。紙テープは乱れ飛びスタンドで涙する応援団。誰もが待ち焦がれた悲願の優勝だった。優勝をかけた大一番で先発を任されたのは4回生右腕の川辺。この日まで1勝2敗と負け越していた川辺だったが、この大舞台で完璧な投球を見せ試合のリズムを作る。試合が動いたのは2回、一死から7番笹原が右線への二塁打でチャンスを作ると、続く川岸が左中間を破る適時三塁打を放ち1点を先制する。援護をもらった川辺は7回を被安打2、1四球6三振と大経大打線を寄せ付けない。8回からは今大会抑えの切り札として登板してきた北山がマウンドに。持ち味のストレートを存分に活かした投球で8回を抑え、迎えたラストイニング。優勝に向けてマウンドに立ったが北山だったが、四球と安打で2死1・3塁と一打同点、長打を浴びれば逆転という絶体絶命の場面に。ここで京産大ベンチは昨日に引き続き厳しい場面を長谷川に託す。その長谷川が持ち味のコントロールと緩急で最後のバッターを高めのストレートで空振り三振にしとめ試合終了。平成28年春以来5季ぶりの優勝の味。上級生と下級生がかみ合い、全員野球でつかんだ栄光だ。喜びをかみしめながら勝村監督は3度宙をまった。
DSC_1050

DSC_0376

DSC_0577

FullSizeRender


コメント
勝村監督
「ベンチに入った選手だけでなく、部員全員が一丸となって良く踏ん張ってくれた開幕時は春のメンバーの内人が怪我で戦線を離れている状態だったが、ピンチはチャンスに変えることができると伝えていた。序盤は苦しい試合が多く、なんどか無理かもと思う試合もあったが、試合に向けての準備をどれだけやれるかを意識させ、徐々に選手が自立していき、横山を中心に粘りのあるチームになった。今日の試合も粘り強く、京産らしい試合だった。やることはやっていたので、自分は選手を信じるだけだった。それに選手がよく答えてくれた。今年の夏初めて関東に遠征に行き、それがすごく刺激になった。一球に対する集中力の違いや、試合前からノックで圧倒してくる関東のチームを見て、チームに足りない部分が多くあり、良い勉強になった。帰ってきてから選手の行動も変わり、チームが成長した。今大会は川辺が大きなカギになってくると思っていた。リーグ戦直前まで怪我をしており、OP戦最後の2試合に1イニングずつ投げただけだった。しかし、その投球を見てリーグ戦中盤以降は投げてくれるだろうと思っていた。不安な部分もあったが、今日は前回の優勝時にプレーオフで投げた経験のある川辺でいこうということになった。力みがなくバッターに集中して投げ込んでいたので安心して見ていた。本人は8回も行きたがっていたが、ここは割り切って北山に託した。北山も今リーグは厳しい場面での登板が多かったがよく踏ん張ってくれた。長谷川にはピンチの場面で登板させても、動じない強い心があるので信頼できた。他にも昨日先発した藤本も先発の中心として大きく成長してくれた。野手も下級生が力をつけてきて、若い力と上級生の力が噛み合ったことが優勝できた大きな要因だと思う。しかし、選手だけではここまでたどり着くことはできなかった。平山・光原両コーチが練習時から厳しく指導し、試合に向けての準備をしっかりしてくれた。学生コーチやマネージャーも自分が何か言う前にすでに動いてくれて、おかげでスムーズに動くことができた。他にも毎試合応援に駆けつけてくださった応援団や記者の方々の力も励みとなった。応援してくださった全ての方々の見えない力が大きな活力となった。優勝することしか考えていなかったので、まだ先のことは考えれていないが、関西選手権で神宮のキップを勝ち取って神宮で勝つことができるように、これからもう一度気を引き締めなおしたい。」
DSC_7950


