神宮へと続く道。関西地区大学野球選手権の1回戦(=関西国際大学戦)が南港中央野球場で行われた。関国大の好投手武次の前に放たれた安打は4本。投手陣も踏ん張りきれず4対0と痛い敗戦となった。

京産大 000 000 000 = 0
関国大 000 003 10× = 4

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 4打数0安打
2.6 宇都宮(宇和島東) 4打数1安打
3.7 杉野 (近江)3打数1安打
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打
4.3 西元(福知山成美) 3打数0安打1死球
5.9 川岸(京都成章) 3打数1安打
6.2 横山(龍谷大平安) 3打数0安打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数1安打
8.4 酒井(桜宮) 2打数0安打
 H 小薗(鳥羽) 1打数0安打
 4 川上(高知)
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 1 紀本(富岡西)
 1 湯川(久御山)
 H 梶谷(社) 1打数0安打
 1 北山(京都成章)

先発投手 藤本 5回3分の1 5安打1四球1死球5三振 自責点3
2番手 紀本 3分の2 1安打1死球 自責点0
3番手 湯川 1回 0安打1四球0三振 自責点1
4番手 北山 1回 1安打1死球3三振 自責点0

試合展開
完敗としか言いようのない試合だった。先発を任されたのは藤本。秋季リーグ中盤から調子を上げ3勝をマーク。平古場賞を受賞した期待の左腕だ。その期待通り5回まで4安打無失点と安定した投球を見せる。藤本を援護したい打線だったが、秋季リーグ7勝をあげた好投手、武次の前に5回まで2安打12三振と沈黙。試合が動いたのは6回。ここまで好投を続けてきた藤本が1死満塁のピンチを招くと、2番手の紀本がリリーフ。踏ん張りたい場面だったが犠飛と右中間を破る2点適時二塁打を許し3点を失う。7回から登板した湯川も1死三塁から犠飛で痛い失点。打線も直球と変化球を巧みに操る武次の前にに手も足も出ず、終わってみれば4安打16三振。三塁ベースを踏むことが出来ず4対0で敗北した。しかし落ち込んでもいられない。まだ神宮への道は残っている。4年前、京産大が初めて神宮大会に出場した時も、初戦に敗れてからの3連勝だった。この結果に気落ちすることなく、これまでのような粘りの京産の持ち味を発揮してもらいたい。
DSC_8652

DSC_4776

DSC_8748

DSC_8488



コメント
勝村監督
「なかなか打線が繋がらなかった。(相手の)武次君はいい投手。スライダーが低めに決まっており、その見極めができていなかった。中盤は直球も決まり出し、振り送れていたのでポイントを前にするよう指示を出したが、攻略することができなかった。藤本は5回までは良かったが、6回から球が浮き出した。継投は流動的だったが、紀本、湯川のリレーは決めていた。ロースコアだったので守りを固める為に杉野を交代させた。今日気持ちを整理して敗者復活から勝ち上がり代表をかちとりたい。」
DSC_8714


横山主将
「なんとか1点をと思っていたが、安打4本となかなか打ち崩せなかった。直球と思って打ちに行った球がスライダーやチェンジアップだったりと振らされていた。狙った球でも芯で捉えることができなかった。藤本に申し訳ない。
(先発の藤本について)5回まではいい投球だったが、80球を超えたあたりからどうしても球が上ずり抜け球も多くなってしまう。まだ2回生なので今後の課題。
4年前神宮に行った時も一度負けてから3勝した。一度負けたら終わりと気負うことなく、今まで通り粘りの野球で戦っていく。」
DSC_4578


藤本投手
「ストレートは走っていたが、変化球でカウントを取れず、ストレートに絞られて捉えられてしまった。中盤は変化球も決まるようになり、楽に抑えられた。6回は先頭打者に死球を与えてしまったことが反省点。(DH制なし)バント練習はしっかりしてきた。相手投手がいいので、バッティングはまっすぐ一本に絞り初球からどんどん振っていこうと思っていた。変化球は手が出なかった。0点で勝つことはないので、1.2点取ってもらって0で抑えられたらよかった。もう勝つしかないので、一丸となり守り勝つ野球で1つずつ勝っていく。」
DSC_8437


紀本投手
 「絶対に抑えないといけない。抑えないと次のチャンスがないと思ってマウンドへ上がった。1点でも取られたらヤバいと思って投げていた。リーグ戦終盤(調子が悪い時)から気持ちを変えることができなかった。ストレートで決めに行ったところをすみきれずに真ん中に入って。体の調子自体は良かったが気持ちの面で…リーグ戦は調子良くなくて最近はマシになってきていたが、気持ちの面で悪いところが出てしまった。もし出番があったら今までのミスは忘れて勝負できたら。」
DSC_8669