粘りの京産の本領発揮や!関西地区大学野球選手権の敗者復活2回戦(=佛教大学戦)が南港中央野球場で行われた。初回の得点以降ロースコアの展開となった試合は、幾多のピンチをしのぎ続けた京産大が延長11回、笹原のサヨナラタイムリーで勝利。第2代表決定戦進出を決めた。
DSC_0550


佛教大 100 000 000 00 = 1
京産大 100 000 000 01 = 2
※10回以降タイブレーク制

試合成績
1.8 山本(鳥取城北) 3打数1安打1四球1犠打
2.6 宇都宮(宇和島東) 3打数1安打2四球
3.7 杉野(近江) 2打数0安打2四球
 7 田井中(福知山成美) 1打数0安打1三振
4.3 西元(福知山成美) 5打数0安打
5.9 川岸(京都成章) 5打数3安打1打点
6.2 横山(龍谷大平安) 4打数1安打1犠打
7.5 笹原(福知山成美) 3打数2安打2四球1打点
8.4 酒井(桜宮) 4打数0安打
9.1 藤本(京都学園) 2打数0安打
 H 桧垣(奈良大附属) 1打数0安打
 1 長谷川(桐蔭)
 1 北山(京都成章) 1四球

先発投手 藤本 6回 3安打1四球1死球2三振 自責点1
2番手 長谷川 2回 0安打1死球1三振 自責点0
3番手 北山 3回 0安打1四球5三振 自責点0

試合展開
 勝てば神宮大会出場に王手がかかるこの試合。先発は今大会2度目となる藤本だった。初戦の関西国際大戦で7回途中3失点の好投を見せるも敗戦投手となり、リベンジに燃える1戦だ。ところが立ち上がり、安打と四球で1死満塁のピンチを招くと、押出しの死球を与えてしまい早々に先制点を許してしまう。負けられない京産大はすぐさま反撃。先頭の山本から3者連続で四球を選ぶと、5番川岸の左前適時打で同点に追いつく。2回以降安定感を取り戻した藤本は6回まで被安打3無失点に抑え味方の勝ち越しを願う。しかし打線は、再三走者をためるもなかなか得点に結びつけることが出来ない。1対1の膠着状態のまま、試合は延長戦に突入する。タイブレーク方式となる延長戦は無死一・二塁からのスタート。10回表、送りバントを決められ1死二・三塁とされるも、3番手北山が気迫のこもった投球で後続を投ゴロ、空振り三振の無失点に切り抜ける。その裏、1点取ればサヨナラとなる絶対的有利な場面。正攻法通り送りバントのサインを出した勝村監督だったが、田井中が痛恨のスリーバント失敗。焦りが出たのか次打者の西元も遊飛、続く川岸も三振に倒れまさかの無得点。嫌な雰囲気が立ち込める。そんななか再び北山が流れを変える。送りバントでまたも1死二・三塁とされたものの、持ち味の直球の威力で押しまくり中飛、空振り三振に仕留めまたも無失点。するとその裏、横山の送りバントが内野安打となり無死満塁となると、最後は笹原が右前に放ちサヨナラ勝ち。リーグ戦同様粘りの野球を見せつけた京産大が第二代表決定戦進出を決めた。しかし、喜んでばかりもいられない。第一代表決定戦で関国大が近大に敗れ、明日の相手は関国大に決まった。関国大はエース武次を温存しており、登板してくる可能性が高い。初戦では武次の前に16三振と惨敗を喫した。それでもここ二2試合。厳しい戦いを制してきた京産大には勢いがある。初戦のリベンジを果たし、神宮大会進出を決めたい。
DSC_9851
DSC_9640
DSC_9682
DSC_0081