横山主将
「素直に嬉しい。目の前で胴上げされ続けてきたので、ようやく一矢報いることができた。昨日も今日も無失点で勝てたことは大きかったと思う。川辺は前節から調子を上げてきて、今日も力が抜けて自分の持ち味を出せていたし、自分もその持ち味を引き出すリードができてよかった。川辺はいいときは堂々としていて大きく見えるが、状態が悪いときは萎縮してしまって小さく見えることがあった。そうならないように、どんなときでも堂々と胸を張れということを伝えていた。今日4回生でグランドに立てているのは僕と川辺だけだったので2人で引っ張っていこうと話していた。北山はわかっていても空振りが取れるストレートが武器。今日もいいボールがいっていたが、最後ボールが浮いてきて、バッターの1番振りやすいゾーンに集まってきた。迷ったが、監督から長谷川に代えるかというジェスチャーが出たので切り替えて長谷川に託そうとなった。長谷川は堂々としていてピンチにも強いメンタルが持ち味。最後三振に取ったのはボール球の高めのストレート。振ってくれればと思ってサインを出した。うまく投手と意思疎通ができていたと思う。夏休みでの関東遠征が僕たちの転機だった。同じ大学生なのに細かい部分や試合前のノックで圧倒され完敗だった。それ以降特に送球の強さやタッチの強さ、ポジションまでダッシュで行くということを真似してチームに取り入れていった。初めは意識がバラバラだったが、何度もミーティングをして、徹底してきたことが成果となって現れた。リーグ戦が始まる頃はけが人も多かったがピンチをチャンスにということをミーティングで言った。戦力は落ちると思っていたが、代わりの選手がたくましく成長してくれた。まだ神宮行きを決めたわけではない。関西選手権に向けて今日から切り替えて練習していきたい。」
FullSizeRender


川辺投手
「監督から「最後はしっかり投げろ」と言われ、次投げられなくなってもいいと思って投げた。怪我をしてチームに貢献できなかったので、今日は貢献したい一心だった。気持ちで負けないようにした。優勝できて嬉しい。今季は変化球で打たせてとるピッチングにシフトした。バックを信じて投げ、助けられた。2ストライクに追い込み、取れそうなら三振を狙いにいった。声や態度で4回生が引っ張ることで、チームが一つになったと思う。万全の状態で関西地区に臨む。」
DSC_0927


長谷川投手
「優勝できて嬉しい。厳しい場面での登板でもその場を楽しんで、自分の持ち味を出すことができた。今リーグではいい結果を出すことができたので、この状態を継続していきたい。自分は関東遠征に行っていないが、遠征後横山さんを中心にチームがいい雰囲気になっていった。関西選手権でも自分の持ち味を生かし、チームに貢献できるよう、一球一球を大事にしていきたい。」
DSC_7770


北山投手
「優勝は嬉しいが最後ピンチを作ってしまったので悔いが残る。長谷川に助けてもらってありがたい。今日の反省を活かして、課題を次に持ち越さず試合の中で成長して次につなげていきたい。関東遠征では見たこと無い全国のレベルを体感すると同時に、負けられないという気持ちが芽生えた。これからもチームをまとめていく手助けが出来るように積極的に盛り上げていって力になりたい。」
DSC_0323


西元一塁手
「4年生と一緒に戦う最後のシーズンだったので優勝することが出来て嬉しい。夏の遠征でひとつひとつのプレーの質が良くなったように感じる。個人成績は意識していなかった。もっとチャンスで打てるような打者になりたい。関西選手権はどの大学も良い投手を揃えてくると思うが、攻略して一戦必勝で戦いたい。最優秀賞を取れたのは自分の力だけではない。チャンスでまわしてくれた仲間やスタンドの応援があったおかげ。関西選手権では自分の力で勝利に導けるようなバッティングをしたい。」
DSC_0087


酒井二塁手
「リーグ戦前から緊迫した場面を想定しての守備練習を重点的に行ってきた。その成果が昨日のような厳しい場面で好プレーにつながった。自信にしたい。自分の打者としての役割は上位打線にいい場面でつなぐことだと思っている。守備だけでなく打撃でも貢献できるように練習していきたい。関東遠征ではノックの姿勢やプレーで、レベルの違いを身に感じた。その後、チームで言い合っていい練習を積み重ねてきた。これからも9番としてチームに貢献できるように頑張りたい。」
DSC_0902


笹原三塁手
「優勝できてよかった。今リーグは少ない点数で抑えてくれた投手に感謝したい。今日の試合は緊張しなかった。試合に出れないメンバーが声をかけてくれているからかと思う。サードでは投手に対して「球走ってるぞ」とか勇気づけるような声をかけるようしている。関東1球に対する想いが全然違った。例えば、2ストライク後に三振しないようにする粘りとか。ここから関西の強いところとあたる。後悔しないようなプレーをする。」
DSC_1022


宇都宮遊撃手
「優勝できて嬉しい。野球人生で優勝は初めてなので味わえてよかった。今日もチームの雰囲気がとても良く、勝とうという気持ちが勝ちに繋がった。
(リーグ戦を振り返って)投手陣は粘って最少失点に抑えてくれたが、僕がエラーして迷惑をかけてしまった時があった。助けられるようにならないといけない。
(関東遠征)声出し、1球への集中力が高くて違いを感じた。良いところを真似して高めて練習してきた。
(関西地区に向けて)相手どうこうじゃなく、自分たちがやるべきことをやれば結果は出てくると思う。」
DSC_0943


田井中左翼手
「優勝することが出来て嬉しい。秋は春と比べて体重を65キロから74キロに増やして臨んだ。さらに夏の遠征で素振りをしっかり行った。その結果、パワーがつきスタメンで使ってもらえるようになった。関西選手権は楽しみながら一戦必勝で頑張りたい。」
DSC_0977


山本中堅手
「(優勝して)最高です!今日の試合はいつもと違う雰囲気の試合だった。個人としてそのプレッシャーに対して勝てなかったが、チームが勝てたので結果的によかった。このリーグはマークもあり、厳しい所を突かれた。けどいいピッチャーと対戦をして、自分の実力もわかったし、面白かった。この秋リーグは楽な試合はなかった。神戸学院の須本?さんはチャンスでも点にならなかったりきつかった。関東遠征ではケガ明けの試合で目もあまり慣れてない中でだったが、ストレート、変化球共にキレが違った。レベルの高い投手とやって、現状を知ることができた。リーグ戦では全然打てなかった。次は勝ちに貢献できるように頑張る。」
DSC_0037


川岸君右翼手
「当たっていない中、チームに迷惑をかけていた。4回生が後押ししてくれた。
(2回のタイムリーについて)打ったのはインコースのストレート。データからストレート入りが多かった。初球から狙っていこうとコーチと話していた。 低めに集まっていた分、浮いたストレートを狙っていた。
先輩には三振が多かったりして悩んでいるときも、声をかけてもらって守備に気持ちを切り替えたりできた。
ベンチワークのすごい先輩達。楽しかった。 関東に行ってスイングスピードや攻守交替の速さに驚いた。同じ大学生か?と思った。悔しかった。 うちはシートノックまでの準備をしっかりしようと全員で言ってきた。 神宮には憧れがある。先輩と一緒に勝ち上がる。 今日の一打が自身になる。主力になってできるように頑張る。」
DSC_1035


杉野外野手
「今年の春に比べて粘り強く戦えた結果が優勝だと思う。夏の遠征で創価大学と対戦してレベルの違いを感じた。関西、神宮からはそういった大学ばかりになる。まずは関西選手権でチームに貢献できるように頑張りたい。負けられない戦いにプレッシャーは感じるが、それも含めて4年生と一緒に野球ができることを楽しみながら戦いたい。」
DSC_0075