コメント
勝村監督
 「初回にチャンスで1点しか取れず、流れが悪くなった。藤本はボールの勢いが弱く、状態は良くなかったがよく持ち直したなというのが本音。北山の(投げる)イニングをなるべく少なくしたかったので、最小限にすんで良かった。リーグ戦では浮いていたボールが多かったが場数を踏んで成長している。長谷川は当初から2イニングの予定だったが、伝達ミスで1イニングと伝わっていた。それでも切り替えてよく投げてくれた。タイブレーク(無死1・2塁から)10回はバントミスで点が取れなかったが、11回は横山がいいバントを決めてくれた。(しかしもし一死2・3塁になり)ランナーが埋まっていなかったら笹原が敬遠される可能性もあったので酒井のところに代打も考えていた(実際には横山も1塁に残り無死満塁に)。笹原には外野に飛ばしてくれたら十分と思っていたのでよく打ってくれた。厳しい試合だったが、良くいえばうちらしい試合だったと思う。昨日同様、フライが多いということは変わっていない。明日は修正できるように。総力戦になると思うが、なんとか神宮に行けるようにしっかり準備していきたい」
DSC_0141


横山主将
 「今年はたくさんの投手が登板しているが、全員がしっかり役割を果たしてくれている。これまでは完投型が多かったが、夏から継投で戦っているので慣れてきた。監督さんの継投のタイミングもわかるようになってきて、気持ちに余裕も出てきた。いろんなタイプの投手がいるので、相手も絞りづらい。利点をうまく使えていて心強い投手陣だと思う。北山は調子が悪いとは僕は思わなかったが、リーグ戦から厳しい場面で投げ続けていて、メンタル面は1番強い思う。タイブレークでも2度二・三塁の場面ができたが、冷静に抑えてくれて助かった。リーグ戦を通じてビハインドからの展開が多いが、こつこつと点を取って勝つのがうちの野球。練習から粘り強く行なっている成果が出ている。フライが多いがそれは打たされているから。意識しすぎると返ってメンタル面が狂うので、つなぎの意識だけを持って行くようにしたい。反省点がたくさんあるが、今シーズンは試合を通して成長できている。今日試合に出ている4回生は自分だけなので、他の4回生を神宮に連れていくのが使命だと思っている。明日も総力戦になるが、全員がいいまとまりを持って戦っていく。」
DSC_0525


藤本投手
 「下半身と肩が張っていて状態はよくなかったが、その中でもしっかり準備してきた。肘が上がって指にボールがかからなかったのでボールがいかなかった。反省点。ベンチでしっかりストレッチをして、3回以降は修正できたのでよかった。今日の勝ちはとても大きい。あと1勝を全員で一丸となり戦う。投手も全員使っていいので、総力戦で勝つ。
(関西国際大になった場合)1回やられているので、データを見て、自分のピッチングをする。最少失点で抑え、野手には期待している。」
DSC_9623


北山投手
 「どうしても勝ちたかったので、苦しい展開だったが、勝てて嬉しい。今日のピッチング内容は70点。しっかり準備はできていた。連投で精神的な疲労があったが、リラックスして投げられた。入学してから「ストレートを磨け」と監督に言われ続け、ストレートに力を入れてきたが、形になってきた。一番自信のある球。切り替えて明日に臨む。」
DSC_0346


笹原三塁手
 「厳しい展開だったが、ピッチャーが最小失点で抑えてくれていた。(サヨナラ打)2球目、インコース低めのストレート。いつもはあのような場面になると体に力が入って、ガチガチになるが、今日はシンプルにバットに当てることだけを考えた。バットに当てれば飛んでいくと思っていた。(関国大の武次投手の印象)ストレートとスライダーを中心に攻めてくる。対戦した投手の中でもトップレベル。身長が低いのでリリースの位置も低く、ストレートは伸びてくる感じ。スライダーは途中までストレートと同じ軌道で、かなりキレがいい。コントロール良く決めてくる。明日ば勝たないといけない。個人的には野球を楽しみたい。とにかく勝つ。全力で全員で戦う。」
DSC_0614