藤本投手
「優勝に貢献できて嬉しい。今リーグ戦では産龍戦の2試合が1番印象深い。1試合目に負けて後がない中での先発を任され、勝つことができた。そこから安定感が増し、試合を作ることができるようになった
(平古場賞受賞について)3勝を挙げることが受賞の基準になるので、最後の最後に勝つことができ、受賞することができて嬉しかった。北山と長谷川に助けられた。
(関東遠征について)創価大戦に先発をさせてもらったが3回7失点と自分の投球ができず、強いチームとの違いを感じることができ、成長することができた。
(関西選手権について)関西選手権まで時間もあまりないので、成長するということは難しいかもしれないが、今の力を出せるようにしっかり準備していきたい」

紀本投手
「優勝できて嬉しい。とる点は取った、最少失点に抑えれたので優勝に繋がったと思う。リーグ前半はきちんと投げられていたが、後半はだめだった。最後までまで投げ切らないとメンバーに入っている意味がないと思う。自分のピッチングはまだまだ。僕以外のピッチャーは活躍してくれた。先輩としてしっかりしないといけない。
(関東遠征)レベルの違いを感じた。戻ってきてからリーグ戦まで時間が無かったが、投げ込みはしっかりやってきた。
(関西地区)まずは新人戦勝って、その流れで勝っていく。DH制が無いので、バッティングでも役に立てるよう練習する。」

湯川投手
「今までチームでやってきたことが結果として出た。個人としては開幕から不甲斐なかった。後輩を頼ってばかりだったが、投手リーダーとしては後輩の成長を見ることができた。投手は自分たちで考えてトレーニングしてきた。
(調子悪かった理由は、)それがわからないんだよな、急に投げ方がわからなくなったというか、ストライクを取るのがしんどかった。ストライクが投げられるかと考え過ぎた。いい時覇ストレートにキレがあって、思っていたところにボールがいく。シュートしたりスライダーしたりしていた。
(関東遠征について)創価大と試合をして、、、本当に強かった。チーム全員で何事にも取り組んでいかないといけないことを学んでまずはそれをみんなに伝え共有するところから始めた。
(代表決定戦について、)ここまでも継投で勝ってきたし、継投になると思う。任された投手がしっかりとやればいい。」

川上内野手・長瀬内野手
*優勝おめでとうございます
川:最高です!試合には出れて無いけど最終リーグで優勝できたのは感動した
長:結果を聞いて最高です!感動しました
*4年生がチームを盛り上げています
長:間部、僕、川上でベンチを盛り上げて、雰囲気を良く、波がないようにしている。これが勝利にも繋がったと思う。
*フィジカルリーダーとして
しんどい練習をしているので、しんどいし、しんどいと思ってもいいけど、下を向いたらだめ。プラスに考え、踏ん張るように言っている。
*下級生の活躍が大きかった
長:下級生は本当に頑張ってくれた。それは僕たち上級生がサポートし声かけを行う環境を作ったことも大きいと思う。
*関東遠征を経て
川、長:遠征にいくまでは取り組みや、意識の持ち方がよくなかったと思う。強い相手と戦い刺激を受けた。やらないといけないと思った。今まで通りでは成長できないと思った。
*関西地区に向けて
長:アップの精度、質を上げる。声かけも行い
4回生が引っ張っていく。
川:試合に出られるよう頑張ります。

片山内野手
「嬉しい。勝てなかった龍大、商大に勝って、、さっこっからだと思って戦っていた。言い表せないぐらい嬉しい。(2年半前とは違ううれしさ?)自分たちの代でというところで気持ちが入ってる。自分たちの力でやってきた。前は4回生の力が大きかったから。フィジカルリーダーの長瀬、主将の横山が中心となって練習から厳しい声をかけてきた。雰囲気が良かった。目標は日本一だから!なんとしてでも勝ちたい。一戦一戦です。」

間部内野手
「今日は優勝したから嬉しい!でもまだ次があるから。下級生を4回生が支えていた。横山や副キャプテン、長瀬、近藤を中心に引っ張ってきた。やってやるんだ!という気持ちが全員に伝わっていた。
(代表決定戦は、)いつもと変わらない。3連勝して神宮行きます。」

河本主務
「ほっとしている。正直今季は勝点0も覚悟していた。勝てない時期もあり苦しいと思っていた。春も勝点2で状況を変えたかった。監督さんとも相談して、立命館の主務とも連絡を取りながら関東遠征を行った。創価大と試合をして少しは変わるかなと、はじめは上手くいかなかったが、少しずつ変化していった。投手の役割分担が今季は明白になった。川辺、湯川とそれまで主戦で投げていた2人がいて、先発完投じゃなくても。
応援団が他のクラブもある中、全て来てくれたことものすごい後押しになった。
主務というより、マネージャーがしっかりしてたら勝てる。今年は1回生が男女2人入ってきてくれた。上川も下の2人をしっかり教えてくれていた。竹林さん、遠藤さんと良い流れがあって、遠藤さんとはお互いがお互いを信頼しあっていていい関係だった。今はそれに次ぐぐらい。上川には助かっている。マネージャーは選手を影で支える。選手は勝利という形で支えてくれている。」
DSC_7879


平山コーチ
「(Vできた要因)8月に関東遠征に行って、東京のチームと試合をしてかなり違いを感じた。試合前ノックから全力、手を抜いてなかった。まだまだうちには甘さがあったので普段から全力でやるという方向に進んだのは良かった。全国で勝つためにはここまでしなくていけない。というのを横山や副キャプテンを中心に遠征に行ってないメンバーにも伝えた。
(代表決定戦勝つためには)1つもミスは許されない。このリーグ戦ってきて、目の前の試合、自分たちがやってきたことを考え、自分たちの野球をやることが大切。」
DSC_0007


光原コーチ
「少しずつ選手が自主的になってきた。
(下級生の投手陣の活躍が目立った)それまでは湯川、川辺、宮所あたりが投げていた。だがその3投手の状況が上がって来ない中で、夏のオープン戦色々な投手がチャンスをものにしていった。タイミングが良かったのだと思う。投げていく中で、力も粘りもつけていけたのは選手たちの成果、課題に繋がった。
(選手とのコミュニケーションについて)横山とはバッテリーのことを中心に、フィジカルリーダーの長瀬ともよくフィジカルのことについて話をした。選手がそれでやりやすさを感じてるのであれば、コミュニケーションはどんどんとっていきたいし、いこうと思う。このリーグ戦でもそうだったが、調子が上がってきた子もいれば、下がった子もいる。今後上がってくる選手もいる。当然実績などもコンディションを重視してその時いい選手を使いたい。調子はチームとしての取り組みや表情、練習への姿勢でわかる。練習からしっかりみたい。」
DSC_0620


近藤学生コーチ
「チーム内で温度差があり、状況は良くなかった。でもリーダーを中心に背中で見せて引っ張ってしんどい練習を乗り越えてきた結果だと思う。2年秋に学生コーチになって、チームの指導者と選手のパイプ役になった。選手の立場と指導者の考えが合わないこともある。チームの意識改革というのは大変だった。新チームになってからの目標は日本一。まだまだ通過点。勝っててっぺん取ります。」



なお、今大会の成績により西元内野手が最優秀選手賞、藤本投手が平子場賞、ベストナインに西元内野手(一塁手)、杉野外野手(指名打者)が選ばれました。
DSC_0542

DSC_0532

DSC_0551



次戦は10月27日(月)、10時より神宮大会をかけ関西地区代表決定戦の1回戦が南港中央球場で行われます。対戦校は阪神学生連盟代表、関西国際大学です。応援よろしくお願いします。
DSC_0564

DSC_0436